サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

志士の遺言書 : 維新秘話

新谷道太郎 述,諏訪正 編著

詳細情報

タイトル 志士の遺言書 : 維新秘話
著者 新谷道太郎 述
著者 諏訪正 編著
出版地塩冶村 (島根県)
出版社諏訪正
出版年月日等 昭和12
大きさ、容量等 262p ; 19cm
JP番号 44057903
DOI 10.11501/1108674
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1937
製作日 2010-03-31
NDC 210.5
対象利用者 一般
資料の種別 図書
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
国立国会図書館/図書館送信参加館内公開

目次
 

  • 標題 / (0002.jp2)
  • 目次 / (0006.jp2)
  • 辭世 / (0008.jp2)
  • 略年譜 / (0009.jp2)
  • 維新篇 / (0014.jp2)
  • 故郷 / 1 (0014.jp2)
  • 先祖 / 3 (0015.jp2)
  • 青雲の志 / 4 (0016.jp2)
  • 勝安房守の仲間となる / 11 (0019.jp2)
  • 和宮の降嫁 / 14 (0021.jp2)
  • 海舟始めて南州を訪ふ / 22 (0025.jp2)
  • 清川八郎暗殺さる / 29 (0028.jp2)
  • 本願寺に敗戰の志士を救ふ / 33 (0030.jp2)
  • 栗田與三と交る / 35 (0031.jp2)
  • 長州征伐に參加す / 37 (0032.jp2)
  • 皇室の御衰微を嘆く / 43 (0035.jp2)
  • 坂本龍馬と高杉晋作を訪ふ / 53 (0040.jp2)
  • 桃見の會に龍馬を勵ます / 63 (0045.jp2)
  • 龍馬二條城に大政奉還を論す / 67 (0047.jp2)
  • 御手洗島の密議 / 70 (0049.jp2)
  • 坂本龍馬の暗殺 / 79 (0053.jp2)
  • 二條城の重大會議 / 84 (0056.jp2)
  • 西本願寺の忠誠 / 91 (0059.jp2)
  • 伏見鳥羽の戰 / 95 (0061.jp2)
  • 錦の御旗 / 101 (0064.jp2)
  • 正五位を賜はる / 105 (0066.jp2)
  • 俘虜の恭順 / 109 (0068.jp2)
  • 大政官成る / 113 (0070.jp2)
  • 西郷山岡駿府に會見す / 118 (0073.jp2)
  • 教訓篇 / (0080.jp2)
  • 大志を抱け / 133 (0080.jp2)
  • 人爵よりも天爵 / 143 (0085.jp2)
  • 信仰の樂 / 149 (0088.jp2)
  • 善意で貫け / 160 (0094.jp2)
  • 無刀流の極意 / 166 (0097.jp2)
  • 山岡先生の思ひ出 / 171 (0099.jp2)
  • 健康長壽の喜び / 178 (0103.jp2)
  • 經濟の道 / 188 (0108.jp2)
  • 祖師上人を思ふ / 201 (0114.jp2)
  • 次の御維新 / 208 (0118.jp2)
  • 奇縁篇 / (0123.jp2)
  • 温泉宿 / 219 (0123.jp2)
  • 沈默の由來 / 224 (0126.jp2)
  • 菩薩の事業 / 229 (0128.jp2)
  • 取引美談 / 235 (0131.jp2)
  • 光榮をかたる / 240 (0134.jp2)
  • 閑院宮殿下御前講演 / 248 (0138.jp2)
  • 君徳の養成 / 255 (0141.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで