サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 博士論文

イオン交換基を有するグラフト高分子鎖を利用した高性能タンパク質分離膜の開発

常田聡 [著]

詳細情報

タイトル イオン交換基を有するグラフト高分子鎖を利用した高性能タンパク質分離膜の開発
著者 常田聡 [著]
出版年月日等 1994
注記 博士論文
注記 博士論文
DOI 10.11501/3114964
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1994
NDLC UT51
資料の種別 博士論文
授与大学名 東京大学
授与年月日 平成6年9月22日
報告番号 甲第10781号
学位 博士 (工学)
記録形式(IMT形式) image/jp2

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
インターネット公開(許諾)

目次
 

  • 目次 / (0003.jp2)
  • 本研究の目的および本論文の構成 / p1 (0007.jp2)
  • 第1章 緒論 / p4 (0010.jp2)
  • 1-1 放射線グラフト重合法 / p4 (0010.jp2)
  • 1-2 グラフト鎖のキャラクタリゼーション / p6 (0012.jp2)
  • 1-3 放射線グラフト重合法によるイオン交換体の合成 / p7 (0013.jp2)
  • 1-4 イオン交換体によるタンパク質の分離精製 / p8 (0014.jp2)
  • 第2章 スルホン酸基を有するグラフト鎖の高分子基材への付与 / p18 (0024.jp2)
  • 2-1 緒言 / p18 (0024.jp2)
  • 2-2 実験 / p19 (0025.jp2)
  • 2-3 結果と考察 / p22 (0028.jp2)
  • 2-4 結言 / p27 (0033.jp2)
  • 第3章 イオン交換基を有するグラフト鎖のコンフォメーションの実験的解明 / p46 (0052.jp2)
  • 3-1 緒言 / p46 (0052.jp2)
  • 3-2 実験 / p48 (0054.jp2)
  • 3-3 結果と考察 / p50 (0056.jp2)
  • 3-4 結言 / p54 (0060.jp2)
  • 第4章 スルホン酸基を有するグラフト鎖の金属イオンおよびタンパク質吸着特性 / p74 (0080.jp2)
  • 4-1 緒言 / p74 (0080.jp2)
  • 4-2 実験 / p75 (0081.jp2)
  • 4-3 結果と考察 / p77 (0083.jp2)
  • 4-4 結言 / p81 (0087.jp2)
  • 第5章 イオン交換基を有するグラフト鎖へのタンパク質のTentacle吸着 / p98 (0104.jp2)
  • 5-1 緒言 / p98 (0104.jp2)
  • 5-2 実験 / p100 (0106.jp2)
  • 5-3 結果と考察 / p103 (0109.jp2)
  • 5-4 結言 / p107 (0113.jp2)
  • 第6章 Tentacle吸着の物理化学的特性および実用性 / p123 (0129.jp2)
  • 6-1 緒言 / p123 (0129.jp2)
  • 6-2 実験 / p125 (0131.jp2)
  • 6-3 結果と考察 / p126 (0132.jp2)
  • 6-4 結言 / p131 (0137.jp2)
  • 第7章 本研究の総括と今後の展望 / p153 (0159.jp2)
  • 7-1 各章の要約 / p153 (0159.jp2)
  • 7-2 本研究の総括 / p157 (0163.jp2)
  • 7-3 今後の展望 / p158 (0164.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで