サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ワアヅワス詩集

ワアズワス [著],幡谷正雄 譯

詳細情報

タイトル ワアヅワス詩集
著者 ワアズワス [著]
著者 幡谷正雄 譯
出版地東京
出版社新潮社
出版年 1927
大きさ、容量等 262, 11p ; 19cm
JP番号 21380829
製作者 国立国会図書館
出版年月日等 1927
NDC 931
対象利用者 一般
資料の種別 図書
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
インターネット公開(保護期間満了)

目次
 

  • 標題 / (0003.jp2)
  • 目次 / (0012.jp2)
  • 解題・坪内逍遙 / (0006.jp2)
  • 序文 / (0009.jp2)
  • 凡例 / (0011.jp2)
  • 抒情短詩 / (0017.jp2)
  • 虹 / 3 (0017.jp2)
  • 妹に / 3 (0017.jp2)
  • 黄水仙 / 5 (0018.jp2)
  • 雲雀に(一)(To a Skylark.“Up with me!”) / 6 (0019.jp2)
  • 雲雀に(二)(To a Skylark.“Ethereal minstrel!”) / 7 (0019.jp2)
  • 早春の歌 / 8 (0020.jp2)
  • 胡蝶に(一)(To a Butterfly.“Stay near me.”) / 9 (0020.jp2)
  • 胡蝶に(二)(To a Butterfly.“I’ve watched you now.”) / 10 (0021.jp2)
  • 三月 / 11 (0021.jp2)
  • 郭公に(一)(To the Cuckoo.“Not the whole warbling glo / 12 (0022.jp2)
  • 郭公に(二)(To the Cuckoo.“O Blithe New‐comer!”) / 13 (0022.jp2)
  • 二つの四月の朝 / 14 (0023.jp2)
  • 「奇しき戀」 / 16 (0024.jp2)
  • 「人も通はぬ山里に」 / 17 (0024.jp2)
  • 「知るべもあらぬ旅の空」 / 18 (0025.jp2)
  • 自然の貴女(Nature’s Lady;Three years she grew) / 19 (0025.jp2)
  • 「愛の睡みに魂を包まれて」 / 20 (0026.jp2)
  • ―に與ふ / 21 (0026.jp2)
  • 怨言 / 21 (0026.jp2)
  • 雀の巣 / 22 (0027.jp2)
  • 彼女は歡ばしい幻であつた / 23 (0027.jp2)
  • 緑の紅雀 / 24 (0028.jp2)
  • 巖の櫻草 / 26 (0029.jp2)
  • 泉 / 28 (0030.jp2)
  • 忠告と返答 / 31 (0031.jp2)
  • 局面一變 / 33 (0032.jp2)
  • 小さな白屈菜に / 34 (0033.jp2)
  • 胡蝶を追ふ知更鳥に / 37 (0034.jp2)
  • 雛菊に(一)(To the Daisy.“In youth from rock to rock”) / 38 (0035.jp2)
  • 雛菊に(二)(To the Daisy.“With little here to do or see”) / 41 (0036.jp2)
  • 雛菊に(三)(To the Daisy.“Bright flowers!”) / 43 (0037.jp2)
  • 小猫と落葉 / 44 (0038.jp2)
  • 木の實拾ひ / 48 (0040.jp2)
  • ひとり麥刈る乙女 / 51 (0041.jp2)
  • バアンズの墓場にて / 52 (0042.jp2)
  • ハイランドの乙女に / 56 (0044.jp2)
  • 西方へ歩む / 59 (0045.jp2)
  • 訪れぬヤロオ / 60 (0046.jp2)
  • ヤロオを訪れて / 62 (0047.jp2)
  • 詩人の碑銘 / 66 (0049.jp2)
  • 「さうだ、それは山彦」 / 69 (0050.jp2)
  • 「日は落ちてややなりぬ」 / 69 (0050.jp2)
  • 靜かなる夕べ / 70 (0051.jp2)
  • 「夜の女王の美はしさ」 / 71 (0051.jp2)
  • 農夫なる友人の鋤に / 72 (0052.jp2)
  • 待雪草に / 73 (0052.jp2)
  • ある少年 / 74 (0053.jp2)
  • 幸福な武士 / 75 (0053.jp2)
  • ティンタン寺から數哩の川上で詠んだ詩 / 78 (0055.jp2)
  • 物語詩 / (0056.jp2)
  • 私等は七人 / 85 (0056.jp2)
  • ルウシイ・グレイ(孤獨) / 88 (0058.jp2)
  • アリス・フェル(貧困) / 91 (0059.jp2)
  • 手飼の仔羊(牧歌) / 93 (0060.jp2)
  • 貧しいスウザンの幻想 / 96 (0062.jp2)
  • マアガレットの惱み / 97 (0062.jp2)
  • ヂョウヂとサラア・グリン / 100 (0064.jp2)
  • 七人の姉妹 / 103 (0065.jp2)
  • レイオダマイア / 105 (0066.jp2)
  • 水蛭取る人(決心と獨立) / 114 (0071.jp2)
  • 鹿飛ぶ泉 / 120 (0074.jp2)
  • 高調詩 / (0078.jp2)
  • 比類稀なる光耀美の夕べに作る / 129 (0078.jp2)
  • 義務の頌 / 132 (0080.jp2)
  • 幼時を憶うて永生を識る頌 / 134 (0081.jp2)
  • 十四行詩 / (0085.jp2)
  • ウェストミンスタア橋上にて / 142 (0085.jp2)
  • 一八〇二年九月倫敦にて / 142 (0085.jp2)
  • 美しい夕べ / 143 (0085.jp2)
  • ミルトンに / 144 (0086.jp2)
  • ヴェニス獨立の消滅 / 144 (0086.jp2)
  • 瑞西の服從と英國 / 145 (0086.jp2)
  • トウサン・ルウベルティユルに / 146 (0087.jp2)
  • レイズリイ・カルワ゛アトの思ひ出に / 146 (0087.jp2)
  • トマス・クラアクスンに / 147 (0087.jp2)
  • 戀、戰、又は紛々たる政爭 / 148 (0088.jp2)
  • 十四行詩を侮るな / 148 (0088.jp2)
  • 尼僧よ僧庵の狹い部屋で惱むな / 149 (0088.jp2)
  • 俗事が餘りに支配しすぎる / 150 (0089.jp2)
  • ハイランドの伏屋に / 151 (0089.jp2)
  • 『かしこ』と語る若者が / 151 (0089.jp2)
  • 眠りに / 152 (0090.jp2)
  • 畫家に / 152 (0090.jp2)
  • 同じ題に / 153 (0090.jp2)
  • 羊飼は東を見て靜かに言つた / 154 (0091.jp2)
  • グラアスミア湖畔にて / 154 (0091.jp2)
  • 愛らしい處女の姿を見た / 155 (0091.jp2)
  • 五月の朝 / 156 (0092.jp2)
  • 眞理は何處にあるや / 156 (0092.jp2)
  • 汝の誇つたのは / 157 (0092.jp2)
  • 十一月一日 / 158
  • 雜篇 / (0093.jp2)
  • 四季の思ひ / 159 (0093.jp2)
  • 女の兒に / 160 (0093.jp2)
  • 弦月と宵の明星 / 160 (0093.jp2)
  • 激湍の岸に立ちて / 159 (0093.jp2)
  • 老人と駒鳥 / 160 (0094.jp2)
  • 勞働者の白晝の讃歌 / 161 (0094.jp2)
  • 槲と金雀枝 / 163 (0095.jp2)
  • マイケル(牧歌) / 167 (0097.jp2)
  • 解説 / 187 (0107.jp2)
  • 評傳 / 231 (0129.jp2)
  • 著作年表 / 10 (0150.jp2)
  • 參考書目 / 1 (0145.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで