サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

侵された文化 : 中ソ・日共・外郭団体・サークル その組織と戦術の解剖

藤原一郎 著

詳細情報

タイトル 侵された文化 : 中ソ・日共・外郭団体・サークル その組織と戦術の解剖
著者 藤原一郎 著
出版地東京
出版社極東出版
出版年月日等 1957
大きさ、容量等 263p ; 19cm
JP番号 57003771
DOI 10.11501/2982938
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1957
製作日 2011-03-31
件名(キーワード) 日本共産党
NDC 315.1
対象利用者 一般
資料の種別 図書
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
国立国会図書館/図書館送信参加館内公開

目次
 

  • 目次 / (0006.jp2)
  • 第一章 国際共産陣営の対日文化政策の基調 / (0010.jp2)
  • 第一節 日ソ両国の対日政策の基調 / p1 (0010.jp2)
  • 第二節 中ソの対日文化交流工作の原則 / p3 (0011.jp2)
  • 第三節 日共の国際連帯性強化の重点 / p6 (0013.jp2)
  • 第二章 日共の文化運動指導戦術と最近の動向 / (0014.jp2)
  • 第一節 日共の文化活動の基本原則 / p9 (0014.jp2)
  • 第二節 文化活動工作集団の原則条項 / p14 (0017.jp2)
  • 第三節 日共のサークル活用工作 / p17 (0018.jp2)
  • 第一項 斗争事前準備としての文化サークル活用工作 / p17 (0018.jp2)
  • 第二項 経営、居住に於けるサークル / p27 (0023.jp2)
  • 第三項 最近の入党勧誘工作と入党規準 / p33 (0026.jp2)
  • 第三章 日共の学習運動と労働者教育協会 / (0030.jp2)
  • 第一節 労働者教育協会の動向とその実態 / p41 (0030.jp2)
  • (一) 結成の経緯 / p41 (0030.jp2)
  • (二) 全国組織の実態 / p42 (0031.jp2)
  • (三) 労働者教育協会の会則 / p45 (0032.jp2)
  • (四) 日共の密着工作 / p47 (0033.jp2)
  • (五) 労働者教育協会に対する日共の評価 / p49 (0034.jp2)
  • (六) 労働者教育協会の指導方針 / p51 (0035.jp2)
  • 第四章 日共の機関紙活動 / (0039.jp2)
  • 第一節 日共当面の機関紙活動方針 / p58 (0039.jp2)
  • 第二節 日共機関紙活動家の任務 / p60 (0040.jp2)
  • 第三節 最近発行の日共系機関紙誌 / p62 (0041.jp2)
  • 第四節 全国に配備された書籍工作センターの実態 / p63 (0041.jp2)
  • 第五章 日本機関紙協会の動向 / (0043.jp2)
  • 第一節 本年度大会の動向 / p77 (0043.jp2)
  • (一) 日共の会社P・R運動反撃内面指導戦術 / p70 (0045.jp2)
  • (二) 日本機関紙協会役員 / p76 (0048.jp2)
  • (三) 一九五六年機関紙月間運動 / p78 (0049.jp2)
  • 第六章 うたごえ運動の解剖 / (0050.jp2)
  • 第一節 中央合唱団発足の経緯 / p80 (0050.jp2)
  • 第二節 中央合唱団行動綱領規約 / p84 (0052.jp2)
  • 第三節 関鑑子の国際平和賞、受賞の意味するもの / p88 (0054.jp2)
  • 第四節 一九五六年日本のうたごえ大会の動向 / p95 (0057.jp2)
  • (一) 本年度運動方針 / p96 (0058.jp2)
  • (二) うたごえ大会盛り上げの全国各地方工作センター / p108 (0064.jp2)
  • (三) 中央合唱団の全国組織づくり活動 / p101 (0060.jp2)
  • (四) 日本のうたごえ実行委員会規約 / p102 (0061.jp2)
  • (五) 一九五六年日本のうたごえ祭典の内容 / p104 (0062.jp2)
  • (六) 祭典準備会の構成 / p109 (0064.jp2)
  • 第五節 最近のうたごえ交流運動の戦術特徴 / p121 (0065.jp2)
  • 第六節 産業別うたごえ運動の現状とその組織 / p113 (0066.jp2)
  • 第七節 地方別サークル協議会の現状とその組織 / p119 (0069.jp2)
  • 第七章 日共の婦人運動密着戦術と日本母親大会の実態 / (0071.jp2)
  • 第一節 日共の婦人運動密着の動向 / p123 (0071.jp2)
  • 第二節 日共の婦人運動盛り上げの経緯 / p125 (0072.jp2)
  • 第三節 母親大会に対する日共の評価 / p129 (0074.jp2)
  • 第四節 母親大会に対する国際共産陣営の援助育成の実態 / p130 (0075.jp2)
  • 第五節 日共の婦人運動当面の行動綱領 / p135 (0077.jp2)
  • 第六節 本年度母親大会の動向 / p137 (0078.jp2)
  • 第八章 映画運動と内外共産戦術 / (0083.jp2)
  • 第一節 日共の国民映画運動 / p147 (0083.jp2)
  • 第二節 最近の中ソ両国の対日映画攻勢 / p165 (0087.jp2)
  • 第三節 映画を活用しての国際連帯性強化工作 / p162 (0091.jp2)
  • (一) 日ソ親善月間中のソ連映画巡回上演工作 / p163 (0091.jp2)
  • (二) 原水協の映画「生きていてよかつた」上映活動方針 / p165 (0092.jp2)
  • 第九章 日共の演劇運動と労演 / (0094.jp2)
  • 第一節 日共系演劇集団 / p168 (0094.jp2)
  • 第二節 労働者の演劇活動 / p170 (0095.jp2)
  • 第十章 国民文化会議の動向 / (0100.jp2)
  • 第一節 国民文化会議創立の経緯 / p181 (0100.jp2)
  • (一) 創立の趣意書 / p183 (0101.jp2)
  • (二) 役員氏名と発起人 / p184 (0102.jp2)
  • 第二節 総評の文化活動方針との関連 / p185 (0102.jp2)
  • 第三節 国民文化会議の運動方針 / p187 (0103.jp2)
  • 第四節 三十一年度国民文化会議集会の動向 / p194 (0107.jp2)
  • (一) 国民文化全国集会の概況 / p195 (0107.jp2)
  • (二) 国民文化全国集会分科会の動向 / p196 (0108.jp2)
  • 第十一章 左翼外廓団体の組織と実態 / (0112.jp2)
  • 第一節 活溌化する全学連の動向 / p205 (0112.jp2)
  • (一) 国際学連と全学連 / p205 (0112.jp2)
  • (二) 活溌化する全学連 / p207 (0113.jp2)
  • 第二節 日ソ親善協会の組織と動向 / p214 (0117.jp2)
  • (一) 日ソ親善協会の組織 / p224 (0117.jp2)
  • (二) 最近の動向 / p221 (0120.jp2)
  • 第三節 日中友好協会の組織と動向 / p226 (0123.jp2)
  • 第四節 民主主義科学者協会(民科)の動向 / p233 (0126.jp2)
  • (一) 民科発足の経緯と本年度全国大会 / p233 (0126.jp2)
  • (二) 民科今後の活動方針 / p237 (0128.jp2)
  • (三) 民科の共産圏交流工作 / p238 (0129.jp2)
  • (四) 民科の役員組織 / p240 (0130.jp2)
  • 第五節 原水爆禁止日本協議会の実態 / p244 (0132.jp2)
  • 第六節 日本平和委員会の組織と方針 / p250 (0135.jp2)
  • 第七節 憲法擁護国民連合 / p253 (0136.jp2)
  • 第八節 日中日ソ国交回復国民会議 / p257 (0138.jp2)
  • 第九節 其の他の左翼文化団体 / p259 (0139.jp2)
  • (参考資料)改編された日共の組織表 / p272 (0141.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで