サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

私の教育論

宮之原貞光 著

詳細情報

タイトル 私の教育論
著者 宮之原貞光 著
シリーズ名 三一新書
出版地東京
出版社三一書房
出版年月日等 1965
大きさ、容量等 269p ; 18cm
JP番号 65008217
DOI 10.11501/3036410
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1965
製作日 2011-03-31
件名(キーワード) 教育
NDC 370.4
対象利用者 一般
資料の種別 図書
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
国立国会図書館/図書館送信参加館内公開

目次
 

  • 私の教育論/内容紹介 / (0003.jp2)
  • はじめの章 いま日本教育はどうなっているか / p7 (0005.jp2)
  • 第1部 世界の教育は変わりつつある / (0012.jp2)
  • 1 エリート教育から国民教育へ(イギリス) / p23 (0013.jp2)
  • 2 量の教育から質の教育へ(アメリカ) / p28 (0016.jp2)
  • 3 一一年制から一〇年制義務教育へ(ソビエト) / p32 (0018.jp2)
  • 4 ランジュヴァン ワロン計画の実現をめざす(フランス) / p37 (0020.jp2)
  • 5 労学一体の教育(中国) / p42 (0023.jp2)
  • 6 精神的独立のための教育(新興独立諸国) / p46 (0025.jp2)
  • 7 国際諸機関での教育改革の試み / p47 (0025.jp2)
  • (1) ユネスコ(UNESCO 国際連合教育・科学・文化機構) / p48 (0026.jp2)
  • (2) OECD(経済協力開機構) / p50 (0027.jp2)
  • 8 世界の教育改革六つの特徴 / p52 (0028.jp2)
  • (1) 国民教育としての教育改革 / p53 (0028.jp2)
  • (2) 義務教育の年限延長 / p54 (0029.jp2)
  • (3) 綜合技術教育の重視 / p55 (0029.jp2)
  • (4) 進路指導の適正化 / p56 (0030.jp2)
  • (5) 高等教育の拡充 / p58 (0031.jp2)
  • (6) 教育内容の現代化と教授法の効率化 / p59 (0031.jp2)
  • 第2部 危機に立つ日本教育への私の主張 / (0032.jp2)
  • 1 才能の早期発見と初等教育 / p63 (0033.jp2)
  • (1) 幼稚園拡充計画と幼年期の教育 / p63 (0033.jp2)
  • (2) 小学校の教科担任制の是非 / p69 (0036.jp2)
  • (3) すしづめ学級(過大学級)をどうするのか / p72 (0038.jp2)
  • (4) 教員の定数 / p80 (0042.jp2)
  • 2 時代の焦点に立つ中等教育 / p87 (0045.jp2)
  • (1) 後期中等教育のあり方 / p87 (0045.jp2)
  • A 企業の立場からの意見 / p88 (0046.jp2)
  • B 全国高校長協議会の意見 / p91 (0047.jp2)
  • C 日本青年国協議会(日青協)の意見 / p96 (0050.jp2)
  • (2) 後期中等教育にたいする私の意見 / p98 (0051.jp2)
  • A その基本的な考え方 / p98 (0051.jp2)
  • B その制度上の原則 / p103 (0053.jp2)
  • C 高校三原則というものについて / p114 (0059.jp2)
  • D 実験学校の設置とその活用 / p117 (0060.jp2)
  • (3) 能力・選別についての私の意見 / p119 (0061.jp2)
  • (4) 定員を中心とする教育諸条件についての私の意見 / p128 (0066.jp2)
  • 3 門戸解放・施設拡充を迫られる高等教育 / p132 (0068.jp2)
  • (1) 量から質への急増対策 / p133 (0068.jp2)
  • (2) 大学の自治と学問・研究の自由のための管理 / p140 (0072.jp2)
  • (3) 一般教育を軽視する大学の設置基準 / p147 (0075.jp2)
  • (4) 曲り角に立つ大学の研究体制 / p150 (0077.jp2)
  • 4 教師づくり / p154 (0079.jp2)
  • (1) いまの教員構成 / p154 (0079.jp2)
  • (2) 教員の待遇 / p161 (0082.jp2)
  • (3) 教員の養成 / p167 (0085.jp2)
  • 5 教育の内容をたかめること / p174 (0089.jp2)
  • (1) 教育の課程 / p174 (0089.jp2)
  • (2) 道徳教育 / p184 (0094.jp2)
  • 6 教育機会の不均等 / p195 (0099.jp2)
  • (1) 属地主義か属人主義かの、へき地教育 / p198 (0101.jp2)
  • (2) 心身障害児教育の充実 / p206 (0105.jp2)
  • (3) 差別をなくす同和教育 / p214 (0109.jp2)
  • 7 陽のあたらぬ教育財政 / p218 (0111.jp2)
  • (1) かさむ父母の教育費負担 / p218 (0111.jp2)
  • (2) 公教育費 / p223 (0113.jp2)
  • (3) 義務教育無償ということ / p237 (0120.jp2)
  • 8 遍向する教育行政 / p241 (0122.jp2)
  • (1) 勤評という管理体制 / p241 (0122.jp2)
  • (2) うれうべき教科書行政 / p249 (0126.jp2)
  • おわりの章 教育運動を国民とともに / p255 (0129.jp2)
  • 参考文献・資料一覧 / p265 (0134.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで