サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 雑誌

プレジデント = President 24(4)

プレジデント社,ダイヤモンドタイム社

詳細情報

タイトル プレジデント = President
著者 プレジデント社
著者 ダイヤモンドタイム社
出版地東京
出版社プレジデント社
出版年 1986-04
大きさ、容量等 冊 ; 28cm
注記 国立国会図書館雑誌記事索引 34 (7) 1996.07~
注記 本タイトル等は最新号による
注記 刊行頻度の変更あり
注記 1巻1号 (1963年5月)-
注記 出版者変遷: ダイヤモンド・タイム社 (1巻1号-15巻3号)
注記 改題注記 : 52巻28号から53巻23号までは「President woman」と巻次共有
ISSN 00327751
JP番号 00021162
ISSN-L 00327751
巻次 24(4)
別タイトル President
別タイトル President woman
製作者 国立国会図書館
出版年月日等 1986-04
NDLC ZD25
NDLC ZD1
資料の種別 雑誌
刊行巻次 1巻1号 (1963年5月)-
刊行頻度 半月刊
刊行状態 継続刊行中
掲載誌情報(URI形式) http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2895412
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
館内公開

目次
 

  • 「女の時代」はどう恐ろしいか――日本は弥生式文化の時代から女性上位なのである。この上、何が欲しいというのだ / 会田雄次 ; 諸井薫 / p42~53 (0023.jp2)
  • 女、男に似たるが故に尊からず――現代の女性は「女としてのプライド」を失っている。そこに重大な問題が / 渡部昇一 / p56~67 (0030.jp2)
  • 「均等法」は企業の活力を削ぐ――法律を施行したぐらいで、女性社員は本当に働くようになるのか / / p84~95 (0044.jp2)
  • 「女」を捨てた「女性管理職」の覚悟と自信――会社で男に伍して生きるには、男以上に仕事に打ち込み、成果を上げなければならない / 早瀬圭一 / p70~81 (0037.jp2)
  • 「婦唱夫随」経営のバランスシート――この妻ありて、この夫あり。急成長企業を育てた夫婦の微妙な関係 / 小堺昭三 / p98~109 (0051.jp2)
  • 豊臣家の浮沈を決めた「女の節度」――「権力」というエサを目の前にぶら下げられると女はかくも極端な行動を取るものか / 永井路子 / p114~123 (0059.jp2)
  • 「山口組三代目姐」田岡フミ子の誤算――「姐さん」と慕われたフミ子も四代目襲名をめぐって組織を一枚岩にはできなかった / 志茂田景樹 / p126~136 (0065.jp2)
  • 「怪物」小宮山英蔵が陥った「私欲」の罠――太平洋クラブ。この"甘い"集金マシーンへの誘惑が、平和相互崩壊の序曲となった / 佐野真一 / p282~293 (0143.jp2)
  • アメリカを襲う「史上最高」の倒産件数――農業不況に続く原油価格の低落-。銀行危機の芽は中小から大手へと広がる / 伊藤洋一 / p294~299 (0149.jp2)
  • 「ファミコン」で「大儲け」した男たち――ソフトハウス、半導体メーカーを巻き込む三千億市場はいかに形成されたか / 鎌田慧 / p328~341 (0166.jp2)
  • 「円高倒産」は激発するか―― 一ドル一八〇円は、安定水準であるとは言い難い。とすれば / 長谷川慶太郎 / p304~311 (0154.jp2)
  • 堤義明の「静かなる」挑戦(7)川上巨人V9の立役者森祇晶の監督就任の意味するもの / 上之郷利昭 / p342~357 (0173.jp2)
  • 藤原弘達の「激動を射る」統治能力なきアキノ政権は果たして民主主義の勝利か / 石原慎太郎 ; 若宮清 / p158~168 (0081.jp2)
  • 「データベース」情報の戦略的活用法(1)国際旅行情報を満載したオンラインサービスがこの四月から本格的にスタートする / 高田正純 / p371~370 (0187.jp2)
  • 「太平洋戦争」と「日米経済摩擦」誰もが反対しながら一国で「世界を敵」にした戦争が始まったのはなぜか / 堺屋太一 / p174~192 (0089.jp2)
  • なぜ日本企業は「屈服」してしまうのか――事の是非よりビジネスを優先する企業風土が「早すぎる和解」を招いていないか / 神田久幸 / p268~279 (0136.jp2)
  • 俺たち「カスタムカー」に首ったけ / 石井雄司 ; 新関雅士 / p20~25 (0012.jp2)
  • 「AF一眼レフ」ウォーズが始まった / 中谷吉隆 / p26~27 (0015.jp2)
  • 「宇宙旅行はマイロケットで」にNASAもびっくり / / p28~29 (0016.jp2)
  • 操舵輪よりノックバットだぜミスター / 佐藤直也 / p31 (0017.jp2)
  • 君健男/斎藤英四郎――「現役」同士 / 藤居正明 / p35 (0019.jp2)
  • 三善信一/川上哲治――我ら肥後もっこす / 斎藤康一 / p37 (0020.jp2)
  • 「父親失格者」のつぶやき / さいとう・たかを / p38~39 (0021.jp2)
  • 中野収著「新人類語」ほか / / p154~157 (0079.jp2)
  • 近く滅びる町「銀座」――銀座、神田は戦災で焼けなかったが故に衰えた / 山本夏彦 / p152~153 (0078.jp2)
  • 旅順(21)「二〇三高地」陥落 村上大佐率いる選抜隊四〇名が山頂西南部へ / 児島襄 / p372~384 (0188.jp2)
  • キヤノンの「人材輸血」大作戦――中途採用者とプロパー社員を公平に処遇するシステムが躍進の原動力だ / 岩井正和 / p198~209 (0101.jp2)
  • 野村證券「支店長は三十代」の「深謀」――金融界ナンバー・ワンの収益力は、「若手抜擢」による組織活性化の成果である / 清丸恵三郎 / p212~223 (0108.jp2)
  • 五〇人の「課長」が「社長」になった――本社機構の「課」までも分離・独立させてしまった。分社の数はやがて一〇〇社に / 城島明彦 / p226~237 (0115.jp2)
  • 神戸市役所の「辣腕商人」育成術――「株式会社」とまで形容される地方自治体の持つビジネスセンスの源泉を探る / 江坂彰 / p242~253 (0123.jp2)
  • 邱永漢「お金の神様」故郷に帰る――マネーブームで東奔西走する作家兼事業家の「台湾ビジネス記」 / 中谷吉隆 / p10~17 (0007.jp2)
  • 柳原良平 横浜ハマッ子・異国の香り――あけっぴろげで人情深い「ハマッ子」が憩う場は / 中谷吉隆 ; 石井雄司 / p138~143 (0071.jp2)
  • 「天にある月は動かぬ」と中曽根は言うが / / p145 (0074.jp2)
  • 急浮上「日本版マーシャルプラン」の中身 / / p146 (0075.jp2)
  • 「日常化」する東西間スパイ交換の背景 / / p148 (0076.jp2)
  • 暗雲漂うチャウシェスク王朝の「前途」 / / p149 (0076.jp2)
  • 金融相談も「人工知能時代」到来 / / p150~151 (0077.jp2)
  • 第二電電「合従連衡」の勝敗予想 / / p151 (0077.jp2)
  • 新しいステップへの飛躍目指す台湾 / / p257~267 (0130.jp2)
  • ECは一つの国家として捉えうるか / 荒井光雄 / p317~327 (0160.jp2)
  • 国際的リゾートして発展するマレーシア / / p358~361 (0181.jp2)
  • 世界の新製品・新技術〈R&Dニューズ〉 / / p365~369 (0184.jp2)
  • 編集室 / / p400 (0202.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで