サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

文墨余話

長谷川耕南 著

詳細情報

タイトル 文墨余話
著者 長谷川耕南 著
出版地東京
出版社警察時報社
出版年月日等 1950
大きさ、容量等 185p ; 19cm
JP番号 50007380
DOI 10.11501/2456926
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1950
製作日 2011-03-31
件名(キーワード) 書--随筆
NDC 728.1
対象利用者 一般
資料の種別 図書
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
国立国会図書館/図書館送信参加館内公開

目次
 

  • 目次 / (0007.jp2)
  • 一 竹 / p1 (0010.jp2)
  • 二 書家隨想 / p4 (0012.jp2)
  • 三 乘槎印譜 / p6 (0013.jp2)
  • 四 三つの鐘 / p9 (0014.jp2)
  • 五 盂蘭盆 / p10 (0015.jp2)
  • 六 奇遇 / p12 (0016.jp2)
  • 七 中禪寺 / p15 (0017.jp2)
  • 八 酒二題 / p20 (0020.jp2)
  • ――アメリカ王義之―― / (0020.jp2)
  • ――ヱビス會―― / (0021.jp2)
  • 九 昭和二十五年を迎へて / p25 (0022.jp2)
  • 十 素人と玄人 / p30 (0025.jp2)
  • 十一 貞丈と私 / p33 (0026.jp2)
  • 十二 死して惜しまるる人となれ / p35 (0027.jp2)
  • 十三 逗子の稽古をいたゞいて / p40 (0030.jp2)
  • 十四 書道ノートより / p44 (0032.jp2)
  • 十五 書道で結ぶ親善 / p49 (0034.jp2)
  • 十六 最近のことなど / p54 (0037.jp2)
  • 十七 愛硯閑話 / p60 (0040.jp2)
  • 十八 東家樂燕丈を悼む / p66 (0043.jp2)
  • 十九 臨池雜考 / p71 (0045.jp2)
  • 二〇 墨林私語 / p75 (0047.jp2)
  • 二一 風流夜話 / p80 (0050.jp2)
  • 断髮娘の元祖 / (0050.jp2)
  • 江馬細香のこと / (0051.jp2)
  • 妻を忘れた男 / (0052.jp2)
  • 鵬斎の義俠 / (0052.jp2)
  • からす一羽金百両 / (0053.jp2)
  • 松平信綱奇才の龍 / (0053.jp2)
  • 遊女のまごころ / (0054.jp2)
  • 仙厓と摺鉢 / (0054.jp2)
  • 歌一首一銭 / (0055.jp2)
  • 來客断りがき七ヶ條 / (0055.jp2)
  • 文晁の僞筆 / (0056.jp2)
  • 秀吉と手取釜 / (0057.jp2)
  • 名硯鳴門の由來 / (0057.jp2)
  • 国宝 枯梢百舌図の由來 / (0058.jp2)
  • 二二 蘭亭叙物語 / p97 (0058.jp2)
  • 二三 初学者のために / p104 (0062.jp2)
  • 書道とは / (0062.jp2)
  • 書の妙趣 / (0062.jp2)
  • 書の上達は生れつきか / (0063.jp2)
  • 牛步の精進 / (0063.jp2)
  • 自覚 / (0064.jp2)
  • 書の善悪 / (0064.jp2)
  • 書は心画也 / (0064.jp2)
  • 真行草 / (0065.jp2)
  • 書の三昧 / (0066.jp2)
  • 書禪 / (0066.jp2)
  • 鑑識眼 / (0067.jp2)
  • 二四 硯の話 / p114 (0067.jp2)
  • 二五 書初めについて / p123 (0071.jp2)
  • 二六 雅號について / p125 (0072.jp2)
  • 二七 千字文の研究 / p127 (0073.jp2)
  • 二八 趙子昂とその書三門記に就て / p139 (0079.jp2)
  • 二九 上代書道の特質とその展開 / p145 (0082.jp2)
  • 三〇 楷書の習ひ方(代表古碑の研究) / p152 (0086.jp2)
  • 楷書の起源 / (0086.jp2)
  • 宣示表 / (0086.jp2)
  • 王義之の小楷 / (0088.jp2)
  • 鄭文公之碑 / (0090.jp2)
  • 張猛龍碑 / (0092.jp2)
  • 高貞碑 / (0093.jp2)
  • 夫子廟堂碑 / (0094.jp2)
  • 九成宮醴泉銘 / (0095.jp2)
  • 孟法師碑 / (0097.jp2)
  • 雁塔聖敎序 / (0099.jp2)
  • 多宝塔碑 / (0100.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで