サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

量子化学入門 上

米沢貞次郎 等著

詳細情報

タイトル 量子化学入門
著者 米沢貞次郎 等著
出版地京都
出版社化学同人
出版年月日等 1963
大きさ、容量等 302p ; 22cm
JP番号 64001050
DOI 10.11501/1380156
巻次
製作者 国立国会図書館
出版年(W3CDTF) 1963
製作日 2011-03-31
件名(キーワード) 量子化学
NDC 431.27
対象利用者 一般
資料の種別 図書
記録形式(IMT形式) image/jp2
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
国立国会図書館/図書館送信参加館内公開

目次
 

  • 目次 / (0009.jp2)
  • 序にかえて / p1 (0005.jp2)
  • はしがき / p5 (0007.jp2)
  • 第1章 量子化学の基礎 / p1 (0011.jp2)
  • 1 量子化学の歴史と概観 / p1 (0011.jp2)
  • 2 量子化学の組立て / p5 (0013.jp2)
  • 3 水素,ヘリウムの取扱い / p10 (0016.jp2)
  • 4 電子スピンについて / p19 (0020.jp2)
  • 5 原子の電子構造 / p23 (0022.jp2)
  • 6 水素分子についてのあらまし / p26 (0024.jp2)
  • 7 原子価・混成軌道 / p32 (0027.jp2)
  • 第2章 分子の電子状態の計算法 / p39 (0030.jp2)
  • 1 はじめに / p39 (0030.jp2)
  • 2 分子軌道法のあらまし / p40 (0031.jp2)
  • 3 共役化合物のLCAO MO法 / p48 (0035.jp2)
  • 4 NBMO法 / p65 (0043.jp2)
  • 5 飽和化合物の分子軌道法的取扱い / p69 (0045.jp2)
  • 6 原子価結合法(VB法)による計算 / p79 (0050.jp2)
  • 第3章 群論と量子化学――分子の対称性をどう考えるか―― / p85 (0053.jp2)
  • 1 はじめに / p85 (0053.jp2)
  • 2 群とは何か / p88 (0055.jp2)
  • 3 分子の持っている対称性(点群) / p92 (0057.jp2)
  • 4 群の表現 / p95 (0058.jp2)
  • 5 群表現の指標 / p98 (0060.jp2)
  • 6 群論と量子化学の結びつき / p102 (0062.jp2)
  • 7 積分の値の判定 / p107 (0066.jp2)
  • 8 群論の分子軌道法への応用 / p112 (0069.jp2)
  • 9 さらに簡単な群論の応用例 / p121 (0073.jp2)
  • 10 VB法への応用 / p123 (0074.jp2)
  • 第4章 分子構造論の諸問題 / p127 (0076.jp2)
  • 1 イオン化ポテンシャル,電子親和力 / p127 (0076.jp2)
  • 2 共鳴エネルギーと芳香族性 / p132 (0079.jp2)
  • 3 酸化還元電位 / p137 (0081.jp2)
  • 4 全電子密度と結合次数 / p140 (0083.jp2)
  • 5 双極子能率 / p147 (0086.jp2)
  • 6 超共役 / p152 (0089.jp2)
  • 7 酸,塩基度と解離定数 / p159 (0092.jp2)
  • 8 ハメットのシグマ定数 / p163 (0094.jp2)
  • 第5章 有機化合物の反応性 / p169 (0097.jp2)
  • 1 はじめに / p169 (0097.jp2)
  • 2 有機反応の経験的理論 / p172 (0099.jp2)
  • 3 反応性指数 / p181 (0103.jp2)
  • 4 共役化合物の反応性 / p194 (0110.jp2)
  • 5 飽和化合物の反応性 / p208 (0117.jp2)
  • 6 化学反応論の展望 / p216 (0121.jp2)
  • 第6章 生物量子化学 / p223 (0124.jp2)
  • 1 はじめに / p223 (0124.jp2)
  • 2 発ガン性物質と制ガン化合物 / p226 (0126.jp2)
  • 3 植物ホルモン / p237 (0131.jp2)
  • 4 薬理作用 / p241 (0133.jp2)
  • 5 殺虫剤 / p244 (0135.jp2)
  • 6 酵素および補酵素 / p247 (0136.jp2)
  • 7 防カビ性物質 / p254 (0140.jp2)
  • 8 生体内の高エネルギー物質 / p257 (0141.jp2)
  • 9 核酸とタンパク質 / p262 (0144.jp2)
  • 10 ポルフィリン化合物 / p266 (0146.jp2)
  • 付録 / p271 (0148.jp2)
  • I 固有関数の直交問題 / p271 (0148.jp2)
  • II 分子軌道の数学的な意味 / p272 (0149.jp2)
  • III 交互炭化水素の電子状態 / p274 (0150.jp2)
  • IV 摂動論 / p279 (0152.jp2)
  • V 変分法 / p288 (0157.jp2)
  • 問題 / p291 (0158.jp2)
  • 索引 / p295 (0160.jp2)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで