サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

雇用身分社会の出現と労働時間 : 過労死を生む現代日本の病巣

森岡孝二 著

詳細情報

書誌作成中 クリックすると『書誌作成中』についての説明ページを表示します
タイトル 雇用身分社会の出現と労働時間 : 過労死を生む現代日本の病巣
著者 森岡孝二 著
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社桜井書店
出版年月日等 2019.2
大きさ、容量等 309p ; 20cm
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784905261407
価格 2700円
トーハンMARC番号 33887661
部分タイトル 新自由主義の席巻は雇用関係に何をもたらしたか
部分タイトル 労働者派遣制度と雇用概念
部分タイトル 企業社会論の分析枠組みを問い直す
部分タイトル 日本資本主義の現局面と雇用・労働問題
部分タイトル 相次ぐ大企業の品質不正とその背景
部分タイトル シェア経済は「未来の働き方」か
部分タイトル いま『資本論』の労働時間論をどう読むか
部分タイトル 日本資本主義分析と労働時間
部分タイトル 労働時間の性別二重構造と二極分化
部分タイトル 労働時間の決定における労使自治と法的規制
部分タイトル 安倍内閣の「働き方改革」と「時間外労働規制」
部分タイトル 過労死一一〇番の三〇年と過労死防止運動
出版年(W3CDTF) 2019
件名(キーワード) 雇用--日本
件名(キーワード) 労働時間--日本
件名(キーワード) 過労死
件名(キーワード) 階層--日本
NDC(10版) 366.21 : 労働経済.労働問題
NDC(9版) 366.21 : 労働経済.労働問題
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで