サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

聞き手行動のコミュニケーション学 = Research on Listenership in Communication Studies

村田和代 編

詳細情報

書誌作成中 クリックすると『書誌作成中』についての説明ページを表示します
タイトル 聞き手行動のコミュニケーション学 = Research on Listenership in Communication Studies
著者 村田和代 編
シリーズ名 龍谷大学国際社会文化研究所叢書 ; 第24巻
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社ひつじ書房
出版年月日等 2018.12
大きさ、容量等 324p ; 21cm
注記 索引あり
注記 NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
ISBN 9784894769359
価格 3200円
トーハンMARC番号 33862264
別タイトル Research on Listenership in Communication Studies
部分タイトル 聞き手行動をめぐる研究の背景 / 難波彩子 著
部分タイトル 聞き手行動の「場の理論」による解釈 / 植野貴志子 著
部分タイトル 聞き手の参与枠組み再考 / 山口征孝 著
部分タイトル 聞き手行動が孕む二重の他者指向性 / 岡本雅史 著
部分タイトル ずれた発話をどう「聞く」か / 増田将伸 著
部分タイトル グループの外の声を聞く / 横森大輔 著
部分タイトル リスナーシップとラポール形成 / 村田和代 著
部分タイトル 「聞き手」のふるまいから裁判員裁判の評議を考える / 森本郁代 著
部分タイトル 被疑者取調べにおいて「きく」〈訊く/聞く〉ということ / 片岡邦好 著
部分タイトル 男女の会話の共創 / 難波彩子 著
部分タイトル Melting the ice / 井出里咲子, ブッシュネル・ケード 著
部分タイトル 「愚痴」に対する共感表明 / 釜田友里江 著
部分タイトル ポライトネス方略を伴う評価提示発話に対する聞き手の「値踏み」行動を考える / 首藤佐智子 著
部分タイトル 聞き手行動研究の可能性 / 植野貴志子 著
出版年(W3CDTF) 2018
件名(キーワード) 日本語--会話
件名(キーワード) コミュニケーション
NDC(10版) 817.8 : 読本.解釈.会話
NDC(9版) 817.8 : 読本.解釈.会話
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで