サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 録音資料

叫び-ムンク、その時代の音楽 The scream Munch ja, vi elsker dette landet

詳細情報

書誌作成中 クリックすると『書誌作成中』についての説明ページを表示します
タイトル 叫び-ムンク、その時代の音楽 The scream Munch ja, vi elsker dette landet
出版地(国名コード) JP
出版地Tokyo
出版社King Record
出版年月日等 2018.10
大きさ、容量等 録音ディスク 1枚 (72分) : CD
注記 資料種別 : [録音資料]
注記 (1)アンネローゼ・シュミット(P) クルト・マズア指揮 ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団 (2)(4)宮本文昭指揮 オーケストラMAP'S (3)リボル・ペシェク,現田茂夫(指揮) スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団 日本フィルハーモニー交響楽団 米良美一(C-T) (5)ノーマン・デル・マー指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 (6)飯森範親指揮 東京交響楽団 (7)朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団 (8)ノルディック・ヴォイセズ (9)エドヴァルド・グリーグ(P)
注記 演奏:米良美一(C-T) アンネローゼ・シュミット,エドヴァルド・グリーグ(P) クルト・マズア指揮,ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団 宮本文昭指揮,オーケストラMAP'S リボル・ペシェク指揮,スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団 現田茂夫指揮,日本フィルハーモニー交響楽団 ノーマン・デル・マー指揮,ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 飯森範親指揮,東京交響楽団 朝比奈隆指揮,大阪フィルハーモニー交響楽団 ノルディック・ヴォイセズ
注記 収録: 1903年
注記 システム要件 : 一部モノラル収録
注記 レーベル名 : キング
価格 2000円
発売番号(録音・映像資料) KICC-1469
部分タイトル 〈ムンクとグリーグ、2人のエドヴァルド-ノルウェーを代表する作曲家、エドヴァルド・グリーグ作品〉(1)ピアノ協奏曲イ短調op.16-第1楽章(2)ホルベアの時代よりop.40-プレリュード(3)劇付随音楽「ペール・ギュント」op.23より朝の気分(4)劇付随音楽「ペール・ギュント」op.23よりオーセの死(5)劇付随音楽「ペール・ギュント」op.23より山の魔王の宮殿にて(6)劇付随音楽「ペール・ギュント」op.23よりソルヴェーグの歌(7)過ぎし春〈フランスの詩人マラルメとの交流から-19世紀末のパリで刺激を受けた人々〉(8)楽園への道(ディーリアス)(9)牧神の午後への前奏曲(ドビュッシー)〈ノルウェー帰国後に祖国で描いた《太陽》〉(10)交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」op.30より自然の主題(R.シュトラウス)(11)交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」op.30より後の世の人々について(シュトラウス)(12)交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」op.30より大いなる憧憬について(シュトラウス)(13)交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」op.30より歓喜と情熱について(シュトラウス)〈国家(1864年初演)とグリーグの自作自演(1903年録音)〉(8)ノルウェー王国国歌「我等、この国を愛す(Ja,Vi Elsker Dette Landet)」(リカルド・ノルドローク)(9)ガンガル(農民たちの行進曲)-「抒情小曲集第5集」op.54第2曲(グリーグ)
出版年(W3CDTF) 2018
NDLC YMC11
対象利用者 一般
資料の種別 録音資料
資料の種別 音楽
資料の種別 DVD・CD

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで