サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

感染と防御をめぐる新潮流 = Recent trends over the infection and the defense in plant-microbe interactions

平成27年度植物感染生理談話会事務局 編

詳細情報

タイトル 感染と防御をめぐる新潮流 = Recent trends over the infection and the defense in plant-microbe interactions
著者 平成27年度植物感染生理談話会事務局 編
著者標目 日本植物病理学会
シリーズ名 植物感染生理談話会論文集 = PSJ Plant-Microbe Interactions Symposium report, 第50号
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本植物病理学会
出版年 2015
大きさ、容量等 152p ; 30cm
注記 会期: 2015年8月24日-26日
ISSN 13458086
JP番号 22680217
別タイトル Recent trends over the infection and the defense in plant-microbe interactions
部分タイトル 病原性の機能と制御.植物病原細菌Pantoea ananatisの病原性決定因子について / 瀧川雄一 著
部分タイトル 青枯病菌のBF形成機構とその病原性への役割 / 曳地康史 ほか著
部分タイトル ファイトプラズマによる病徴誘導の分子メカニズム / 大島研郎, 前島健作, 難波成任 著
部分タイトル うどんこ病菌の付着器分泌タンパク質とエフェクターの機能解析 / 八丈野孝 ほか著
部分タイトル エフェクター分泌によるいもち病菌の感染および抵抗性誘導機能 / 齋藤宏昌 ほか著
部分タイトル 特別講演.太陽光植物工場の知能化に向けた高精度生体情報計測 / 高山弘太郎 著
部分タイトル 愛媛県におけるキウイフルーツかいよう病の発生及び防除対応の現状 / 清水伸一 ほか著
部分タイトル 感染のシグナルと応答.エフェクターの宿主標的因子を利用した植物免疫シグナル伝達経路の解析 / 山口公志 ほか著
部分タイトル 植物免疫ケミカルバイオロジー研究と病害防除への多様な応用展開 / 能年義輝 著
部分タイトル 環境ストレスと病害抵抗性の間のトレードオフの分子機構 / 高辻博志 著
部分タイトル 病気か干ばつか? 環境ストレス応答出力を決める分子機構 / 藤田泰成 著
部分タイトル 植物ウイルス由来siRNAの役割とは? / 竹田篤史 著
部分タイトル ゲノムの発現と進化.いもち病菌ゲノムのエピジェネティクな遺伝子制御 / Pham Thi Minh Kieu ほか著
部分タイトル 植物病原菌と宿主のゲノムから探る攻防の歴史 / 吉田健太郎, Diane Saunders, Sophien Kamoun 著
部分タイトル 宿主ゲノム上に存在するRNAウイルス感染記録を紐解く / 近藤秀樹, 千葉壮太郎, 鈴木信弘 著
部分タイトル 実験とシミュレーションで迫る、植物ウイルスの生態 / 宮下脩平 ほか著
出版年月日等 2015.8
件名(キーワード) 植物病理学--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC RB77
NDC(9版) 615.82 : 作物栽培.作物学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで