サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

子どもの人権を尊重する生徒指導 : 権利・人権を学んでいじめ・体罰から子どもを守る

安藤博 著

詳細情報

タイトル 子どもの人権を尊重する生徒指導 : 権利・人権を学んでいじめ・体罰から子どもを守る
著者 安藤博 著
著者標目 安藤, 博, 1949- 法学
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社学事出版
出版年 2014
大きさ、容量等 157p ; 21cm
ISBN 9784761920845
価格 1800円
JP番号 22512487
トーハンMARC番号 33187156
部分タイトル 子どもは子どもの人権を学んでいるか
部分タイトル 人権は法律のことばか生活のことばか
部分タイトル 人権教育は子どもの人権から始まる
部分タイトル 子どもの法と人権・権利は「生活モデル」で理解する
部分タイトル 人権教育で求められていること
部分タイトル 成長発達する権利は,育つ責任
部分タイトル 叱られて正されて育つ権利
部分タイトル 人権の感性を育てる学び
部分タイトル いじめ問題の構図をつくる
部分タイトル いじめ論義の忘れもの
部分タイトル いじめ論は,虫の目ばかりでなく鳥の目でも
部分タイトル 「いじめ防止法」は麒麟の翼になりうるか
部分タイトル 法と心理と福祉の協働による教育的和解
部分タイトル 子どものトラブルを解決する子どもの仲裁力
部分タイトル 教師の叱る力,生徒の育つ力
部分タイトル 「生徒になめられない」は,生徒指導にどんな課題を提起しているか
部分タイトル 学生の体罰肯定意識は,どんな問題を提起しているか
部分タイトル 生徒の人権・権利と教師の人権・権利は対立するか
部分タイトル 「ハウツー重視社会」は体罰を克服できるか
部分タイトル 「体罰防止法」で考えたいこと
部分タイトル 子どもの育ちに何が求められているか
部分タイトル 学びの軸にあるもの
部分タイトル 子どもの学ぶ権利は生存権
部分タイトル 生活を学びに,事実を成長発達に
部分タイトル つまずいた子どもの学びと育ちの権利
部分タイトル 「ふつう」という名の社会的圧力
部分タイトル 「困った,弱った」を共有できる職場づくり
部分タイトル 子どもの現場にある人権・権利の実現を阻む壁.子どもの人権・権利をどう理解する?
部分タイトル 人権の実践を豊かにする二つの視点
出版年月日等 2014.12
件名(キーワード) 生徒指導
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 人権教育--日本
NDLC FC54
NDC(9版) 375.2 : 教育課程.学習指導.教科別教育
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで