サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

歴史言語学の方法 = Methods in Historical Linguistics : ギリシア語史とその周辺

松本克己 著

詳細情報

タイトル 歴史言語学の方法 = Methods in Historical Linguistics : ギリシア語史とその周辺
著者 松本克己 著
著者標目 松本, 克己, 1929-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社三省堂
出版年 2014
大きさ、容量等 490p ; 22cm
ISBN 9784385362786
価格 5900円
JP番号 22501234
トーハンMARC番号 33181645
別タイトル Methods in Historical Linguistics
部分タイトル ギリシア語の「時称体系」
部分タイトル イオニア・アッティカ方言の母音体系
部分タイトル ギリシア方言史序説
部分タイトル アイオリス方言の性格とその系統
部分タイトル ホメロスの言語の方言的・年代的諸相
部分タイトル ギリシア語における*sの消失をめぐる方言史的考察
部分タイトル エーゲ海域におけるギリシア語前の言語層の問題
部分タイトル レートー神殿址出土の3言語併用碑文とリュキア語研究の現状
部分タイトル 印欧アナトリア語派におけるリュキア語の位置
部分タイトル ミノア文字研究の現状
部分タイトル 孤立無援の言語:エトルリア語
部分タイトル ヘルマン・パウル『言語史原理』
部分タイトル R.D.King:Historical Linguistics and Generative Grammar
部分タイトル Hans H.Hock:Principles of Historical Linguistics
部分タイトル Vl.Georgiev:Introduction to the history of the Indo-Eur.languages
部分タイトル ソシュール『印欧語原始母音組織に関する覚え書き』
部分タイトル ギリシア方言史
部分タイトル ミュケナイ学〈線文字B〉関係
部分タイトル ミノア文字とその解読
部分タイトル アナトリア言語学
出版年月日等 2014.12
件名(キーワード) ギリシア語--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KP13
NDC(9版) 891.02 : ギリシア語
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで