サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

鋼橋のリダンダンシーに関する考え方 : 評価技術と今後の展開

土木学会鋼構造委員会 編

詳細情報

タイトル 鋼橋のリダンダンシーに関する考え方 : 評価技術と今後の展開
著者 土木学会鋼構造委員会 編
著者標目 土木学会
シリーズ名 鋼構造と橋に関するシンポジウム論文報告集 = Proceedings of the 17th Symposium on Steel Structures and Bridges, 第17回
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社土木学会
出版年 2014
大きさ、容量等 104p ; 30cm
注記 会期・会場: 2014年8月4日 法政大学
注記 文献あり
ISSN 13476629
JP番号 22493089
部分タイトル 道路橋設計におけるリダンダンシーの評価に向けた取り組み / 玉越隆史 述
部分タイトル 鋼構造物のリダンダンシーに関する検討小委員会活動概要と海外の動向 / 奥井義昭 述
部分タイトル 線形解析によるトラス橋のリダンダンシー評価に関するケーススタディ / 岩崎英治 述
部分タイトル トラス橋のケーススタディ (非線形解析) / 馬越一也 ほか述
部分タイトル 鋼上路式アーチ橋の線形リダンダンシー解析 / 藤野明義 ほか述
部分タイトル 鋼鈑桁橋の線形リダンダンシーに関するケーススタディ / 加藤修 ほか述
部分タイトル 鋼多主桁橋の非線形リダンダンシー解析 / 見原理一 ほか述
部分タイトル リダンダンシー評価における活荷重レベル / 山沢哲也 ほか述
部分タイトル リダンダンシー評価ガイドラインと今後の展望 / 吉岡勉, 奥井義昭, 岩崎英治 述
出版年月日等 2014.8
件名(キーワード) 鋼橋--会議録
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC NA158
NDC(9版) 515.45 : 橋梁工学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで