サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本の昔話

柳田國男 著

詳細情報

タイトル 日本の昔話
著者 柳田國男 著
著者標目 柳田, 国男, 1875-1962
シリーズ名 少年文庫 ; 111
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社春陽堂
出版年 1934
大きさ、容量等 196p ; 16cm
JP番号 22820384
部分タイトル 猿の尾はなぜ短い
部分タイトル 海月骨無し
部分タイトル 雀と啄木鳥
部分タイトル 鳩の孝行
部分タイトル 時鳥と兄弟
部分タイトル 時鳥と百舌
部分タイトル 梟染め屋
部分タイトル 蝉と大師様
部分タイトル 鷦鷯も鷹仲間
部分タイトル 狸と田螺
部分タイトル 貉と猿と獺
部分タイトル 猿と猫と鼠
部分タイトル 猿と蟇との餅競争
部分タイトル 猿聟入り
部分タイトル 山の神の靭
部分タイトル 鷲の卵
部分タイトル 弘濟和尚と海龜
部分タイトル 猿正宗
部分タイトル 春の野路から
部分タイトル 黄金小臼
部分タイトル はなたれ小僧様
部分タイトル 松子の伊勢参り
部分タイトル 水蜘蛛
部分タイトル 泥鼈の親方
部分タイトル やろか水
部分タイトル 御辛労の池
部分タイトル 米良の上漆
部分タイトル 蟹淵と安長姫
部分タイトル 龍宮の鐘
部分タイトル 山父のさとり
部分タイトル 飯食はぬ女房
部分タイトル 牛方と山姥
部分タイトル 天道さん金ん綱
部分タイトル 鬼と神力坊
部分タイトル 金剛院と狐
部分タイトル 俄か入道
部分タイトル 小僧と狐
部分タイトル 片目の爺
部分タイトル 比治山の狐
部分タイトル 柴右衛門狸
部分タイトル 山伏の狸退治
部分タイトル 湊の杙
部分タイトル 狐が笑ふ
部分タイトル 夢を買った三彌大盡
部分タイトル 蛸島の虻
部分タイトル だんぶり長者
部分タイトル 藁しべ長者
部分タイトル 炭焼小五郎
部分タイトル 二十騎が原
部分タイトル 長者の寶競べ
部分タイトル 會津の鶴塚
部分タイトル 湖山の池
部分タイトル 梅木屋敷
部分タイトル 本取山
部分タイトル 鶯姫
部分タイトル 瓜子姫
部分タイトル 米嚢粟嚢
部分タイトル 山姥の寶蓑
部分タイトル 竈神の起り
部分タイトル 矢村の彌助
部分タイトル 狐女房
部分タイトル 盲の水の神
部分タイトル 爺に金
部分タイトル 大歳の焚き火
部分タイトル 笠地蔵
部分タイトル 團子浄土
部分タイトル 瘤二つ
部分タイトル 奥州の灰まき爺
部分タイトル 海の水はなぜ鹹い
部分タイトル 八石山
部分タイトル 犬頭絲
部分タイトル 狐の恩返し
部分タイトル 聴耳頭巾
部分タイトル 雀の宮
部分タイトル 黒鯛大明神
部分タイトル 蜥蜴の目貫
部分タイトル 長崎の魚石
部分タイトル 瓜の大事件
部分タイトル 死後の占ひ
部分タイトル 乞食の金
部分タイトル 拾ひ過ぎ
部分タイトル 山賊の弟
部分タイトル 力士と産女
部分タイトル 女の大力
部分タイトル 大い子の握り飯
部分タイトル 日田の鬼太夫
部分タイトル 稲妻の大藏
部分タイトル 藤抜き喜内
部分タイトル 阿波の大力熊野の大力
部分タイトル 仁王とが王
部分タイトル 旦九郎と田九郎
部分タイトル 分別八十八
部分タイトル 二反の白
部分タイトル 無言くらべ
部分タイトル 古屋の漏り
部分タイトル 清藏の兎
部分タイトル 鳩の立ち聴き
部分タイトル 杖つき蟲
部分タイトル 首筋に蒲團
部分タイトル 知ったかぶり
部分タイトル やせ我慢
部分タイトル 慾ふか
部分タイトル 物をしみ
部分タイトル 盗み心
部分タイトル 聟の世間話
部分タイトル 下の國の屋根
部分タイトル 博奕の天登り
部分タイトル 空の旅
出版年月日等 1934.5
NDLC Y7
NDC(9版) 388.1 : 伝説.民話[昔話]
対象利用者 児童
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで