サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

国府町史 通史編 1

国府町史刊行委員会 編

詳細情報

タイトル 国府町史
著者 国府町史刊行委員会 編
著者標目 高山市
出版地(国名コード) JP
出版地高山
出版社国府町史刊行委員会
出版年 2011
大きさ、容量等 854p ; 27cm
注記 文献あり
注記 年表あり
JP番号 21889438
巻次 通史編 1
出版年月日等 2011.2
件名(キーワード) 高山市--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC124
NDC(9版) 215.3 : 中部地方:東山・東海地方
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 国府町史. 通史編 1
  • 国府町史 通史編I 目次
  • 国府町史の発刊にあたって 国府町史刊行委員会委員長 北村喜治
  • 国府町史の刊行を祝して 高山市長 國島芳明
  • 「国府町史」編纂事業をふり反って—国府町史から飛驒を見直すー 監修 三重大学名誉教授 八賀晋
  • 例言
  • 国府の風土
  • 一 「今朝はむでんね霧ごんどるでええ天気になるぜな」 17
  • 二 どうして国府の里に朝霧が多く発生するのか 18
  • 三 朝霧を育む盆地という地形 19
  • 四 動くこと山の如し 21
  • 五 地形のデザイナー活断層 22
  • 六 地震発生の可能性が高い国府断層帯 23
  • 七 街道を開き、温泉を恵む活断層 24
  • 八 四十八滝温泉(地下水)の年齢 25
  • 九 日本列島の地史が凝縮 26
  • 十 緑豊かな風土を演出する活断層 27
  • 十一 人々が作り上げた里山 28
  • 先史編
  • 第一章 旧石器時代
  • 第一章 第一節 人類の発達と日本人 33
  • 第一章 第二節 旧石器時代の道具とくらし 33
  • 第一章 第三節 飛驒の旧石器時代 35
  • 第一章 第三節 下呂石の流通・交易
  • 第一章 第三節 国府型ナイフの伝来
  • 第一章 第三節 細石刃文化の伝来
  • 第一章 第三節 尖頭器の量産
  • 第一章 第三節 国府町の旧石器遺跡
  • 第一章 飛驒の古代史年表(1) 39
  • 第二章 縄文時代
  • 第二章 第一節 縄文時代への移行 40
  • 第二章 第一節 草創期という時代
  • 第二章 第一節 土器の発明
  • 第二章 第二節 気候温暖化と定住生活 42
  • 第二章 第二節 早期
  • 第二章 第二節 黒鉛入押型文土器
  • 第二章 第二節 謎のトロトロ石器
  • 第二章 第二節 焼石炉
  • 第二章 第二節 幻の早期文化
  • 第二章 第三節 生活の安定と集落の拡大 45
  • 第二章 第三節 前期
  • 第二章 第三節 村山遺跡
  • 第二章 第三節 列孔浅鉢土器
  • 第二章 第三節 玦状耳飾の流行
  • 第二章 第三節 石匙
  • 第二章 第四節 縄文文化の隆盛 50
  • 第二章 第四節 中期
  • 第二章 第四節 トチノミ・ドングリと複式炉
  • 第二章 第四節 埋甕の風習
  • 第二章 第四節 神の灯釣手土器
  • 第二章 第四節 土偶祭祀
  • 第二章 第四節 ヒスイの流行
  • 第二章 第四節 中期型鍔付石棒
  • 第二章 第四節 気候の冷涼化と生業
  • 第二章 第四節 マスの捕獲
  • 第二章 第五節 縄文文化のかげりと精神文化 58
  • 第二章 第五節 後期
  • 第二章 第五節 荒城神社遺跡
  • 第二章 第五節 環状列石・立石
  • 第二章 第五節 呪術具の盛行
  • 第二章 第五節 国府町の石棒・石剣・石刀
  • 第二章 第五節 国府町の石冠
  • 第二章 第五節 国府町の御物石器
  • 第二章 第五節 国府町の独鈷石
  • 第二章 第五節 国府町の多頭
  • 第二章 第五節 石斧
  • 第二章 第五節 国府町の環状石斧
  • 第二章 第六節 縄文文化の終末と生業の変化 67
  • 第二章 第六節 晩期
  • 第二章 第六節 洗練された土器群と呪術石器群
  • 第二章 第六節 立石遺跡
  • 第二章 第六節 抜歯の風習
  • 第三章 弥生時代
  • 第三章 第一節 弥生時代への移行 70
  • 第三章 第一節 弥生時代初期の飛驒
  • 第三章 第一節 コメ作りへの挑戦
  • 第三章 第一節 稲作の受容と道具
  • 第三章 第一節 飛驒の弥生式土器
  • 第三章 第一節 国府町の弥生時代遺跡と遺物
  • 第三章 第一節 大陸系磨製石器群
  • 第三章 第一節 太型蛤刃石斧
  • 第三章 第一節 抉入柱状片刃石斧
  • 第三章 第一節 扁平片刃石斧
  • 第三章 第一節 有肩石斧
  • 第三章 第一節 石庖丁
  • 第三章 第一節 磨製石鏃
  • 第三章 第一節 三頭石斧
  • 第三章 第二節 祭祀と墓制 79
  • 第三章 第二節 金属器
  • 第三章 第二節 墓制
  • 第三章 第二節 人種論
  • 第三章 飛驒の古代史年表(2) 83
  • 第三章 附図 84
  • 古代編
  • 第一章 古墳時代
  • 第一章 はじめに
  • 第一章 第一節 古墳の発生と変遷 91
  • 第一章 第一節 古墳と首長
  • 第一章 第一節 地域の生産力
  • 第一章 第一節 初期の前方後円墳
  • 第一章 第一節 巨大古墳の造営
  • 第一章 第一節 大陸文化・技術の受容
  • 第一章 第一節 横穴式石室と家族墓
  • 第一章 第一節 国府町の古墳編年図
  • 第一章 第二節 飛驒の大型古墳 102
  • 第一章 第二節 亀塚古墳
  • 第一章 第二節 三日町大塚古墳
  • 第一章 第二節 高山市前期古墳
  • 第一章 第三節 宿儺説話と大和王権 105
  • 第一章 第三節 飛驒の宿儺
  • 第一章 第三節 飛驒と伴制
  • 第一章 第三節 大和王権傘下へ
  • 第一章 第三節 大和王権の支配と求めた技術
  • 第一章 第三節 部民
  • 第一章 第四節 終末期の古墳 113
  • 第一章 第四節 小口積古墳
  • 第一章 第四節 国府町の竪穴系横口墳
  • 第一章 第四節 大型石室古墳
  • 第一章 第四節 石室にみる保守性と先進性
  • 第一章 第四節 石室にみる大和との関係
  • 第一章 第五節 集落と遺物 118
  • 第一章 第五節 遺跡と遺物
  • 第一章 第五節 北陸との交流と須恵器の登場
  • 第一章 第五節 水辺と祭祀
  • 第二章 胎動する政治のしくみ
  • 第二章 第一節 国造制と飛驒 123
  • 第二章 第一節 飛驒と国造
  • 第二章 第二節 地方の行政と整備 126
  • 第二章 第二節 飛驒の統治体制
  • 第二章 第二節 飛驒国という行政区分
  • 第二章 第二節 国・郡・里制
  • 第三章 飛驒国伽藍
  • 第三章 第一節 仏教伝来と寺院の造営 130
  • 第三章 第一節 仏教の伝来
  • 第三章 第一節 蘇我氏と仏教
  • 第三章 第一節 寺院造営の広がり
  • 第三章 第二節 飛驒国伽藍の建立 133
  • 第三章 第二節 寺院建立の広がりと契機
  • 第三章 第二節 飛驒国伽藍をめぐって
  • 第三章 第二節 飛驒の寺院と特色
  • 第三章 第二節 飛驒の瓦窯
  • 第三章 第三節 国府町の古代寺院 139
  • 第三章 第三節 石橋廃寺
  • 第三章 第三節 光寿庵廃寺
  • 第三章 第三節 名張廃寺
  • 第三章 第三節 塔の腰廃寺
  • 第三章 第三節 安国寺廃寺
  • 第三章 第三節 堂前廃寺
  • 第四章 匠と技術の確立
  • 第四章 第一節 藤原宮の造営と匠 144
  • 第四章 第一節 藤原宮の造営と飛驒匠
  • 第四章 第一節 宮殿と官寺の造営
  • 第四章 第一節 飛驒の寺々の隆盛の背景
  • 第四章 第一節 寺々の消長
  • 第五章 律令制と飛驒
  • 第五章 第一節 吉城郡と大野郡 149
  • 第五章 第一節 改新について
  • 第五章 第一節 改新一項
  • 第五章 第一節 改新二項
  • 第五章 第一節 東山道
  • 第五章 第一節 改新三項
  • 第五章 第一節 税について
  • 第五章 第一節 改新四項
  • 第五章 第一節 総社と神社
  • 第五章 第一節 国分寺建立
  • 第五章 第二節 匠の貢進と活躍 155
  • 第五章 第二節 飛驒匠の貢進
  • 第五章 第二節 匠丁貢進の背景
  • 第五章 第二節 造営から造寺へ
  • 第五章 第二節 粟田道麻呂の死
  • 第五章 第三節 平安宮の造営 159
  • 第五章 第三節 飛驒匠の才知
  • 第五章 第三節 平安宮大極殿造営
  • 第五章 第三節 過酷な労働日
  • 第五章 第三節 数言語容貌が異なる
  • 第五章 第三節 百済川成と飛驒匠
  • 第五章 第三節 荘園と公領
  • 第五章 第三節 飛驒匠制度の衰退
  • 第五章 第三節 平安時代の変遷
  • 第五章 第四節 里制と国村 165
  • 第五章 第四節 条里制について
  • 第五章 第四節 米の収量と税について
  • 第五章 第五節 遺跡と遺物 167
  • 第五章 第五節 奈良時代の住居
  • 第五章 第五節 平安時代の住居
  • 中世編
  • 第一章 武者の世
  • 第一章 第一節 飛驒の中世 173
  • 第一章 第一節 武者の世
  • 第一章 第一節 中世の飛驒
  • 第一章 第二節 古代から中世へ 174
  • 第一章 第二節 田文と雑物進未注文
  • 第一章 第二節 荒木郷と武安郷
  • 第一章 第二節 荘園・郷の領主
  • 第一章 第二節 飛驒の知行国主
  • 第一章 第三節 荒城郷の地頭多氏 177
  • 第一章 第三節 鎌倉時代の飛驒
  • 第一章 第三節 限られた史料
  • 第一章 第三節 地頭多氏
  • 第一章 第三節 幕府と好方
  • 第一章 第三節 地頭職の補任
  • 第一章 第三節 網野の解釈
  • 第一章 第三節 多氏と飛驒守中原有安
  • 第一章 第三節 好方・好節の官職歴
  • 第一章 第三節 好方・好節の伝承
  • 第二章 広瀬氏の時代
  • 第二章 第一節 応永飛驒の乱以前 184
  • 第二章 第一節 南北朝期の飛驒
  • 第二章 第一節 姉小路氏
  • 第二章 第一節 広瀬氏の初見
  • 第二章 第一節 守護との結びつき
  • 第二章 第一節 「御敵」広瀬氏
  • 第二章 第二節 応永飛驒の乱以後 188
  • 第二章 第二節 応永飛驒の乱
  • 第二章 第二節 乱の史料
  • 第二章 第二節 乱の原因
  • 第二章 第二節 三つ巴の争い
  • 第二章 第二節 之宗の従軍
  • 第二章 第二節 広瀬郷代官
  • 第二章 第三節 守護領の拡大 193
  • 第二章 第三節 守護の所領
  • 第二章 第三節 荒城郷
  • 第二章 第三節 古川郷
  • 第二章 第三節 小島郷
  • 第二章 第三節 富安郷
  • 第三章 応仁の乱から戦国の世へ
  • 第三章 第一節 応仁・文明の乱後 197
  • 第三章 第一節 斎藤妙椿の書状
  • 第三章 第一節 動向不明な広瀬氏
  • 第三章 第一節 左近大夫将監利治
  • 第三章 第一節 戦国期の広瀬氏
  • 第三章 第一節 広瀬氏と広瀬社
  • 第三章 第一節 武田勢の飛驒侵攻
  • 第三章 第二節 飛驒の一向宗 201
  • 第三章 第二節 飛驒の真宗
  • 第三章 第二節 石山合戦と飛驒の門徒
  • 第三章 第二節 鷺の森と海
  • 第三章 第二節 具江の堂
  • 第三章 第二節 照蓮寺の城下移転
  • 第三章 第三節 戦国の諸相 204
  • 第三章 第三節 安国寺
  • 第三章 第三節 戦乱と安国寺
  • 第三章 第三節 清峯寺
  • 第三章 第三節 麻生野氏と大坪氏
  • 第三章 第三節 江馬氏と荒城郷
  • 第三章 第三節 杉下家文書
  • 第三章 第三節 応永飛驒の乱と城
  • 第三章 第三節 享禄年間の攻防
  • 第三章 第三節 山城
  • 第三章 第三節 町場の形成
  • 第三章 第三節 交通路の支配
  • 第三章 第四節 戦国の終わり 211
  • 第三章 第四節 八日町合戦
  • 第三章 第四節 三木氏と国府
  • 第三章 第四節 広瀬宗域の死
  • 近世編(一) —高山藩時代—
  • 第一章 高山藩の成立
  • 第一章 第一節 高山藩時代とは 217
  • 第一章 第一節 はじめに
  • 第一章 第一節 高山藩時代の史料
  • 第一章 第一節 藩主の事跡
  • 第一章 第一節 藩のあゆみ
  • 第一章 第一節 藩の特徴
  • 第一章 第一節 藩の衰退と国替え
  • 第一章 第一節 町や村の様子
  • 第一章 第二節 初期の様相 222
  • 第一章 第二節 所領高
  • 第一章 第二節 家臣団
  • 第一章 第二節 給人の知行地
  • 第一章 第二節 給人と軍役
  • 第一章 第二節 国中の人夫・台所の人夫
  • 第一章 第二節 大坂冬の陣と動員百姓
  • 第一章 第二節 上広瀬村と川尻勘平
  • 第一章 第二節 広瀬・荒城郷と伊藤備前
  • 第一章 第二節 名張村と大坪太郎助
  • 第一章 第二節 西門前と金森茂兵衛
  • 第一章 第二節 相給の村
  • 第一章 第二節 位名衆
  • 第一章 第三節 城と町・村 229
  • 第一章 第三節 城と城下町
  • 第一章 第三節 照蓮寺の城下移転
  • 第一章 第三節 等安こと明了
  • 第一章 第三節 高山城と増島城
  • 第一章 第三節 領民の普請役
  • 第一章 第三節 水無神社拝殿の建立
  • 第一章 第三節 名張一之宮神社と金森氏
  • 第一章 第三節 広瀬神社の棟札
  • 第二章 高山藩の発展
  • 第二章 第一節 林業と鉱業 236
  • 第二章 第一節 三木氏からの継続事業
  • 第二章 第一節 飛驒の白木
  • 第二章 第一節 材木山
  • 第二章 第一節 台所木
  • 第二章 第一節 商人請負木
  • 第二章 第一節 材木の販売
  • 第二章 第一節 鉱山開発と茂住宗貞
  • 第二章 第一節 宗貞伝説
  • 第二章 第一節 藩政末期の鉱業
  • 第二章 第二節 隣接する大藩 242
  • 第二章 第二節 富山・加賀藩との国境紛争
  • 第二章 第二節 尾張藩との国境紛争
  • 第二章 第二節 川下げ材木に関する紛争
  • 第三章 藩の地方行政
  • 第三章 第一節 行政機構 245
  • 第三章 第一節 郡奉行と代官
  • 第三章 第一節 上広瀬・広瀬の代官
  • 第三章 第一節 鶴巣・半田の代官
  • 第三章 第一節 荒城郷の代官
  • 第三章 第一節 代官機構
  • 第三章 第一節 郡奉行
  • 第三章 第一節 肝煎
  • 第三章 第一節 幕領下の肝煎
  • 第三章 第二節 検地と年貢 251
  • 第三章 第二節 検地と検地帳
  • 第三章 第二節 新田検地
  • 第三章 第二節 年貢蔵
  • 第三章 第二節 広瀬蔵と吉城蔵
  • 第三章 第二節 蔵の機能
  • 第四章 村の生活
  • 第四章 第一節 村と年貢 255
  • 第四章 第一節 古川上町村の願書
  • 第四章 第一節 年貢皆済状
  • 第四章 第一節 種貸し米・作食米
  • 第四章 第一節 年貢用の借米
  • 第四章 第二節 生活の諸相 258
  • 第四章 第二節 普請
  • 第四章 第二節 鶴巣村の井料
  • 第四章 第二節 広瀬郷の馬
  • 第四章 第二節 三川と小八賀川
  • 第四章 第二節 荒城川上流における林業
  • 第四章 第二節 松木伐採願い
  • 第四章 第二節 荒城川の川下げ
  • 第四章 第二節 山をめぐる公事
  • 第四章 第二節 公事の内容
  • 第四章 第二節 大坂峠越え
  • 第四章 第二節 川原治右衛門の江戸訴願
  • 近世編(二) —幕府直轄領時代—
  • 第一章 幕領となった飛驒
  • 第一章 第一節 私領から幕領へ 269
  • 第一章 第一節 飛驒代官の誕生
  • 第一章 第一節 高山城の破却
  • 第一章 第二節 初代代官の政治 270
  • 第一章 第二節 農民心得三三か条
  • 第一章 第二節 口留番所の存続
  • 第一章 第二節 税制の改革
  • 第一章 第二節 高山陣屋の設置
  • 第一章 第二節 高山陣屋の役人
  • 第一章 第二節 高山城跡地と侍屋敷の処分
  • 第一章 第三節 歴代の代官・郡代 275
  • 第二章 幕領統治の基本政策と農民
  • 第二章 第一節 年貢・諸役の村請制度 279
  • 第二章 第一節 村請制度と相対
  • 第二章 第一節 村請制度が育てた村の自治
  • 第二章 第二節 五人組制度 282
  • 第二章 第二節 五人組の起こり
  • 第二章 第二節 五人組の構成
  • 第二章 第二節 五人組帳前書
  • 第二章 第二節 元禄五年の五人組帳前書
  • 第二章 第二節 宝暦二年の五人組帳前書
  • 第二章 第二節 五人組の成長
  • 第二章 第三節 宗門・人別改め 288
  • 第二章 第三節 宗門・人別改めの発生
  • 第二章 第三節 宗門人別改帳
  • 第二章 第三節 宗門送り状
  • 第三章 検地
  • 第三章 第一節 元禄検地 294
  • 第三章 第一節 検地の目的
  • 第三章 第一節 検地条目
  • 第三章 第一節 検地役人
  • 第三章 第一節 町域を担当した検地役人
  • 第三章 第一節 検地案内百姓
  • 第三章 第一節 検地の進め方
  • 第三章 第一節 検地間竿
  • 第三章 第一節 歩詰と余歩
  • 第三章 第一節 石盛の決定
  • 第三章 第一節 速すぎる検地のスピード
  • 第三章 第一節 検地竿請帳
  • 第三章 第一節 元禄検地水帳
  • 第三章 第一節 検地の結果
  • 第三章 第一節 検見引の策略
  • 第三章 第一節 田方と畑方
  • 第三章 第一節 除地
  • 第三章 第二節 安永検地 329
  • 第三章 第二節 検地命令
  • 第三章 第二節 花里村での検地試行
  • 第三章 第二節 内改め廻村
  • 第三章 第二節 検地役人
  • 第三章 第二節 検地の内容
  • 第三章 第二節 内改め
  • 第三章 第二節 安永検地の結果
  • 第三章 第二節 村ごとに異なる増石率
  • 第三章 第二節 地改帳と新田検地帳
  • 第三章 第三節 安永検地以後の検地 356
  • 第三章 第三節 代官・郡代の使命
  • 第三章 第三節 郡代見立新田
  • 第三章 第三節 検地帳の実と虚
  • 第三章 第四節 五郎左衛門新田 363
  • 第三章 第四節 名張村五郎左衛門
  • 第三章 第四節 野方川原の開発
  • 第三章 第四節 新田検地帳の行方
  • 第三章 第四節 新田検地帳の内容
  • 第四章 年貢と諸役
  • 第四章 第一節 高い飛驒の年貢率 370
  • 第四章 第一節 年貢と農民
  • 第四章 第一節 高い飛驒の年貢率
  • 第四章 第二節 本途物成と見取 373
  • 第四章 第二節 本途物成
  • 第四章 第二節 村によって異なる年貢率
  • 第四章 第二節 見取
  • 第四章 第三節 付加税 388
  • 第四章 第三節 口米
  • 第四章 第三節 六尺給米
  • 第四章 第三節 御伝馬宿入用
  • 第四章 第三節 御蔵前入用
  • 第四章 第三節 込米
  • 第四章 第四節 小物成と浮役 393
  • 第四章 第四節 小物成
  • 第四章 第四節 浮役
  • 第四章 第四節 運上
  • 第四章 第五節 郡中割と郡中入用 400
  • 第四章 第五節 郡中割
  • 第四章 第五節 国中余荷普請
  • 第四章 第五節 凶年囲籾代金
  • 第四章 第六節 年貢の納め方 403
  • 第四章 第六節 年貢割付と皆済目録
  • 第四章 第六節 検見取と定免制
  • 第四章 第六節 米納と金納
  • 第四章 第六節 高山御蔵値段
  • 第四章 第六節 安石代
  • 第四章 第七節 各村々が独自に決めた年貢目安 421
  • 第四章 第七節 年貢目安の起こり
  • 第五章 発展する村の自治
  • 第五章 第一節 村とはなにか 424
  • 第五章 第一節 江戸時代の村
  • 第五章 第一節 村の形態
  • 第五章 第二節 村切りと郷村の成立 425
  • 第五章 第二節 吉城郷と広瀬郷の成立
  • 第五章 第二節 元禄検地当時の郷村制
  • 第五章 第二節 古川郷宇津江村
  • 第五章 第二節 組合村からの独立
  • 第五章 第三節 村方三役と名主給 432
  • 第五章 第三節 村方三役
  • 第五章 第三節 肝煎・名主
  • 第五章 第三節 組頭
  • 第五章 第三節 百姓代
  • 第五章 第三節 定夫
  • 第五章 第三節 村役人の報酬
  • 第五章 第四節 五人組と五人頭 441
  • 第五章 第四節 五人組制度とは
  • 第五章 第四節 五人組構成の実態
  • 第五章 第四節 五人組の台頭
  • 第五章 第五節 村定めと入目帳 447
  • 第五章 第五節 幕府の触書と村定め
  • 第五章 第五節 進む不文律の文章化
  • 第五章 第五節 土地と年貢に関する村定め
  • 第五章 第五節 厳しい村の掟
  • 第五章 第五節 小前層の台頭と村の自治
  • 第五章 第五節 入目帳
  • 第五章 第六節 家相続と百姓株 454
  • 第五章 第六節 百姓身分とは何か
  • 第五章 第六節 本百姓と門屋・水呑
  • 第五章 第六節 上広瀬村清九郎別家門屋願い
  • 第五章 第六節 百姓株の制限
  • 第五章 第七節 入会と山論 458
  • 第五章 第七節 多発する山論
  • 第五章 第七節 三日町・八日町両村山論済口証文
  • 第六章 生業
  • 第六章 第一節 生業の多様性 461
  • 第六章 第一節 いろいろな生業
  • 第六章 第一節 稲作願望の民族
  • 第六章 第二節 農耕 463
  • 第六章 第二節 国府の稲作
  • 第六章 第二節 耕地開発の努力
  • 第六章 第二節 用水
  • 第六章 第二節 肥料
  • 第六章 第二節 ほしかと石灰
  • 第六章 第三節 蚕飼い 478
  • 第六章 第三節 開発が遅れた養蚕
  • 第六章 第三節 繭と生糸の値段
  • 第六章 第三節 奥州蚕種紙
  • 第六章 第三節 蚕種紙の頒布
  • 第六章 第三節 登せ糸と紬の生産
  • 第六章 第三節 蚕養国大明神の碑
  • 第六章 第四節 牛と馬 489
  • 第六章 第四節 少ない牛馬の記録
  • 第六章 第四節 差出明細帳の家数と牛馬
  • 第六章 第四節 奥荒城の馬商い
  • 第六章 第四節 江戸の車牛
  • 第六章 第五節 林野の利用 493
  • 第六章 第五節 幕府の林業政策
  • 第六章 第五節 御用木の元伐り
  • 第六章 第五節 白木稼ぎ
  • 第六章 第五節 薪稼ぎ
  • 第六章 第五節 炭稼ぎ
  • 第六章 第六節 諸職と他国稼ぎ 501
  • 第六章 第六節 諸職の広がり
  • 第六章 第六節 差出明細帳諸職の記録
  • 第六章 第六節 諸職と余業
  • 第六章 第六節 他国出稼ぎ
  • 第六章 第七節 小作と金融 507
  • 第六章 第七節 小作とはなにか
  • 第六章 第七節 高山町商人の進出
  • 第六章 第七節 年貢まけ
  • 第六章 第七節 多様な借金証文
  • 第六章 第七節 村借りの慣行
  • 第六章 第七節 村の隠し財産と村貸しの慣行
  • 第六章 第七節 せめて、いま小作になりたい
  • 第七章 交通と交易
  • 第七章 第一節 街道と峠 516
  • 第七章 第一節 金森時代の伝馬制度
  • 第七章 第一節 信州・益田街道中心の時代へ
  • 第七章 第一節 越中街道
  • 第七章 第一節 瓜巣街道
  • 第七章 第一節 今峠
  • 第七章 第一節 大坂峠
  • 第七章 第一節 牛追峠
  • 第七章 第二節 橋 522
  • 第七章 第二節 延享三年頃の橋
  • 第七章 第二節 公儀御入用橋
  • 第七章 第二節 国中余荷普請
  • 第七章 第二節 国中余荷金積立制度の創設
  • 第七章 第三節 八日町問屋 527
  • 第七章 第三節 馬継ぎと助郷
  • 第七章 第三節 八日町問屋の性格
  • 第七章 第三節 益田街道へ助郷の出張
  • 第七章 第四節 越中登り荷物 529
  • 第七章 第四節 少ない交易の史料
  • 第七章 第四節 越中街道を通る美濃の茶荷物
  • 第七章 第四節 越中登り塩
  • 第七章 第五節 川の利用 533
  • 第七章 第五節 川船の往来
  • 第七章 第五節 運上木の川下げ
  • 第七章 第六節 他国出の人々と往来手形 536
  • 第七章 第六節 女一人通り手形
  • 第七章 第六節 西国巡拝往来手形
  • 第八章 飢饉と救恤
  • 第八章 第一節 近世の飢饉 540
  • 第八章 第二節 天明の飢饉 541
  • 第八章 第二節 天明飢饉と飛驒
  • 第八章 第二節 天明飢饉と天明騒動
  • 第八章 第三節 天保の飢饉 543
  • 第八章 第三節 七年飢饉
  • 第八章 第三節 農喩記
  • 第八章 第三節 大坪二市の回想
  • 第八章 第三節 西念寺過去帳の記録
  • 第八章 第四節 救恤の歴史 548
  • 第八章 第四節 寛政の改革と貯夫食対策
  • 第八章 第四節 名張村の村貸し籾
  • 第八章 第五節 百石五粒法 548
  • 第八章 第五節 百石五粒法の始め
  • 第八章 第五節 囲籾代金の運用
  • 第八章 第五節 山田蔵と三日町蔵
  • 第八章 第五節 百石五粒法中止から廃止へ
  • 第八章 第五節 安政二年雑品取調帳のからくり
  • 第八章 第六節 明治以後の貯穀 556
  • 第八章 第六節 郷蔵と凶備倉
  • 第八章 第六節 郷蔵の廃止
  • 第八章 第六節 明治期の貯穀
  • 第九章 大原騒動
  • 第九章 第一節 多発する百姓一揆 558
  • 第九章 第二節 明和騒動 562
  • 第九章 第二節 大原代官の着任
  • 第九章 第二節 年貢納期の繰上げ
  • 第九章 第二節 地役人の転勤
  • 第九章 第二節 御用金の借り上げ
  • 第九章 第二節 元伐り休山問題
  • 第九章 第二節 年貢米三千石江戸廻米問題
  • 第九章 第二節 石代法改正問題の発生
  • 第九章 第二節 国分寺集会
  • 第九章 第二節 高山町打毀し
  • 第九章 第二節 明和騒動と高山別院高山町打毀し参加暴徒の人数
  • 第九章 第二節 代官の要請拒否傘連判状のなぞ
  • 第九章 第二節 二冊の郡中寄合入用帳
  • 第九章 第二節 断罪広瀬町村名主惣四郎の冤罪
  • 第九章 第二節 元伐り休山と山方対策
  • 第九章 第二節 明和騒動の評価
  • 第九章 第三節 安永騒動 582
  • 第九章 第三節 新検地命令
  • 第九章 第三節 検地試行
  • 第九章 第三節 地役人の廻村
  • 第九章 第三節 農民集会
  • 第九章 第三節 江戸願い連判の成立
  • 第九章 第三節 大垣越訴
  • 第九章 第三節 頭取江戸召喚
  • 第九章 第三節 山本村彦兵衛の出府
  • 第九章 第三節 久左衛門と治兵衛の死
  • 第九章 第三節 駕籠訴決行
  • 第九章 第三節 代官の強迫
  • 第九章 第三節 小割堤の集会
  • 第九章 第三節 一宮大集会
  • 第九章 第三節 武力弾圧と一揆の崩壊
  • 第九章 第三節 追駕籠訴計画
  • 第九章 第三節 駕籠訴人断罪
  • 第九章 第三節 吟味と検地再開
  • 第九章 第三節 悲惨な結末
  • 第九章 第三節 無責任な騒動の記録
  • 第九章 第三節 御褒美の次第
  • 第九章 第三節 町域の犠牲者
  • 第九章 第三節 安永騒動の考察
  • 第九章 第四節 天明騒動 610
  • 第九章 第四節 大原郡代の死
  • 第九章 第四節 大原亀五郎郡代となる
  • 第九章 第四節 天明の飢饉
  • 第九章 第四節 安石代の払戻金没収
  • 第九章 第四節 一条金問題
  • 第九章 第四節 年貢過納金問題
  • 第九章 第四節 謀議
  • 第九章 第四節 捨訴決行
  • 第九章 第四節 巡見使入国
  • 第九章 第四節 秕政御糺し役人の入国
  • 第九章 第四節 駕籠訴決行
  • 第九章 第四節 法廷尋問と郡代罷免
  • 第九章 第四節 万助と伊右衛門の死
  • 第九章 第四節 高山での吟味
  • 第九章 第四節 判決
  • 第九章 第四節 天明騒動の意義
  • 第九章 第四節 天明騒動供養
  • 第九章 第五節 異安心事件 629
  • 第九章 第五節 西派法論
  • 第九章 第五節 異安心事件の史料
  • 第九章 第五節 東派法論
  • 第九章 第五節 幕府の介入
  • 第九章 第五節 考察
  • 第九章 第六節 大原騒動と国府 640
  • 第九章 第六節 一 遠島・広瀬町村名主惣四郎 640
  • 第九章 第六節 二 八日町村名主七郎右衛門 642
  • 第九章 第六節 三 駕籠訴・山本村彦兵衛 643
  • 第九章 第六節 四 駕籠訴・金桶村甚蔵 644
  • 第九章 第六節 五 老骨八日町村武兵衛の生涯 645
  • 第九章 第六節 六 宇津江村三郎右衛門の死 647
  • 第九章 第六節 七 重追放・瓜巣村四人衆 649
  • 第九章 第六節 八 駆込訴・宇津江村市助 651
  • 第九章 第六節 九 義民・三川村久右衛門 653
  • 第九章 第六節 十 半田村市兵衛の系譜 654
  • 第九章 第六節 十一 木曽垣内大仏三界万霊等(塔) 658
  • 第九章 第六節 十二 安国寺「大原騒動義民之碑」 661
  • 第九章 第七節 騒動後の改革 666
  • 第九章 第七節 若き切れ者郡代飯塚常之丞登場
  • 第九章 第七節 御役所の機構改革
  • 第九章 第七節 口留御番所の機構改革
  • 第九章 第七節 年貢米金納分の郷蔵詰めを廃止
  • 第九章 第七節 米株廃止への努力
  • 第九章 第八節 大原騒動の研究 670
  • 第九章 第八節 はじめに
  • 第九章 一 飛驒の歴史的風土と大原騒動 671
  • 第九章 二 高かった農民の政治意識 677
  • 第九章 二 正義の要求
  • 第九章 二 不服従精神の継承
  • 第九章 二 代議制の成立
  • 第九章 二 小前層の台頭
  • 第九章 二 情報の収集
  • 第九章 二 戦術の転換
  • 第九章 二 郡中は正義という意識
  • 第九章 三 一揆を支えた組織 687
  • 第九章 三 大庄屋と取次役
  • 第九章 三 郡中惣代名主
  • 第九章 三 郷中惣代名主
  • 第九章 三 郡中入用帳の成立
  • 第九章 四 他国出の人々のエネルギー 691
  • 第九章 五 頭取たちが遺した記録と文学 697
  • 第九章 五 (一) 大沼村久左衛門の勘定奉行あて訴状下書 698
  • 第九章 五 (二) 漆垣内村三郎右衛門が認めた「安永諸日記」と追駕籠訴状 700
  • 第九章 五 (三) 頭取たちが遺した発句と辞世 702
  • 第九章 五 (四) 三島勘左衛門の文学 706
  • 第九章 六 『夢物語』の文学と思想 710
  • 第九章 七 大原代官に対する評価 713
  • 第九章 八 出兵を拒否した大垣藩 720
  • 第九章 九 一揆と鉄砲 724
  • 第十章 信仰生活と文化
  • 第十章 第一節 信仰自由の国 728
  • 第十章 第一節 自然崇拝と祖霊信仰
  • 第十章 第一節 新しい信仰の形
  • 第十章 第二節 近世の寺院 729
  • 第十章 第二節 転派する寺院
  • 第十章 第二節 動く寺院
  • 第十章 第三節 御師の廻国 730
  • 第十章 第三節 御師のはじまり
  • 第十章 第三節 半田村市兵衛と御師たちの入国
  • 第十章 第四節 農民たちの諸国巡拝 732
  • 第十章 第四節 広がる信仰
  • 第十章 第四節 立山信仰と飛驒坊
  • 第十章 第五節 喜捨と奉加 736
  • 第十章 第五節 宇津江村の二十八日講
  • 第十章 第五節 蓑輪村同行中高祖聖人法会
  • 第十章 第五節 半田村横川薬師堂修復寒念仏喜捨
  • 第十章 第六節 香典の移り変わり 741
  • 第十章 第六節 昔の香典は米中心
  • 第十章 第六節 香典の多様化
  • 第十章 第七節 信仰と文化 745
  • 第十章 第七節 池坊の門弟牛丸小左衛門
  • 第十章 第七節 清峯寺の円空仏
  • 第十章 第七節 仏師三代大坪家
  • 宗教編
  • 第一章 神社
  • 第一章 第一節 神道の歴史 751
  • 第一章 第一節 まつりの始まりと神道の発生
  • 第一章 第一節 神奈備・神籬・磐境・磐座
  • 第一章 第一節 遺跡と古墳と神社
  • 第一章 第一節 仏教伝来
  • 第一章 第一節 町内の神社と遺跡
  • 第一章 第一節 社殿建築と神々
  • 第一章 第一節 飛鳥時代
  • 第一章 第一節 奈良時代
  • 第一章 第一節 平安時代
  • 第一章 第一節 鎌倉時代
  • 第一章 第一節 室町時代
  • 第一章 第一節 近世・近代
  • 第一章 第一節 明治維新
  • 第一章 第一節 壬申戸籍と氏子札
  • 第一章 第一節 祭祀の意義
  • 第一章 第一節 祝詞神職
  • 第一章 第二節 国府町の神社 768
  • 第一章 第二節 現在町内に鎮座する神社
  • 第一章 第二節 剱緒神社(三川) 768
  • 第一章 第二節 加茂神社(上広瀬) 769
  • 第一章 第二節 諏訪神社(上広瀬) 771
  • 第一章 第二節 天満宮(村山) 771
  • 第一章 第二節 白山神社(糠塚) 773
  • 第一章 第二節 冨士神社(金桶) 773
  • 第一章 第二節 瓜巣神社(瓜巣) 774
  • 第一章 第二節 一之宮神社(名張) 775
  • 第一章 第二節 熊野神社(宇津江) 776
  • 第一章 第二節 度瀬神社(広瀬町) 777
  • 第一章 第二節 広瀬神社(広瀬町) 778
  • 第一章 第二節 伊豆神社(三日町) 780
  • 第一章 第二節 西之宮神社(蓑輪) 781
  • 第一章 第二節 稲荷神社(今) 781
  • 第一章 第二節 荒城神社(宮地) 782
  • 第一章 第二節 熊野神社(西門前) 785
  • 第一章 第二節 菅原神社(八日町) 786
  • 第一章 第二節 日枝神社(漆垣内) 787
  • 第一章 第二節 白山神社(桐谷) 787
  • 第一章 第二節 金刀比羅神社(半田) 788
  • 第一章 第二節 阿多由太神社(木曽垣内) 789
  • 第一章 第二節 白山神社(鶴巣) 790
  • 第一章 第二節 八幡神社(山本) 791
  • 第一章 第二節 平成の御大典実施事業
  • 第一章 第二節 神社庁国府部会の動き
  • 第一章 第二節 行政としての神社参拝
  • 第一章 第二節 祖霊と産土神
  • 第二章 寺院
  • 第二章 第一節 飛驒と仏教 795
  • 第二章 第一節 仏教のおこり
  • 第二章 第一節 白山信仰
  • 第二章 第一節 長滝寺の変遷
  • 第二章 第一節 両部信仰
  • 第二章 第一節 飛驒真宗のおこり
  • 第二章 第一節 千葉小次郎成正
  • 第二章 第一節 高山城主金森長近
  • 第二章 第二節 国府町寺院の沿革 802
  • 第二章 第二節 国府町の寺院と同行の分布
  • 第二章 第二節 国府村寺院の生活
  • 第二章 第三節 国府町各寺院の沿革・行事・文化財
  • 第二章 第三節 一 安国寺 806
  • 第二章 第三節 一 釈迦三尊仏
  • 第二章 第三節 一 安国寺の建立
  • 第二章 第三節 一 経蔵
  • 第二章 第三節 一 安国寺の歴代住職
  • 第二章 第三節 一 安国寺の年間行事
  • 第二章 第三節 二 南春寺 809
  • 第二章 第三節 二 寺院の使命と責任
  • 第二章 第三節 二 南春寺の歴代住職
  • 第二章 第三節 二 南春寺の年間行事
  • 第二章 第三節 三 西念寺 812
  • 第二章 第三節 三 菩提院尊真
  • 第二章 第三節 三 西念寺の歴代住職
  • 第二章 第三節 三 西念寺の主な行事
  • 第二章 第三節 四 教覚寺 816
  • 第二章 第三節 四 茂住から八日町へ
  • 第二章 第三節 四 教覚寺歴代住職
  • 第二章 第三節 四 教覚寺の年中行事
  • 第二章 第三節 四 法友会について
  • 第二章 第三節 四 法友会歴代会長
  • 第二章 第三節 四 法友会の行事
  • 第二章 第三節 五 浄覚寺 820
  • 第二章 第三節 五 本尊の変更
  • 第二章 第三節 五 浄覚寺の由緒と歴代住職
  • 第二章 第三節 五 浄覚寺の年間行事
  • 第二章 第三節 六 清峯寺 823
  • 第二章 第三節 六 清峯寺の由緒
  • 第二章 第三節 七 観好寺 824
  • 第二章 第三節 八 国分尼寺 825
  • 第二章 第三節 八 国分尼寺の年間の行事活動
  • 第二章 第三節 九 諸堂宇 826
  • 第二章 第三節 九 国府町の堂宇一覧
  • 第三章 その他の信仰 828
  • 第三章 天理教飛驒国府分教会
  • 第三章 御嶽遥拝所
  • 第三章 国府におけるキリスト教の伝道
  • 国府町史編纂関係者・協力者 832
  • 参考文献一覧 835
  • 編集後記 843
  • 年表 844
  • 年代表 850

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで