サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

心血管リスクを防ぐ!テーラーメイド糖尿病診療ガイド

門脇孝 総編集,植木浩二郎, 小田原雅人, 佐倉宏, 浜野久美子, 松田昌文, 森保道 編

詳細情報

タイトル 心血管リスクを防ぐ!テーラーメイド糖尿病診療ガイド
著者 門脇孝 総編集
著者 植木浩二郎, 小田原雅人, 佐倉宏, 浜野久美子, 松田昌文, 森保道 編
著者標目 門脇, 孝
著者標目 植木, 浩二郎
著者標目 小田原, 雅人, 1955-
著者標目 佐倉, 宏
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社南山堂
出版年 2011
大きさ、容量等 422p ; 26cm + 34p
注記 付 (34p) : 糖尿病診療ガイドラインダイジェスト
注記 索引あり
ISBN 9784525238216
価格 8000円
JP番号 21896280
NS-MARC番号 126962500
出版年月日等 2011.2
件名(キーワード) 糖尿病
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC311
NDC(9版) 493.123 : 内科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 心血管リスクを防ぐ!テーラーメイド糖尿病診療ガイド
  • 目次
  • I 糖尿病における心血管リスク—病態と疫学—
  • I 1 糖尿病における心血管リスク—病態と治療戦略— 門脇孝 2
  • I 1 「1」 糖尿病の増加と心血管リスクの増大 2
  • I 1 「2」 日本人糖尿病の病態の特徴と大血管症リスク増大のメカニズム 5
  • I 1 「3」 大血管症のリスクを抑制する糖尿病の治療戦略—統合的リスク因子管理— 6
  • I 1 「4」 大血管症を抑制する糖尿病の統合的治療戦略—J-DOIT3への期待— 8
  • I 2 心血管リスクとしての糖尿病・耐糖能異常のエビデンス 志熊淳平,小田原雅人 12
  • I 2 「1」 Framingham研究 12
  • I 2 「2」 わが国における疫学研究 15
  • I 2 「3」 MEGAスタディ 20
  • I 3 耐糖能異常とメタボリックシンドロームにおける心血管リスク 河合俊英,伊藤裕 22
  • I 3 「1」 耐糖能異常の診断 22
  • I 3 「2」 メタボリックシンドロームの診断 23
  • I 3 「3」 メタボリックドミノの概念 23
  • I 3 「4」 メタボリックドミノの発症機転 24
  • I 3 「5」 メタボリックドミノの分子メカニズム 25
  • I 3 「6」 メタボリックシンドロームに関連するコホート研究 28
  • I 3 「7」 予防に向けての戦略 29
  • I 3 「8」 まとめ 30
  • I 4 糖尿病における高血圧の心血管リスク 島本和明 31
  • I 4 「1」 高血圧合併糖尿病の疫学 32
  • I 4 「2」 高血圧合併糖尿病の病態 34
  • I 4 「3」 まとめ 36
  • I 5 糖尿病における脂質異常症の心血管リスク 岡田健太,石橋俊 37
  • I 5 「1」 疫学 37
  • I 5 「2」 疾患の概説 38
  • I 5 「3」 治療目標 40
  • I 5 「4」 まとめ 41
  • I 6 糖尿病における虚血性心疾患のリスク 門平忠之,小林欣夫,小室一成 43
  • I 6 「1」 糖尿病における虚血性心疾患の疫学 43
  • I 6 「2」 虚血性心疾患の一次予防と二次予防 43
  • I 6 「3」 糖尿病が心血管リスクを増長する分子メカニズム 45
  • I 6 「4」 急性冠症候群 47
  • I 6 「4」 TOPICS 虚血性心疾患における心筋再生治療 48
  • I 6 Column 不安定プラークの可視化 51
  • I 7 糖尿病における脳血管障害のリスク 竹田育子,大槻俊輔,松本昌泰 52
  • I 7 「1」 糖尿病の脳梗塞発症に対するリスク 52
  • I 7 「2」 糖尿病患者における脳梗塞の特徴 53
  • I 7 「3」 糖尿病治療と脳梗塞発症のリスク 55
  • I 7 「4」 糖尿病と脳梗塞の予後 56
  • I 7 「5」 まとめ 56
  • I 8 糖尿病における閉塞性動脈硬化症(ASO)のリスク 進藤俊哉,重松宏 58
  • I 8 「1」 血糖値とASO 59
  • I 8 「2」 インスリン抵抗性とASO 59
  • I 8 「3」 ASOと糖尿病 61
  • I 9 糖尿病における腎臓病・CKDの心血管リスク 羽田勝計 63
  • I 9 「1」 糖尿病腎症とCKD(病期分類とステージ分類) 63
  • I 9 「2」 糖尿病腎症とCKDの問題点および解決策 64
  • I 9 「3」 糖尿病腎症と心血管イベント,死亡の関係 66
  • I 9 「4」 「微量アルブミン尿」を呈する症例の積極的治療と心血管イベント減少 66
  • I 9 「5」 糖尿病腎症の寛解と心血管イベント 67
  • I 10 糖尿病患者における喫煙の心血管リスク 里村一成,中原俊隆 70
  • I 10 「1」 喫煙の糖尿病への影響 70
  • I 10 「2」 喫煙の心血管系に対する影響 70
  • I 10 「3」 糖尿病患者における喫煙の心血管系への影響 72
  • I 10 「4」 喫煙の糖尿病患者への影響 72
  • II 糖尿病における心血管リスク—診断と検査—
  • II 1 糖尿病とその病態の診断・検査法 岩本安彦 76
  • II 1 「1」 糖尿病の新しい診断基準 76
  • II 1 「2」 糖尿病の病型診断と検査所見 80
  • II 1 「3」 糖尿病の病態の特徴と検査法 82
  • II 2 糖尿病における高血圧の診断・検査法 江口和男,苅尾七臣 84
  • II 2 「1」 2型糖尿病における高血圧の特徴 84
  • II 2 「2」 外来血圧測定 86
  • II 2 「3」 糖尿病におけるABPMの臨床的意義 87
  • II 2 「4」 糖尿病における家庭血圧のエビデンス 91
  • II 2 「5」 糖尿病と脈圧,中心血圧 93
  • II 2 「6」 自律神経障害の診断 93
  • II 2 「7」 まとめ 94
  • II 3 糖尿病における脂質異常症の診断・検査法 芳野原 97
  • II 3 「1」 糖尿病と大血管障害 97
  • II 3 「2」 糖尿病におけるLDL-コレステロール 98
  • II 3 「3」 糖尿病における血中トリグリセリド値 98
  • II 3 「4」 糖尿病における低HDL-コレステロール血症 100
  • II 3 「5」 糖尿病における他の脂質異常検査 100
  • II 3 「6」 糖尿病における食後高脂血症の診断と検査 101
  • II 3 「7」 まとめ 102
  • II 4 糖尿病における肥満・内臓脂肪蓄積の診断・検査法とバイオマーカー 石黒喜美子,森保道 105
  • II 4 「1」 形態的把握 105
  • II 4 「2」 バイオマーカー 110
  • II 5 糖尿病における虚血性心疾患の診断・検査法 冨山博史,小平真理,山科章 119
  • II 5 「1」 糖尿病に合併する虚血性心疾患の概要 119
  • II 5 「2」 診断検査 120
  • II 5 「3」 冠動脈疾患選別のためのストラテジー 123
  • II 6 糖尿病における脳血管疾患の診断・検査法 松村美由起,内山真一郎 128
  • II 6 「1」 糖尿病における脳血管疾患の頻度 128
  • II 6 「2」 糖尿病における脳梗塞の病態と病型 128
  • II 6 「3」 糖尿病における脳梗塞の臨床症候 130
  • II 6 「4」 画像診断 131
  • II 6 「5」 神経内科へ糖尿病患者を紹介すべき基準 137
  • II 7 糖尿病における閉塞性動脈硬化症(ASO)の診断・検査法 宮田哲郎 139
  • II 7 「1」 糖尿病患者で見逃してはいけない症状や臨床所見 139
  • II 7 「2」 虚血の重症度を客観的に評価する血管機能検査 140
  • II 7 「3」 動脈の閉塞部位を評価する部位診断(画像診断) 143
  • II 7 「4」 血管外科にコンサルトするタイミング 144
  • II 8 糖尿病における腎臓病・CKDの診断・検査法 小川大輔,槇野博史 145
  • II 8 「1」 糸球体濾過量を評価する検査 145
  • II 8 「2」 CKDの定義とステージ分類 146
  • II 8 「3」 微量アルブミン尿検査の施行法とその有用性 147
  • II 8 「4」 糖尿病患者で見逃してはいけない症状や臨床所見 147
  • II 8 「5」 糖尿病腎症とそのほかの腎疾患の合併や鑑別について 147
  • II 8 「6」 腎臓専門医へ患者を紹介すべき基準 147
  • III 糖尿病の治療-1—心血管リスクを念頭に置いた包括管理に向けて—
  • III 1 治療目標とコントロール指標 植木浩二郎 150
  • III 1 「1」 血糖コントロール 150
  • III 1 「2」 血圧コントロール 152
  • III 1 「3」 脂質コントロール 152
  • III 1 「4」 統合的コントロール 153
  • III 2 糖尿病心血管合併症—血糖管理は心血管イベント抑制に効果的か?— 浜野久美子 155
  • III 2 「1」 ACCORD試験 157
  • III 2 「2」 ADVANCE試験 157
  • III 2 「3」 VADT試験 158
  • III 2 「4」 UKPDS80 158
  • III 2 「5」 糖尿病—全身血管合併症としてのとらえかた— 160
  • III 2 「6」 血糖管理と大血管症の関連性 160
  • III 2 「7」 まとめ 163
  • IV 糖尿病の治療-2—心血管リスクにおける生活習慣改善の重要性—
  • IV 1 生活習慣介入のエビデンス 森保道 168
  • IV 1 「1」 コホート研究から 168
  • IV 1 「2」 糖尿病発症予防への介入 169
  • IV 1 「3」 糖尿病治療における生活習慣介入の有用性 173
  • IV 1 「4」 生活習慣介入のテーラーメイド化への課題 176
  • IV 1 「5」 おわりに 176
  • IV 2 食事療法の進めかたと実際 本田佳子 178
  • IV 2 「1」 食生活リスクの評価から 178
  • IV 2 「2」 食事療法の第1ステップ—肥満の是正と適正体重の保持— 178
  • IV 2 「3」 食事療法の第2ステップ—食事内容の修正— 180
  • IV 3 運動療法 津下一代 185
  • IV 3 「1」 糖尿病予防・治療における運動療法の認識 185
  • IV 3 「2」 糖尿病患者に運動が勧められる理由 185
  • IV 3 「3」 留意したい,運動による事故や障害と対策 187
  • IV Column METs(メッツ:Metabolic Equivalent. 運動強度の単位) 189
  • IV 「4」 糖尿病患者に対する運動療法の進めかた—運動処方を行う前に— 189
  • IV 「5」 合併症のない糖尿病患者・糖尿病予備群(境界型)に対する運動処方 192
  • IV 「6」 薬物治療中の糖尿病患者に対する運動指導 194
  • IV 「7」 運動実施にあたっての注意事項 195
  • IV 4 禁煙 高橋裕子 197
  • IV 4 「1」 禁煙指導ガイドライン 197
  • IV 4 「2」 喫煙有害性 197
  • IV 4 「3」 禁煙治療 198
  • IV 4 「4」 禁煙保険診療 198
  • IV 4 「5」 ニコチン代替療法 199
  • IV 4 「6」 経口禁煙補助薬 200
  • IV 4 「7」 フォローアップと禁煙継続支援 200
  • IV 4 「8」 禁煙治療はチーム医療 201
  • IV 4 「9」 動機づけ支援について 201
  • IV 4 「10」 まとめ 201
  • V 糖尿病の治療-3—心血管リスク管理における糖尿病の薬物治療の選択と組み合わせ—
  • V 1 経口薬療法-1 スルホニル尿素(SU)薬 小宮幸次,綿田裕孝 204
  • V 1 「1」 臨床試験からみた心血管リスクとSU薬 204
  • V 1 「2」 臨床試験からみた心血管リスク管理におけるSU薬使用の注意点 205
  • V 1 「3」 糖尿病の病態から考えるSU薬の適応 206
  • V 1 「4」 薬理学的作用からみた各SU薬の特徴 206
  • V Column 膵β細胞のグルコース応答性インスリン分泌とSU薬の作用機序 206
  • V Column ischemic pre-condition 207
  • V 「5」 まとめ 208
  • V 2 経口薬療法-2 速効型インスリン分泌促進薬 加来浩平 209
  • V 2 「1」 食後高血糖による心血管イベント発生リスクの増加 209
  • V 2 「2」 速効型インスリン分泌促進薬によるインスリン分泌 210
  • V 2 「3」 速効型インスリン分泌促進薬による血糖改善 211
  • V 2 「4」 ナテグリニドの大規模臨床試験 212
  • V 2 「5」 まとめ 212
  • V 3 経口薬療法-3 α-グルコシダーゼ阻害薬 山口いずみ,田嶼尚子 213
  • V 3 「1」 食後高血糖と心血管疾患の発症リスク 213
  • V 3 「2」 α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)の特徴 213
  • V 3 「3」 α-GIを対象とした疫学研究 214
  • V 3 「4」 持続血糖モニター(CGM)にみるα-GIの効果 215
  • V 3 「5」 α-GIの臨床的位置づけ 215
  • V 4 経口薬療法-4 ビグアナイド薬 岩下晋輔,荒木栄一 218
  • V 4 「1」 メトホルミンの作用機序 218
  • V 4 「2」 副作用 220
  • V 4 「3」 適応 221
  • V 4 「4」 臨床試験によるメトホルミンの評価 221
  • V 4 「5」 まとめ 222
  • V 5 経口薬療法-5 チアゾリジン薬 山内敏正 224
  • V 5 「1」 チアゾリジン薬の特徴 225
  • V 5 「2」 糖尿病改善効果が得られない場合の対処法 228
  • V 6 インクレチン関連薬療法 GLP-1受容体作動薬,DPP-4阻害薬 清水辰徳,山田祐一郎 229
  • V 6 「1」 インクレチンとは 229
  • V 6 「2」 心血管リスクへの直接的作用 229
  • V 6 「3」 心血管リスクへの間接的作用 231
  • V 6 「4」 副作用と適応 232
  • V 7 経口薬療法とインクレチン関連薬療法 その組み合わせとエビデンス 佐倉宏 234
  • V 7 「1」 併用可能な経口薬の組み合わせと血糖コントロールの実際 234
  • V 7 「2」 経口薬の併用による合併症抑制効果 235
  • V 7 「3」 スルホニル尿素(SU)薬とビグアナイド薬(メトホルミン)の併用 237
  • V 7 「4」 新しいSU薬と古いSU薬での危険率の差 238
  • V 7 「5」 経口薬併用のアルゴリズム—ADA/EASDコンセンサスガイドライン— 238
  • V 7 「6」 わが国での経口薬併用の考えかた 241
  • V 7 「7」 まとめ 241
  • V 8 インスリン療法-1 インスリン製剤の種類と特徴 浜口朋也,難波光義 243
  • V 8 「1」 インスリン製剤の種類 243
  • V 8 「2」 インスリン製剤の特徴 244
  • V 8 「3」 まとめ 250
  • V 9 インスリン療法-2 その組み合わせとエビデンス 松田昌文 252
  • V 9 「1」 治療の原則 252
  • V 9 「2」 インスリン治療は心血管リスクを増大させるか? 252
  • V 9 「3」 インスリン導入法と組み合わせ 253
  • V 9 「4」 わが国の治療で以上のエビデンスはあてはまるのか? 255
  • V 9 「5」 強化療法のインスリンの組み合わせ 255
  • V 10 治療における副作用 低血糖・体重増加 植木浩二郎 257
  • V 10 「1」 血糖コントロールと心血管リスク 257
  • V 10 「2」 厳格血糖コントロールの問題点 258
  • V 10 「3」 まとめ 261
  • VI 糖尿病の治療-4—心血管リスク管理における糖尿病合併症治療—
  • VI 1 血糖管理以外の薬物療法-1 降圧薬 片山茂裕 264
  • VI 1 「1」 JSH2009の改訂のポイント 264
  • VI 1 「2」 糖尿病患者における高血圧治療のガイドライン 265
  • VI 1 「3」 JSH2009における糖尿病患者の高血圧治療計画 266
  • VI 1 「4」 インスリン抵抗性を改善する降圧薬を選択する 268
  • VI 1 「5」 心血管疾患を減少させ,腎症の進展を予防する降圧治療を 268
  • VI 1 「6」 厳格な血圧管理のために複数の降圧薬の併用を 269
  • VI 1 「7」 生涯にわたる厳格な血圧管理を 270
  • VI 1 「8」 まとめ 270
  • VI 2 血糖管理以外の薬物療法-2 脂質異常症治療薬 林俊行,平野勉 271
  • VI 2 「1」 高LDL-コレステロール血症の治療薬 272
  • VI 2 「2」 LDL-コレステロール低下薬のエビデンス 273
  • VI 2 「3」 高トリグリセリド血症の治療薬 274
  • VI 3 血糖管理以外の薬物療法-3 肥満症治療薬 宮崎滋 279
  • VI 3 「1」 肥満と糖尿病 279
  • VI 3 「2」 肥満と心血管疾患 279
  • VI 3 「3」 肥満症の診断 280
  • VI 3 「4」 治療 281
  • VI 3 「5」 リスク管理 283
  • VI 3 「6」 肥満症の薬物療法 283
  • VI 3 「7」 肥満症治療薬の開発状況 287
  • VI 4 血糖管理以外の薬物療法-4 抗血小板薬 副島弘文,小川久雄 288
  • VI 4 「1」 血小板凝集能の測定 288
  • VI 4 「2」 高血糖と血小板凝集能 289
  • VI 4 「3」 急性心筋梗塞患者に対するアスピリン療法 290
  • VI 4 「4」 冠動脈疾患患者に対する今後の抗血小板療法 291
  • VI 4 「5」 糖尿病患者におけるアスピリン療法の一次予防効果 291
  • VI 4 「6」 糖尿病患者におけるアスピリン療法の意義 292
  • VI 4 「7」 糖尿病患者におけるアスピリン療法の現状 292
  • VI 4 「8」 一次予防・二次予防としての抗血小板療法 294
  • VI 4 「9」 まとめ 297
  • VI 5 新たな治療 肥満治療の外科手術 畑尾史彦 298
  • VI 5 「1」 高度肥満症治療の切り札—肥満外科手術bariatric surgery— 298
  • VI 5 「2」 肥満外科手術の実際 298
  • VI Column 肥満外科手術の長期成績のエビデンス 302
  • VI 6 糖尿病における虚血性心疾患の治療 松森理枝,代田浩之 303
  • VI 6 「1」 糖尿病における心疾患の病態 303
  • VI 6 「2」 治療法の選択 306
  • VI 6 「3」 治療目標 309
  • VI 7 糖尿病における脳血管疾患の治療 岡田靖 311
  • VI 7 「1」 糖尿病患者における脳卒中一次予防のための薬物療法 311
  • VI 7 「2」 脳卒中急性期治療と糖尿病 314
  • VI 7 「3」 慢性期の再発予防—糖尿病の専門治療と多角的治療— 317
  • VI 7 「4」 まとめ 318
  • VI 8 糖尿病における閉塞性動脈硬化症(ASO)の治療 進藤俊哉,重松宏 320
  • VI 8 「1」 糖尿病を合併した閉塞性動脈硬化症(ASO)の特徴 320
  • VI 8 「2」 治療の基本方針 320
  • VI 8 「3」 閉塞性動脈硬化症(ASO)の治療 322
  • VI 8 「4」 糖尿病合併 326
  • VI 9 糖尿病における腎臓病・CKDの治療 日髙寿美,小林修三 328
  • VI 9 「1」 糖尿病腎症の病期分類とCKDステージ分類 329
  • VI 9 「2」 糖尿病腎症の病期分類に合致しない症例 329
  • VI 9 「3」 細小血管障害/大血管障害と腎内/腎動脈本幹のRI 330
  • VI 9 「4」 血糖コントロールの重要性 331
  • VI 9 「5」 血圧コントロールの重要性 332
  • VI 9 「6」 脂質コントロールの重要性 333
  • VI 9 「7」 CKDと冠動脈疾患(CAD) 334
  • VI 9 「7」 TOPICS ADMAと血管内皮障害 335
  • VI 9 「8」 貧血治療の重要性 336
  • VI 9 「9」 アシドーシス補正の重要性 337
  • VI 9 「10」 ビタミンD治療の重要性 337
  • VI 9 「11」 糖尿病腎症患者の透析治療の注意点 337
  • VI 9 「12」 まとめ 338
  • VI 10 糖尿病網膜症と心血管疾患 柴輝男 340
  • VI 10 「1」 糖尿病における網膜症の特別なポジション 340
  • VI 10 「2」 糖尿病網膜症の検査と治療概論 340
  • VI 10 「3」 糖尿病網膜症の進行 341
  • VI 10 「4」 糖尿病網膜症患者の心血管リスク 342
  • VI 10 「5」 糖代謝異常と心血管疾患 344
  • VI 10 「6」 糖尿病網膜症や心血管疾患に関わる血糖・血圧・脂質・血小板機能 345
  • VI 10 「7」 大規模臨床試験に基づく推奨される網膜症治療 347
  • VI 10 「8」 まとめ 348
  • VI 11 糖尿病神経障害 中村二郎 351
  • VI 11 「1」 糖尿病神経障害の分類と診断 351
  • VI 11 「2」 糖尿病神経障害と心血管リスク 352
  • VI 11 「3」 糖尿病神経障害の発症・進展阻止および治療 353
  • VI 11 「4」 まとめ 358
  • VI 12 糖尿病足病変の診療 河野茂夫 360
  • VI 12 「1」 疾患の概説 360
  • VI 12 「2」 糖尿病足病変の成因とリスク因子 361
  • VI 12 「3」 糖尿病患者の足の診察 362
  • VI 12 「4」 糖尿病足病変のアセスメント 365
  • VI 12 「5」 糖尿病足病変の治療 366
  • VI 12 「6」 足病変発症予防から全身のケア 367
  • VI 13 歯周病 西村英紀 369
  • VI 13 「1」 歯周病の病態 369
  • VI 13 「2」 歯周病とインスリン抵抗性 371
  • VI 13 「3」 糖尿病患者における歯周病と動脈硬化の関連性 372
  • VI 13 「4」 歯周病診断と医科歯科連携ならびに予防のポイント 374
  • VI 14 高尿酸血症・痛風 西川元,大野岩男,細谷龍男 376
  • VI 14 「1」 尿酸代謝 376
  • VI 14 「2」 糖尿病と尿酸 376
  • VI 14 「3」 尿酸と心血管疾患 378
  • VI 14 「4」 糖尿病患者における尿酸と心血管疾患 378
  • VI 14 「5」 糖尿病患者における高尿酸血症・痛風の治療 379
  • VI 14 「6」 血清尿酸値に影響を及ぼす因子・薬剤 380
  • VI 14 「7」 まとめ 381
  • VI 15 肝疾患(脂肪肝・NASHを中心に) 中村郁夫,森安史典 383
  • VI 15 「1」 NAFLD・NASHの概念 383
  • VI 15 「2」 NASHの成因 383
  • VI 15 「3」 NAFLD・NASHの診断 385
  • VI 15 「4」 NAFLD・NASHの治療 387
  • VI 15 「5」 まとめ 390
  • VII ライフステージ・ライフプランに応じた糖尿病の心血管リスク管理
  • VII 1 小児・若年者の肥満と糖尿病 門脇弘子 392
  • VII 1 「1」 小児肥満の特徴 392
  • VII 1 「2」 ライフステージ別生活習慣の管理 393
  • VII 1 「3」 わが国における小児肥満について 394
  • VII 1 「4」 小児メタボリックシンドロームへの対策 396
  • VII 1 「5」 まとめ 396
  • VII 2 妊娠と糖尿病 柳沢慶香,岩本安彦 398
  • VII 2 「1」 妊娠が糖代謝に与える影響 398
  • VII 2 「2」 糖尿病が妊娠に与える影響 398
  • VII 2 「3」 糖尿病の管理 400
  • VII 2 「4」 妊娠糖尿病 401
  • VII Column 成人病胎児期発症仮説Fetal Origins of Adult Disease 401
  • VII 3 高齢者の糖尿病 岡田洋右 403
  • VII 3 「1」 高齢者糖尿病の病態 403
  • VII 3 「2」 高齢者糖尿病における大血管合併症の特徴 404
  • VII 3 「3」 高齢者糖尿病における心血管リスクを考慮した統合的治療 404
  • VII 3 「4」 高齢者糖尿病における薬物療法 405
  • VII 3 「5」 高齢者糖尿病への援助 407
  • VII 4 病診連携 林道夫 408
  • VII 4 「1」 糖尿病の病診連携,地域連携パス 408
  • VII 4 「2」 糖尿病の連携医療の注意点 408
  • VII 4 「3」 糖尿病の連携医療を妨げるものは何か? 409
  • VII 4 「4」 糖尿病連携医療の実例 409
  • VII 4 「5」 まとめ—地域連携のWin-Win-Winを目指して— 412
  • 和文索引 414
  • 欧文索引 419
  • 付録 糖尿病診療ガイドラインダイジェスト
  • 座談会 心血管リスクを防ぐ糖尿病診療—J-DOIT3— 門脇孝,植木浩二郎,小田原雅人,佐倉宏,浜野久美子,松田昌文,森保道 付録2
  • 各種診療ガイドラインと診療への活かしかた 浜野久美子 付録16

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで