サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

利用者ニーズからみた『意思伝達装置利用実態調査』の分析 : 日常的な装置利用に求められる支援体制

日本リハビリテーション工学協会「重度障害者用意思伝達装置」導入ガイドライン検討委員会 編

詳細情報

タイトル 利用者ニーズからみた『意思伝達装置利用実態調査』の分析 : 日常的な装置利用に求められる支援体制
著者 日本リハビリテーション工学協会「重度障害者用意思伝達装置」導入ガイドライン検討委員会 編
著者標目 日本リハビリテーション工学協会
出版地(国名コード) JP
出版地[横浜]
出版社日本リハビリテーション工学協会
出版年 2010
大きさ、容量等 p13-28 ; 30cm
注記 厚生労働省平成21年度障害者保健福祉推進事業 (障害者自立支援調査研究プロジェクト) 『重度障害者用意思伝達装置の継続的利用を確保するための利用者ニーズと提供機能の合致に関する調査研究事業』事業報告書 (別刷)
JP番号 21882118
出版年月日等 2010.3
NDLC Y111
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで