サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

縄文時代の考古学 12

小杉康, 谷口康浩, 西田泰民, 水ノ江和同, 矢野健一 編

詳細情報

タイトル 縄文時代の考古学
著者 小杉康, 谷口康浩, 西田泰民, 水ノ江和同, 矢野健一 編
著者標目 小杉, 康, 1959-
著者標目 谷口, 康浩, 1960-
著者標目 西田, 泰民, 1959-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社同成社
出版年 2010
大きさ、容量等 253p ; 26cm
ISBN 9784886214935
価格 5000円
JP番号 21704351
NS-MARC番号 104842500
巻次 12
別タイトル 研究の行方 : 何が分からなくて何をすべきか
部分タイトル 研究の行方 : 何が分からなくて何をすべきか.総論 縄文研究の課題 / 西田泰民 著
部分タイトル 深化と開拓 民族考古学(北方から) / 佐藤宏之 著
部分タイトル 民族考古学(南方から) / 野林厚志 著
部分タイトル 機能・用途研究 / 御堂島正 著
部分タイトル GISの応用と展開 / 津村宏臣 著
部分タイトル 認知考古学 / 岩田明広 著
部分タイトル 縄文社会をめぐる理論研究 / 安斎正人 著
部分タイトル 「縄文時代」の位置価 / 溝口孝司 著
部分タイトル 関連科学と縄文研究 DNA分析の行方 / 松井章, 山崎健 著
部分タイトル 放射性炭素年代測定 / 北川浩之 著
部分タイトル 日本列島の初期の言語史 / 板橋義三 著
部分タイトル 民俗学と考古学の正しい別離 / 菅豊 著
部分タイトル 花粉を用いた定量的な気候復元 / 中川毅 著
部分タイトル 現代社会と縄文研究 縄文研究とジャーナリズム / 松岡資明 著
部分タイトル 学校教育と「縄文文化」 / 大下明 著
部分タイトル 博物館と縄文研究 / 村田六郎太 著
部分タイトル 縄文学の国際的視点 / サイモン・ケイナー 著宮本飛鳥 訳
部分タイトル 総括と展望 座談会 縄文研究の新地平を求めて / 小杉康, 谷口康浩, 西田泰民, 水ノ江和同, 矢野健一 述
出版年月日等 2010.1
件名(キーワード) 縄文式文化時代
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GB114
NDC(9版) 210.25 : 日本史
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで