サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 録音資料

観世流声の百番集 CD版 第1集 8 松虫・殺生石

詳細情報

タイトル 観世流声の百番集 CD版
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社筑摩書房
出版年月日等 1995.3
大きさ、容量等 録音ディスク 1枚 : CD ; 12cm
注記 収録: 平成6年4月25日ほか
注記 資料種別 : [録音資料]
注記 レーベル名 : Victor
発売番号(録音・映像資料) KCDK-1308
巻次 第1集 8 松虫・殺生石
部分タイトル 松虫 (1)これは津の国阿倍野の辺 (2)もとの秋をも松虫の (3)汐風も吹くや岸野の秋の草(小謡) (4)たとひ暮るゝとも(小謡) (5)今もその友を偲びて松虫の(小謡) (6)松風寒きこの原の (7)あらありがたの御弔ひやな (8)古里に住みしは同じ難波人(小謡) (9)朝に落花を踏んで(独吟・囃子) (10)一樹の蔭の宿りも(仕舞) (11)それは賢き古の(独吟・一調) (12)面白や千草にすだく(仕舞) 殺生石 (13)心を誘う雲水の (14)なうその石の辺へ (15)那須野の原に立つ石の(小謡) (16)然れば好色を事とし(独吟) (17)ある時帝は (18)木石心なしとは申せども (19)石に精あり (20)玉藻に御幣を持たせつゝ
部分タイトル (1)-(12)([演]:杉浦元三郎, 河村禎二 [謡]:杉浦元三郎[ほか]) (13)-(20)([演]:観世恭秀, 寺井栄 [謡]:木原康夫[ほか])
出版年(W3CDTF) 1995
NDLC YMC11
対象利用者 一般
資料の種別 録音資料
資料の種別 音楽
資料の種別 DVD・CD

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで