サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

わかりやすい薬理学 : 薬の効くプロセス

伊藤芳久, 石毛久美子 著

詳細情報

タイトル わかりやすい薬理学 : 薬の効くプロセス
著者 伊藤芳久, 石毛久美子 著
著者標目 伊藤, 芳久, 1953-
著者標目 石毛, 久美子
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社創風社
出版年 2008
大きさ、容量等 402p ; 26cm
ISBN 9784883521562
価格 3800円
JP番号 21506514
第2版
出版年月日等 2008.9
件名(キーワード) 薬理学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SD71
NDC(9版) 491.5 : 基礎医学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • わかりやすい薬理学 : 薬の効くプロセス
  • 目次
  • 薬理学総論 1
  • 薬理学とは 1
  • 薬理作用と作用機序 (薬理作用を表す用語) 2
  • アゴニスト(作用薬)とアンタゴニスト(拮抗薬) 5
  • 薬物の併用 6
  • 薬の作用点 −薬はどこに効くのか? 8
  • 薬物受容体の構造と機能と代表的な細胞内情報伝達系 12
  • 薬効に個人差が生じる要因 21
  • 薬物相互作用 25
  • 薬物依存性と耐性 28
  • 薬物の生体内運命と薬効 30
  • 薬物の主作用と副作用 37
  • 薬理学と創薬(特にゲノム創薬について) 41
  • 薬理学的試験法 44
  • 自律神経作用薬 45
  • シナプスと薬理作用 45
  • 自律神経系 46
  • 交感神経系 49
  • アドレナリン受容体 52
  • アドレナリン受容体作用薬 53
  • アドレナリン作動性遮断薬(交感神経遮断薬) 56
  • コリン作動薬 64
  • 抗コリン薬(副交感神経遮断薬) 70
  • 自律神経節に作用する薬物 74
  • 神経筋接合部に作用する薬物 77
  • 神経筋接合部興奮薬 78
  • 神経筋接合部遮断薬(筋弛緩薬) 78
  • 局所麻酔薬 84
  • 中枢神経系に作用する薬物 90
  • 中枢神経系 90
  • 血液−脳関門(Blood-brain barrier) 92
  • 中枢興奮薬と中枢抑制薬 92
  • シナプス後抑制と前抑制 93
  • 中枢神経作用薬の分類 96
  • 全身麻酔薬 97
  • 鎮静・催眠薬 103
  • エタノールの薬理作用 113
  • 鎮痛薬(麻薬性鎮痛薬、解熱性鎮痛薬) 116
  • 抗てんかん薬 (抗けいれん薬) 131
  • パーキンソン病/パーキンソン症候群治療薬 139
  • 抗認知症(アルツハイマー病)薬、脳保護薬、脳代謝改善薬 151
  • 中枢性筋弛緩薬 153
  • 統合失調症治療薬 (抗精神病薬) 156
  • 抗不安薬 167
  • 抗うつ薬 170
  • 抗躁薬 175
  • 中枢興奮薬 176
  • その他 184
  • 呼吸器作用薬 185
  • 呼吸興奮薬 185
  • 鎮咳薬 186
  • 去痰薬 188
  • 気管支ぜん息治療薬 190
  • 循環器系に作用する薬物 198
  • 不整脈とその治療薬 200
  • 心不全とその治療薬 208
  • 虚血性心疾患(狭心症/心筋梗塞)とその治療薬 216
  • 高血圧薬治療薬 222
  • 昇圧薬、低血圧治療薬 236
  • 泌尿器・生殖器作用薬 238
  • 利尿薬 238
  • 泌尿器・生殖器作用薬 244
  • 血液・造血器系に作用する薬物 249
  • 造血薬 249
  • 血液凝固系に関連する薬物 252
  • 止血薬 261
  • 消化器系に作用する薬物 263
  • 胃に作用する薬物 263
  • 消化性潰瘍治療薬 265
  • 制吐薬、催吐薬 273
  • 止瀉薬(制瀉薬) 276
  • 下剤 277
  • 胆・肝系疾患治療薬 279
  • 膵臓疾患治療薬(膵炎治療薬) 282
  • 免疫と炎症に関連する薬物 284
  • オータコイド 284
  • 免疫関連薬 290
  • 抗アレルギー薬 298
  • 炎症・抗炎症薬 305
  • ホルモンと内分泌・代謝疾患治療薬 315
  • ホルモンの受容体 315
  • ホルモンの分泌と疾患 315
  • 視床下部ホルモンと脳下垂体ホルモン 316
  • 甲状腺ホルモンおよびその拮抗薬 319
  • ステロイドホルモン 321
  • 膵臓ホルモンと糖尿病治療薬 330
  • 脂質異常症治療薬 337
  • 痛風治療薬 344
  • 骨代謝に作用する薬物 347
  • 抗悪性腫瘍薬 353
  • アルキル化薬 356
  • 代謝拮抗薬 358
  • 抗腫瘍性抗生物質 361
  • 白金錯体 363
  • 植物製剤およびその関連物質 364
  • 分子標的治療薬 367
  • その他 369
  • 抗感染症薬 373
  • 抗生物質および抗菌薬 374
  • 抗真菌薬 382
  • 抗ウイルス薬 384
  • 抗抗酸菌薬 386
  • サルファー薬 387
  • 眼科領域で用いられる薬物 388
  • 緑内障治療薬 388
  • 白内障治療薬 391
  • 縮瞳薬・散瞳薬 391
  • 眼組織のエネルギー代謝系の改善 392
  • 角膜上皮細胞伸展と水分保持効果 392
  • アレルギー性結膜炎 392
  • 皮膚疾患治療薬 393
  • 診断用薬 396
  • 急性薬物中毒と処置薬 398

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで