サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

植物遺伝育種学

武田和義 著

詳細情報

タイトル 植物遺伝育種学
著者 武田和義 著
著者標目 武田, 和義, 1943-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社裳華房
出版年 2008
大きさ、容量等 249p ; 21cm
注記 2006年刊 (第6版5刷) を原本としたオンデマンド版
注記 文献あり
ISBN 9784785306083
価格 3200円
JP番号 21490988
出版年月日等 2008.5
件名(キーワード) 育種学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 遺伝学
NDLC RB57
NDC(9版) 615.21 : 作物栽培.作物学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 植物遺伝育種学
  • 目次
  • 1. はじめに
  • 1. 1・1 人類と農耕 1
  • 1. 1・2 農耕と育種 4
  • 1. 1・3 植物の進化と育種 7
  • 1. 1・4 育種と育種学 8
  • 2. 育種の組立て
  • 2. 2・1 育種の戦略 12
  • 2. 2・1 A. 目標の設定
  • 2. 2・1 B. 戦術の選択
  • 2. 2・2 品種 15
  • 2. 2・2 A. 品種の定義
  • 2. 2・2 B. 生態型
  • 2. 2・3 育種の手順 18
  • 2. 2・3 A. 変異の拡大
  • 2. 2・3 B. 選抜・固定
  • 2. 2・3 C. 増殖・普及
  • 2. 2・3 D. 育種組織
  • 2. 2・4 育種素材と遺伝資源 24
  • 2. 2・4 A. 育種素材
  • 2. 2・4 B. 遺伝資源の利用
  • 2. 2・4 C. 遺伝資源の収集と保存
  • 3. 形質の変異性
  • 3. 3・1 形質および変量 32
  • 3. 3・1 A. 形質
  • 3. 3・1 B. 変量
  • 3. 3・2 統計量 33
  • 3. 3・2 A. 位置統計量
  • 3. 3・2 B. 散布統計量
  • 3. 3・2 C. 頻度分布
  • 3. 3・3 有意性検定 40
  • 3. 3・3 A. x2検定
  • 3. 3・3 B. t検定
  • 3. 3・3 C. F検定
  • 3. 3・4 変異の三要因 42
  • 3. 3・4 A. 遺伝変異
  • 3. 3・4 B. 生殖質の変異
  • 3. 3・4 C. 環境要因
  • 3. 3・5 共変異 47
  • 3. 3・5 A. 相関
  • 3. 3・5 B. 回帰
  • 3. 3・5 C. 主成分分析
  • 3. 3・6 形質間の関係 53
  • 3. 3・6 A. 形の変異
  • 3. 3・6 B. 相対生長
  • 3. 3・6 C. 複合形質
  • 4. 遺伝子と染色体
  • 4. 4・1 遺伝子 61
  • 4. 4・1 A. 遺伝子の概念と実体
  • 4. 4・1 B. 複製様式
  • 4. 4・1 C. 形質発現
  • 4. 4・1 D. 細胞質遺伝子
  • 4. 4・2 突然変異 69
  • 4. 4・2 A. 自然突然変異と人為突然変異
  • 4. 4・2 B. 突然変異原
  • 4. 4・3 染色体 75
  • 4. 4・3 A. 基本的構造
  • 4. 4・3 B. 構造変異
  • 4. 4・3 C. ゲノム
  • 4. 4・3 D. 倍数性
  • 4. 4・3 E. 異数性
  • 5. 生殖
  • 5. 5・1 有性生殖と無性生殖 81
  • 5. 5・1 A. 雌雄性の分化
  • 5. 5・1 B. 世代交代
  • 5. 5・1 C. 生育相の転換
  • 5. 5・1 D. 体細胞分裂
  • 5. 5・1 E. 減数分裂
  • 5. 5・1 F. 配偶子形成
  • 5. 5・2 受粉と受精 89
  • 5. 5・2 A. 受粉様式
  • 5. 5・2 B. 重複受精と種子形成
  • 5. 5・2 C. 自家不和合性
  • 5. 5・2 D. 雄性不稔性
  • 5. 5・3 繁殖様式 97
  • 5. 5・3 A. 種子繁殖
  • 5. 5・3 B. 栄養繁殖
  • 5. 5・3 C. アポミクシス
  • 6. 遺伝性
  • 6. 6・1 質的遺伝 100
  • 6. 6・1 A. メンデリズム
  • 6. 6・1 B. 対立遺伝子の優劣性
  • 6. 6・1 C. 複対立遺伝子
  • 6. 6・1 D. 遺伝子座間の相互作用
  • 6. 6・2 遺伝子の連鎖 110
  • 6. 6・2 A. 連鎖現象
  • 6. 6・2 B. 連鎖地図
  • 6. 6・3 量的遺伝 116
  • 6. 6・3 A. ポリジーン
  • 6. 6・3 B. ドミナンスとポテンス
  • 6. 6・3 C. 雑種集団の分散
  • 6. 6・3 D. 有効因子数
  • 6. 6・3 E. 遺伝率
  • 6. 6・4 細胞質遺伝 127
  • 6. 6・5 遺伝相関 129
  • 6. 6・5 A. 遺伝相関の概念
  • 6. 6・5 B. 遺伝相関の成因
  • 6. 6・5 C. 遺伝相関係数の計算
  • 6. 6・6 選抜効果 135
  • 6. 6・6 A. 選抜
  • 6. 6・6 B. 隔離
  • 6. 6・6 C. 複数の形質に対する選抜
  • 6. 6・6 D. 選抜反応と相関反応
  • 7. 育種目標
  • 7. 7・1 生産性 148
  • 7. 7・1 A. 多収性
  • 7. 7・1 B. 耐肥性
  • 7. 7・1 C. 受光態勢
  • 7. 7・1 D. 耐倒伏性
  • 7. 7・1 E. 生長パターン
  • 7. 7・2 品質 152
  • 7. 7・3 適応性 154
  • 7. 7・3 A. 早晩性
  • 7. 7・3 B. 広域適応性と季節適応性
  • 7. 7・4 耐性と抵抗性 157
  • 7. 7・5 生物的ストレス 158
  • 7. 7・5 A. 耐病性
  • 7. 7・5 B. 耐虫性
  • 7. 7・5 C. 雑草耐性
  • 7. 7・6 非生物的ストレス 162
  • 7. 7・6 A. 耐冷・耐凍性
  • 7. 7・6 B. 耐雪性
  • 7. 7・6 C. 耐乾性
  • 7. 7・6 D. 耐湿性
  • 7. 7・6 E. 耐塩性
  • 7. 7・6 F. 耐酸性・耐アルカリ性
  • 7. 7・6 G. 薬剤・重金属・大気汚染物質耐性
  • 8. 導入育種法
  • 8. 8・1 導入の目的と対象 171
  • 8. 8・2 検疫と評価 175
  • 9. 分離育種法
  • 9. 9・1 純系淘汰法 178
  • 9. 9・1 A. 純系
  • 9. 9・1 B. 自殖性作物の純系淘汰法
  • 9. 9・1 C. 他殖性作物の純系淘汰法
  • 9. 9・2 集団選抜法 180
  • 9. 9・3 栄養系分離法 182
  • 10. 交雑育種法
  • 10. 10・1 交雑の方法 184
  • 10. 10・1 A. 交雑親の選定
  • 10. 10・1 B. 開花期の同調
  • 10. 10・1 C. 除雄と隔離
  • 10. 10・1 D. 受粉
  • 10. 10・1 E. 雑種の採種
  • 10. 10・2 交雑の種類 186
  • 10. 10・2 A. 種内交雑
  • 10. 10・2 B. 種間交雑
  • 10. 10・2 C. 属間交雑
  • 10. 10・3 交雑の回数 189
  • 10. 10・3 A. 1回交雑
  • 10. 10・3 B. 戻し交雑
  • 10. 10・3 C. 多系交雑
  • 10. 10・4 自殖性作物の交雑育種法 192
  • 10. 10・4 A. 系統育種法
  • 10. 10・4 B. 混合育種法
  • 10. 10・4 C. 派生系統育種法
  • 10. 10・5 他殖性作物の交雑育種法 196
  • 10. 10・5 A. 循環選抜法
  • 10. 10・5 B. 相反循環選抜法
  • 10. 10・6 栄養繁殖作物の交雑育種法 197
  • 11. 雑種強勢育種法
  • 11. 11・1 雑種強勢の原理 199
  • 11. 11・1 A. 雑種強勢の定義
  • 11. 11・1 B. 組合せ能力
  • 11. 11・1 C. F1品種の維持
  • 11. 11・2 他殖性作物の雑種強勢育種法 203
  • 11. 11・2 A. 品種間交雑
  • 11. 11・2 B. 自殖(近交)系統間交雑
  • 11. 11・2 C. 合成品種
  • 11. 11・3 栄養繁殖作物の雑種強勢育種法 207
  • 11. 11・4 自殖性作物の雑種強勢育種法 208
  • 12. 突然変異育種法
  • 12. 12・1 突然変異育種の原理 211
  • 12. 12・2 突然変異育種の方法 212
  • 12. 12・3 突然変異と遺伝子工学 215
  • 13. 染色体工学育種法
  • 13. 13・1 倍数性育種法 216
  • 13. 13・1 A. 倍数性
  • 13. 13・1 B. 倍数体の作成法
  • 13. 13・1 C. 倍数体の遺伝
  • 13. 13・1 D. 半数体
  • 13. 13・2 異数性育種法 220
  • 13. 13・2 A. 異数性
  • 13. 13・2 B. 染色体添加と染色体置換
  • 13. 13・3 染色体の構造変化 222
  • 14. 生物工学的新技術の育種的利用
  • 14. 14・1 組織培養 223
  • 14. 14・1 A. 大量増殖とウイルスフリー苗
  • 14. 14・1 B. 人工種子
  • 14. 14・1 C. 物質生産
  • 14. 14・1 D. 細胞選抜
  • 14. 14・1 E. 遠縁交雑と組織培養
  • 14. 14・1 F. 組織培養による遺伝資源保存
  • 14. 14・2 細胞融合 228
  • 14. 14・2 A. プロトプラスト
  • 14. 14・2 B. プロトプラスト融合
  • 14. 14・2 C. サイブリッド
  • 14. 14・3 遺伝子操作 230
  • 14. 14・3 A. 遺伝子の取り出し
  • 14. 14・3 B. 遺伝子導人
  • 14. 14・3 C. 形質転換体の選抜と再分化
  • 15. 育種年限の短縮
  • 15. 15・1 将来予測と新技術の導入 234
  • 15. 15・2 世代促進 235
  • 15. 15・3 半数体の利用 237
  • 15. 15・3 A. 葯培養
  • 15. 15・3 B. バルボサム法
  • 15. 15・3 C. 半数体遺伝子
  • 15. 15・4 初期選抜 239
  • 15. 15・4 A. 生育初期における選抜
  • 15. 15・4 B. 初期世代における選抜
  • 15. 15・5 幼若期の短縮 240
  • おわりに 242
  • 勉学案内 243
  • 索引 245

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで