サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

臼田町誌 第4巻(近世編)

臼田町誌編纂委員会 編纂

詳細情報

タイトル 臼田町誌
著者 臼田町誌編纂委員会 編纂
著者標目 佐久市
出版地(国名コード) JP
出版地[佐久]
出版社佐久市臼田町誌刊行会
出版年 2008
大きさ、容量等 522p ; 27cm + 地図1枚 (袋入)
JP番号 21503249
巻次 第4巻(近世編)
出版年月日等 2008.3
件名(キーワード) 佐久市--地誌
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC119
NDC(9版) 291.52 : 日本
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 臼田町誌. 第4巻
  • 臼田町誌 近世編 目次
  • 口絵
  • 発刊のことば 佐久市長 三浦大助
  • 発刊にあたって 臼田町誌編纂委員長 尾崎行也
  • 例言
  • 第一章 所領の変遷と支配の特色 一
  • 第一章 第一節 仙石領から徳川忠長領へ 三
  • 第一章 第一節 一 仙石領政と佐久郡逃散 三
  • 第一章 第一節 一 依田氏の転出
  • 第一章 第一節 一 仙石秀久の入封
  • 第一章 第一節 一 百姓の逃散
  • 第一章 第一節 一 忠政の還住政策
  • 第一章 第一節 一 丸山から山宮へ
  • 第一章 第一節 一 山宮氏と新海社
  • 第一章 第一節 一 肝煎納めの成立
  • 第一章 第一節 二 寛永の総検地 一六
  • 第一章 第一節 二 徳川忠長の入封
  • 第一章 第一節 二 松平忠憲の入封
  • 第一章 第一節 二 忠長領の検地
  • 第一章 第一節 二 新海社領の検地
  • 第一章 第二節 幕府領と甲府徳川領 二四
  • 第一章 第二節 一 傘連判状による百姓の訴願 二四
  • 第一章 第二節 一 幕府領の新設
  • 第一章 第二節 一 傘連判状の訴え
  • 第一章 第二節 一 組支配の実態
  • 第一章 第二節 一 村請制の確立
  • 第一章 第二節 一 幕府領期の神領
  • 第一章 第二節 二 甲府徳川領と館林徳川領 三八
  • 第一章 第二節 二 甲府徳川領
  • 第一章 第二節 二 館林徳川領
  • 第一章 第二節 二 知行地と代官所
  • 第一章 第二節 二 甲府領新田検地
  • 第一章 第二節 三 幕府領の七左衛門訴人検地 四四
  • 第一章 第二節 三 七左衛門の密告
  • 第一章 第二節 三 訴人検地の実態
  • 第一章 第二節 三 新海領の再検地
  • 第一章 第二節 三 板倉領の清川村
  • 第一章 第三節 中後期幕府領と諸領 五四
  • 第一章 第三節 一 中期幕府領の代官支配 五四
  • 第一章 第三節 一 中期幕府領支配
  • 第一章 第三節 一 代官変遷と陣屋
  • 第一章 第三節 二 旗本知行所と大名預り所 五七
  • 第一章 第三節 二 高野町知行所
  • 第一章 第三節 二 松本藩預かり所
  • 第一章 第三節 三 佐久三藩と後期幕府領 六一
  • 第一章 第三節 三 佐久の三大名領
  • 第一章 第三節 三 後期幕府領支配
  • 第二章 田野口領政 六三
  • 第二章 第一節 田野口藩主と家臣 六五
  • 第二章 第一節 一 大給松平氏真次系 六五
  • 第二章 第一節 一 田野口藩
  • 第二章 第一節 一 大給松平氏
  • 第二章 第一節 一 大給松平氏真次系
  • 第二章 第一節 一 歴代の藩主
  • 第二章 第一節 一 大番頭
  • 第二章 第一節 一 大給城
  • 第二章 第一節 二 領地の支配 七二
  • 第二章 第一節 二 参勤交代と歴代藩主
  • 第二章 第一節 二 江戸藩邸
  • 第二章 第一節 二 奥殿陣屋
  • 第二章 第一節 三 家臣たち 七七
  • 第二章 第一節 三 分限帳
  • 第二章 第一節 三 格式と俸禄
  • 第二章 第一節 三 藩の機構
  • 第二章 第一節 三 家臣団
  • 第二章 第一節 三 コラム—歴代藩主の印判
  • 第二章 第二節 佐久郡内領地の成立 八三
  • 第二章 第二節 一 大給松平氏(真次系)の所領 八三
  • 第二章 第二節 一 旗本から大名へ
  • 第二章 第二節 一 三河の所領
  • 第二章 第二節 一 佐久の所領
  • 第二章 第二節 二 田野口陣屋の設置 八七
  • 第二章 第二節 二 三塚陣屋の設置
  • 第二章 第二節 二 田野口藩への陣屋移転
  • 第二章 第二節 二 領内区分
  • 第二章 第三節 藩政の推移 九二
  • 第二章 第三節 一 宝永元年領内法度書 九二
  • 第二章 第三節 一 入封と法度
  • 第二章 第三節 一 法度書の内容
  • 第二章 第三節 一 衣食住の制限
  • 第二章 第三節 二 文化と文政の触書 九四
  • 第二章 第三節 二 文化三年の倹約七ヵ条
  • 第二章 第三節 二 文政一〇年七〇ヵ条
  • 第二章 第三節 三 法度の徹底 九六
  • 第二章 第三節 三 請書の提出
  • 第二章 第三節 三 法度の実施
  • 第二章 第三節 三 法度違反への対応
  • 第二章 第三節 四 藩政の動向 一〇〇
  • 第二章 第三節 四 藩政をめぐる問題点
  • 第二章 第三節 四 享保期の財政対策
  • 第二章 第三節 四 江戸中期の動向
  • 第二章 第三節 四 藩財政の無尽利用
  • 第二章 第三節 四 天明から寛政へ
  • 第二章 第三節 四 文化・文政の動き
  • 第二章 第四節 陣屋による支配 一〇九
  • 第二章 第四節 一 代官による領内統治 一〇九
  • 第二章 第四節 一 田野口陣屋の役人構成
  • 第二章 第四節 一 陣屋における代官の役割
  • 第二章 第四節 一 江戸藩邸との連絡
  • 第二章 第四節 一 陣屋代官と領内の意向
  • 第二章 第四節 一 廻米金納の中止問題
  • 第二章 第四節 二 抱え入れ奉公人 一一三
  • 第二章 第四節 二 陣屋採用の江戸奉公人
  • 第二章 第四節 二 天明三年奥抱の実態
  • 第二章 第四節 二 天保四年の奉公人抱帳
  • 第二章 第四節 二 天保八年の抱入奉公人帳
  • 第二章 第四節 三 割元と郷宿 一一六
  • 第二章 第四節 三 割元の役割
  • 第二章 第四節 三 郷宿の活動
  • 第二章 第五節 幕末期の動向 一一八
  • 第二章 第五節 一 開国への対応 一一八
  • 第二章 第五節 一 乗謨の藩主就任
  • 第二章 第五節 一 歩人組の編成
  • 第二章 第五節 一 非常足軽組の結成と活動
  • 第二章 第五節 二 倹約令と藩財政 一二一
  • 第二章 第五節 二 倹約令と借米
  • 第二章 第五節 二 安政元年の献金・献穀
  • 第二章 第五節 二 藩用金調達
  • 第二章 第五節 三 五稜郭と幕末動乱 一二四
  • 第二章 第五節 三 藩主の昇進
  • 第二章 第五節 三 在所替えと五稜郭建設
  • 第二章 第五節 三 藩主乗謨の若年寄就任
  • 第二章 第五節 三 天狗党襲来と軍制改革
  • 第二章 第五節 三 コラム—函館五稜郭
  • 第二章 第五節 三 陸軍総裁への就任
  • 第二章 第五節 三 龍岡藩の成立と廃止
  • 第二章 第五節 三 コラム—大給恒の書
  • 第三章 村人の生活 一三三
  • 第三章 第一節 村のすがた 一三五
  • 第三章 第一節 一 村政 一三五
  • 第三章 第一節 一 近世の村
  • 第三章 第一節 一 本村と枝郷
  • 第三章 第一節 二 村役人 一三六
  • 第三章 第一節 二 名主・組頭
  • 第三章 第一節 二 百姓代
  • 第三章 第一節 二 臼田村
  • 第三章 第一節 二 勝間村
  • 第三章 第一節 二 中小田切村
  • 第三章 第一節 二 下小田切村
  • 第三章 第一節 二 湯原村
  • 第三章 第一節 二 湯原新田村
  • 第三章 第一節 二 下越村
  • 第三章 第一節 二 上中込村
  • 第三章 第一節 二 清川村
  • 第三章 第一節 二 三分村
  • 第三章 第一節 二 田野口村
  • 第三章 第一節 二 入沢村・平林村
  • 第三章 第一節 二 村役人の仕事
  • 第三章 第一節 二 文書の引き継き
  • 第三章 第一節 二 村定
  • 第三章 第一節 二 会所印
  • 第三章 第一節 三 村の財政 一四九
  • 第三章 第一節 三 村入用帳
  • 第三章 第一節 三 村財政への規制
  • 第三章 第一節 三 清川村の「惣村中使銭帳」
  • 第三章 第一節 三 入沢村の小入用
  • 第三章 第一節 三 上小田切村新田の小入用
  • 第三章 第二節 身分と階層 一五八
  • 第三章 第二節 一 本百姓と抱 一五八
  • 第三章 第二節 一 本百姓
  • 第三章 第二節 一 抱・門屋
  • 第三章 第二節 一 譜代
  • 第三章 第二節 一 抱の動向
  • 第三章 第二節 二 村に住むさまざまな人々 一六一
  • 第三章 第二節 二 職人・宗教者
  • 第三章 第二節 二 浪人
  • 第三章 第三節 被差別部落 一六三
  • 第三章 第三節 一 被差別部落の役割 一六三
  • 第三章 第三節 一 身分による差別
  • 第三章 第三節 一 牢屋の設置
  • 第三章 第三節 一 牢屋の構造
  • 第三章 第三節 一 牢屋の建て替え
  • 第三章 第三節 一 牢守の役割
  • 第三章 第三節 一 牢番の過怠一件
  • 第三章 第三節 一 他の村のようす
  • 第三章 第三節 二 被差別部落の生活 一六六
  • 第三章 第三節 二 菅笠・草履
  • 第三章 第三節 二 竹皮細工
  • 第三章 第三節 二 一把稲
  • 第三章 第三節 二 他村への移住
  • 第三章 第三節 三 差別の強化と抵抗 一六八
  • 第三章 第三節 三 元文の身分差別令
  • 第三章 第三節 三 居住地の規制
  • 第三章 第三節 三 上中込村相撲一件
  • 第三章 第三節 三 差別の強化
  • 第三章 第三節 三 差別に対して
  • 第三章 第四節 家と生活 一七四
  • 第三章 第四節 一 衣食住の変化 一七四
  • 第三章 第四節 一 生活の規制
  • 第三章 第四節 一 盗難品からみた衣服
  • 第三章 第四節 一 髪結い
  • 第三章 第四節 一 食生活
  • 第三章 第四節 一 承応年間の臼田村の家
  • 第三章 第四節 一 家の売買
  • 第三章 第四節 一 茅の売買
  • 第三章 第四節 二 人口・戸数の変化 一七八
  • 第三章 第四節 二 臼田地域の人口・戸数
  • 第三章 第四節 二 入沢村の人口変化
  • 第三章 第四節 二 家族構成
  • 第三章 第四節 二 婚姻圏
  • 第三章 第四節 二 縁組みの手続き
  • 第三章 第四節 二 離縁
  • 第三章 第四節 二 相続
  • 第三章 第四節 三 家と同族団 一八三
  • 第三章 第四節 三 同族団の定書
  • 第三章 第四節 三 家存続にむけて
  • 第三章 第四節 三 名字をめぐる争い
  • 第三章 第四節 三 墓地をめぐって
  • 第三章 第四節 四 村人の一年 一八六
  • 第三章 第四節 四 遊び日の増加
  • 第三章 第四節 四 臼田村の神社祭礼
  • 第三章 第四節 四 稲荷社の祭り芝居
  • 第三章 第四節 四 祭礼の定書
  • 第三章 第四節 四 江戸で購入した芝居装束
  • 第三章 第四節 四 かつらの増加
  • 第三章 第四節 四 祭礼と村
  • 第四章 村人の生業 一九五
  • 第四章 第一節 農業の実際 一九七
  • 第四章 第一節 一 農作物の種類 一九七
  • 第四章 第一節 一 宝永期の農作物
  • 第四章 第一節 一 中小田切村の作物
  • 第四章 第一節 二 稲作 一九八
  • 第四章 第一節 二 品種
  • 第四章 第一節 二 播種量と収量
  • 第四章 第一節 三 田の農事暦 二〇〇
  • 第四章 第一節 三 苗代
  • 第四章 第一節 三 田方植付
  • 第四章 第一節 三 立毛
  • 第四章 第一節 四 畑作 二〇一
  • 第四章 第一節 四 畑作物
  • 第四章 第一節 四 肥料
  • 第四章 第一節 四 焼畑
  • 第四章 第一節 五 馬の飼育 二〇二
  • 第四章 第一節 五 馬毛付帳
  • 第四章 第一節 六 薬用人参栽培 二〇三
  • 第四章 第一節 六 江戸時代の薬
  • 第四章 第一節 六 佐久地方の人参
  • 第四章 第一節 六 田野口領内の人参栽培
  • 第四章 第一節 七 佐久鯉 二〇四
  • 第四章 第一節 七 鯉の養殖
  • 第四章 第二節 水となりわい 二〇七
  • 第四章 第二節 一 用水堰の開削 二〇七
  • 第四章 第二節 一 用水堰の開削
  • 第四章 第二節 一 臼田村の用水
  • 第四章 第二節 一 田野口用水
  • 第四章 第二節 一 新堰の開設と補修
  • 第四章 第二節 二 水をめぐる争い 二〇九
  • 第四章 第二節 二 小山沢堰をめぐる争い
  • 第四章 第二節 二 弘化三年新堰普請出入一件
  • 第四章 第二節 二 高野町村新堰普請出入
  • 第四章 第二節 二 安政七年用水〆切一件
  • 第四章 第二節 三 水車稼ぎ 二一二
  • 第四章 第二節 三 粉挽勘定書
  • 第四章 第二節 三 挽物大福帳
  • 第四章 第二節 三 中小田切村にあった水車
  • 第四章 第二節 三 車屋普請
  • 第四章 第二節 三 盗まれた穀物
  • 第四章 第三節 新田村の成立 二一七
  • 第四章 第三節 一 十二新田 二一七
  • 第四章 第三節 一 十二新田
  • 第四章 第三節 一 開発者佐藤太郎左衛門
  • 第四章 第三節 二 中小田切新田村 二一九
  • 第四章 第三節 二 中小田切新田村
  • 第四章 第四節 山となりわい 二二一
  • 第四章 第四節 一 山のめぐみ 二二一
  • 第四章 第四節 一 林野の利用
  • 第四章 第四節 二 御林 二二二
  • 第四章 第四節 二 田野口藩の御林
  • 第四章 第四節 二 湯原御林
  • 第四章 第四節 三 百姓持林と入会山 二二二
  • 第四章 第四節 三 百姓持林
  • 第四章 第四節 三 上村山
  • 第四章 第四節 三 田野口山
  • 第四章 第四節 四 山論 二二三
  • 第四章 第四節 四 元禄の田野口山論
  • 第四章 第四節 四 正徳の山論
  • 第四章 第四節 四 国境をめぐる争い
  • 第四章 第四節 五 山がもたらす恵み 二二五
  • 第四章 第四節 五 丸山の松茸
  • 第四章 第四節 五 番人と盗難
  • 第四章 第五節 田野口砥石の発掘と販売 二二八
  • 第四章 第五節 一 田野口砥石の採掘 二二八
  • 第四章 第五節 一 砥石の発見
  • 第四章 第五節 一 権利をめぐる争い
  • 第四章 第五節 一 個人による採掘願い
  • 第四章 第五節 一 藩による採掘開始
  • 第四章 第五節 一 採掘にいたるまで
  • 第四章 第五節 一 鉱山経営とその顛末
  • 第四章 第五節 二 砥石の売り捌(さば)き 二三三
  • 第四章 第五節 二 砥石の販売
  • 第四章 第六節 酒の消費と酒造業 二三四
  • 第四章 第六節 一 近世における飲酒の機会 二三四
  • 第四章 第六節 一 与平次家の酒消費
  • 第四章 第六節 一 村の酒宴
  • 第四章 第六節 二 酒の生産 二三五
  • 第四章 第六節 二 村の酒屋
  • 第四章 第六節 二 明細帳に記された酒屋
  • 第四章 第六節 二 酒造株
  • 第四章 第六節 二 臼田村の酒造業
  • 第四章 第六節 二 酒屋の利益
  • 第四章 第六節 二 酒の宣伝
  • 第四章 第六節 二 酒の販路
  • 第四章 第六節 二 原料米の調達
  • 第四章 第七節 商人 二四二
  • 第四章 第七節 一 市と商人 二四二
  • 第四章 第七節 一 商人
  • 第四章 第七節 一 盗難届にみる商品
  • 第四章 第七節 一 入沢村(三条)の呉服太物商
  • 第四章 第七節 一 買物覚
  • 第四章 第七節 一 田野口村中條家の大福帳
  • 第四章 第七節 一 大槌屋
  • 第四章 第七節 一 江戸稼ぎ
  • 第四章 第八節 諸職人 二四八
  • 第四章 第八節 一 主な職人 二四八
  • 第四章 第八節 一 臼田地域の職人
  • 第四章 第八節 一 大工
  • 第四章 第八節 一 陣屋の建設
  • 第四章 第八節 一 盗難にあった紺屋
  • 第四章 第八節 一 紺屋の開業
  • 第四章 第八節 一 呉服商人
  • 第四章 第八節 一 瓦商売
  • 第四章 第八節 一 鍛冶
  • 第四章 第九節 村の金融 二五四
  • 第四章 第九節 一 質屋稼ぎ 二五四
  • 第四章 第九節 一 質株
  • 第四章 第九節 一 質屋のきめごと
  • 第四章 第九節 一 質屋の営業
  • 第四章 第九節 二 無尽 二五六
  • 第四章 第九節 二 無尽の仕組み
  • 第五章 交通の諸相 二五七
  • 第五章 第一節 村の道と峠道 二五九
  • 第五章 第一節 一 村の道 二五九
  • 第五章 第一節 一 絵図にみる村の道
  • 第五章 第一節 一 五人組帳にみる村の道
  • 第五章 第一節 一 領内法度にみる村の道と通行
  • 第五章 第一節 一 村の道の改変と公道意識
  • 第五章 第一節 一 道普請と私道
  • 第五章 第一節 二 山道と峠道 二六四
  • 第五章 第一節 二 入会山への道
  • 第五章 第一節 二 山道の普請
  • 第五章 第一節 二 負担としての山道普請
  • 第五章 第一節 二 田口峠とその周辺
  • 第五章 第一節 二 村明細帳にみる上州道
  • 第五章 第一節 二 諸役免除の歎願にみる上州道
  • 第五章 第一節 二 上州道の普請
  • 第五章 第二節 街道と橋 二七二
  • 第五章 第二節 一 中山道の助郷勤め 二七二
  • 第五章 第二節 一 臼田地域の助郷
  • 第五章 第二節 一 清川村の助郷減免運動
  • 第五章 第二節 一 寛保・延享期の助郷免除運動
  • 第五章 第二節 一 助郷勤めの具体
  • 第五章 第二節 一 姫君の通行
  • 第五章 第二節 二 佐久甲州街道と中馬・手馬 二七九
  • 第五章 第二節 二 佐久甲州街道の成立と中馬
  • 第五章 第二節 二 問屋が定めた附通荷物の賃銭
  • 第五章 第二節 二 佐久郡の馬士が牽いた手馬の数
  • 第五章 第二節 三 街道の橋 二八一
  • 第五章 第二節 三 中山道千曲川往還橋組合
  • 第五章 第二節 三 刎(はね)橋用材の川下げ出入り
  • 第五章 第二節 三 野沢原橋組合
  • 第五章 第二節 四 村の橋 二八五
  • 第五章 第二節 四 臼田橋の利用
  • 第五章 第二節 四 臼田橋の普請
  • 第五章 第二節 四 片貝川に架かる橋
  • 第五章 第二節 四 上中込村の離山橋
  • 第五章 第二節 四 離山橋の普請
  • 第五章 第三節 人の動き 二九四
  • 第五章 第三節 一 田口峠の通行 二九四
  • 第五章 第三節 一 砥沢関所の通行
  • 第五章 第三節 一 田口峠茶屋営業願い
  • 第五章 第三節 一 茶屋主人殺害一件
  • 第五章 第三節 一 事件解決と峠の往来
  • 第五章 第三節 二 人の動きの諸相 二九九
  • 第五章 第三節 二 運輸を担った馬士
  • 第五章 第三節 二 馬背輸送の実際
  • 第五章 第三節 二 村に立ち入った無宿者
  • 第五章 第三節 二 追分宿飯売女きく一件
  • 第五章 第三節 三 旅の諸相 三〇四
  • 第五章 第三節 三 旅の規定
  • 第五章 第三節 三 旅の諸相
  • 第五章 第四節 物の動き 三〇七
  • 第五章 第四節 一 米の輸送 三〇七
  • 第五章 第四節 一 江戸回来
  • 第五章 第四節 一 米の輸送経路
  • 第五章 第四節 一 余剰米の運搬
  • 第五章 第四節 一 年貢米の梱包と運搬
  • 第五章 第四節 二 物資輸送の諸相 三一〇
  • 第五章 第四節 二 薪
  • 第五章 第四節 二 材木
  • 第五章 第四節 二 蚕種
  • 第五章 第四節 二 馬の売買
  • 第五章 第四節 二 馬士と馬
  • 第五章 第四節 二 捨て馬
  • 第五章 第四節 二 馬士と甲州脇往還の問屋・中馬
  • 第五章 第四節 二 千曲川東通りと西通りの争い
  • 第五章 第四節 二 村人の上京と所持品
  • 第六章 上信交易のあゆみ 三一九
  • 第六章 第一節 上信交易の始まり 三二一
  • 第六章 第一節 一 上信を結ぶ峠道 三二一
  • 第六章 第一節 一 上信を結ぶ峠道
  • 第六章 第一節 一 上信交易の特質
  • 第六章 第一節 二 佐久地域の動向 三二三
  • 第六章 第一節 二 年貢の金納
  • 第六章 第一節 二 野沢市場の誕生
  • 第六章 第一節 二 臼田村米市場の設立計画
  • 第六章 第一節 二 臼田村米市場の誕生と挫折
  • 第六章 第一節 三 西上州の動向 三二八
  • 第六章 第一節 三 「上野砥」の採掘と鉱山労働者
  • 第六章 第一節 三 高崎町の信州米問屋
  • 第六章 第一節 三 間部詮房の時代
  • 第六章 第二節 天明期の上信交易 三三二
  • 第六章 第二節 一 絹運上の取立と浅間山の爆発 三三二
  • 第六章 第二節 一 養蚕業の量的・質的拡大
  • 第六章 第二節 一 絹運上反対一揆
  • 第六章 第二節 一 天明の浅間焼け
  • 第六章 第二節 一 「梵天騒動」(国越騒動)
  • 第六章 第二節 二 新しい米市場の誕生 三四〇
  • 第六章 第二節 二 天明五年(一七八五)の論争
  • 第六章 第二節 二 天明七年(一七八七)の論争
  • 第六章 第二節 二 寛政八年(一七九六)の論争
  • 第六章 第二節 二 白井米市場の動向
  • 第六章 第三節 凶作下の上信交易 三五三
  • 第六章 第三節 一 文政八年の凶作 三五三
  • 第六章 第三節 一 文政の凶作
  • 第六章 第三節 一 下仁田打ちこわし
  • 第六章 第三節 一 米移出路の確保
  • 第六章 第三節 二 天保の凶作と米の移出 三五七
  • 第六章 第三節 二 凶作への対応
  • 第六章 第三節 二 米移出日の設定
  • 第六章 第四節 幕末・維新期の上信交易 三六六
  • 第六章 第四節 一 幕末期の動向 三六六
  • 第六章 第四節 一 鏑(かぶら)川水運の再開
  • 第六章 第四節 一 吾妻川水運
  • 第六章 第四節 一 八郡新道開削計画
  • 第六章 第四節 一 鬼石市場の改革闘争
  • 第六章 第四節 一 武州世直し一揆
  • 第六章 第四節 二 明治維新期の上信交易 三七一
  • 第六章 第四節 二 西上州世直し一揆
  • 第六章 第四節 二 内山峠越え
  • 第六章 第四節 二 「教談書」の交付
  • 第六章 第四節 二 内山村相立の会議
  • 第六章 第四節 二 議定書の交換
  • 第六章 第四節 二 「示談」の政策的昇華
  • 第六章 第四節 二 「上州出来世話人」の任命
  • 第六章 第四節 三 上信交易の終焉 三八二
  • 第六章 第四節 三 佐久と下仁田両問屋の相談
  • 第七章 災害と騒動 三八三
  • 第七章 第一節 前期・中期の災害 三八五
  • 第七章 第一節 一 年貢高の変動 三八五
  • 第七章 第一節 一 災害と年貢高の変動
  • 第七章 第一節 一 田野口領の年貢高
  • 第七章 第一節 二 不作と飢饉 三八八
  • 第七章 第一節 二 寛永期の飢饉
  • 第七章 第一節 二 延宝期の飢饉
  • 第七章 第一節 二 元禄期の飢饉
  • 第七章 第一節 二 享保期の飢饉
  • 第七章 第二節 後期の災害 三九四
  • 第七章 第二節 一 戌の満水 三九四
  • 第七章 第二節 一 千曲川水系の被害状況
  • 第七章 第二節 一 臼田地域の被害
  • 第七章 第二節 一 下越村の被害
  • 第七章 第二節 二 浅間山の噴火 四〇〇
  • 第七章 第二節 二 浅間大焼け
  • 第七章 第二節 二 被災の状況
  • 第七章 第二節 二 天明の飢饉
  • 第七章 第二節 三 化政期・天保期の飢饉 四〇七
  • 第七章 第二節 三 化政期の凶作
  • 第七章 第二節 三 天保の飢饉
  • 第七章 第二節 三 田野口藩の対応
  • 第七章 第三節 騒動の広がり 四一四
  • 第七章 第三節 一 宝暦騒動 四一四
  • 第七章 第三節 一 村の訴願から領内への拡大
  • 第七章 第三節 一 小百姓の要求と回答
  • 第七章 第三節 一 吟味・仕置と騒動の影響
  • 第七章 第三節 二 天明の上信打ちこわし 四二一
  • 第七章 第三節 二 打ち続く災害
  • 第七章 第三節 二 打ちこわしの発生と動き
  • 第七章 第三節 二 打ちこわし勢の解体と影響
  • 第七章 第三節 三 田野口領の投訴騒動 四二五
  • 第七章 第三節 三 投訴の経過
  • 第七章 第三節 三 訴人の追及
  • 第七章 第三節 三 前嶋発多
  • 第七章 第三節 四 村方騒動 四三一
  • 第七章 第三節 四 百姓代の成立
  • 第七章 第三節 四 臼田村の分け組騒動
  • 第七章 第三節 四 村役人の交代
  • 第七章 第四節 世直しを求めて 四三六
  • 第七章 第四節 一 動揺する政治 四三六
  • 第七章 第四節 一 幕領の「取締役」
  • 第七章 第四節 一 各藩の財政窮乏
  • 第七章 第四節 一 繰り返される触
  • 第七章 第四節 二 世直し騒動 四四〇
  • 第七章 第四節 二 災害と村々の衰微
  • 第七章 第四節 二 貯穀政策
  • 第七章 第四節 二 民衆の抵抗
  • 第七章 第四節 二 世直し騒動
  • 第八章 教育と文化 四四七
  • 第八章 第一節 信仰と祭礼 四四九
  • 第八章 第一節 一 村の神々 四四九
  • 第八章 第一節 一 村の寺社
  • 第八章 第一節 一 臼田の諏訪社
  • 第八章 第一節 一 城山の稲荷社
  • 第八章 第一節 二 新海神社と祭礼 四五二
  • 第八章 第一節 二 新海三社神社
  • 第八章 第一節 二 新海神社祭礼と神職
  • 第八章 第一節 三 伊勢信仰のひろがり 四五五
  • 第八章 第一節 三 伊勢信仰と御師
  • 第八章 第一節 三 伊勢講のひろがり
  • 第八章 第一節 三 伊勢参りと抜けまいり
  • 第八章 第一節 三 伊勢参宮記録
  • 第八章 第一節 三 神々の勧請
  • 第八章 第一節 三 三番叟と地芝居・相撲
  • 第八章 第一節 四 仏教と民衆 四六一
  • 第八章 第一節 四 寺と檀家
  • 第八章 第一節 四 黄檗宗寺院と潮音
  • 第八章 第一節 四 潮音禅師
  • 第八章 第一節 四 観音霊場めぐり
  • 第八章 第一節 四 念仏講・庚申講
  • 第八章 第一節 四 諸山参詣と先達
  • 第八章 第一節 五 相沢寺面と女人信仰 四七〇
  • 第八章 第一節 五 仏像の種類
  • 第八章 第一節 五 面といのり
  • 第八章 第一節 五 相沢寺面の調査
  • 第八章 第一節 五 行動面について
  • 第八章 第一節 五 近世の女人信仰
  • 第八章 第一節 五 四拾八面佛開帳
  • 第八章 第二節 医薬と民衆 四七六
  • 第八章 第二節 一 医薬の普及 四七六
  • 第八章 第二節 一 さまざまな病気
  • 第八章 第二節 一 豪農瀬下家にみる病気と医療
  • 第八章 第二節 一 医療への関心のたかまり
  • 第八章 第二節 一 けさの病気と見舞帳
  • 第八章 第二節 一 文久二年ころり大流行
  • 第八章 第二節 一 医師の増加
  • 第八章 第二節 二 西洋医学の浸透 四八三
  • 第八章 第二節 二 小林文素と解体人形
  • 第八章 第二節 二 解体人形の謎
  • 第八章 第二節 二 疱瘡儀礼
  • 第八章 第二節 二 種痘の開始
  • 第八章 第三節 教育文化 四八九
  • 第八章 第三節 一 文書主義と寺子屋 四八九
  • 第八章 第三節 一 文書による支配
  • 第八章 第三節 一 元禄期の手習い師匠
  • 第八章 第三節 一 寺子屋師匠と筆塚
  • 第八章 第三節 一 手習いの実態
  • 第八章 第三節 一 藩学尚友館
  • 第八章 第三節 一 藩主の好学
  • 第八章 第三節 二 諸学のひろがり 四九六
  • 第八章 第三節 二 心学のひろがり
  • 第八章 第三節 二 成章舎の成立
  • 第八章 第三節 二 郷土史への関心
  • 第八章 第三節 二 『薫猶同器集』にみる臼田の文人
  • 第八章 第三節 二 禅昌寺の算額
  • 第八章 第三節 三 庶民文芸と芸術 五〇一
  • 第八章 第三節 三 玉芝・鶏山と臼田の俳諧
  • 第八章 第三節 三 相沢月邦と山下白峯
  • 第八章 第三節 三 花道の流行
  • 第八章 第三節 四 村絵師中沢(北村)玉隆 五〇六
  • 第八章 第三節 四 在村の絵師
  • 第八章 第三節 四 『生界世禄』について
  • 第八章 第三節 四 制作の記録
  • 第八章 第三節 四 免状など
  • 第八章 第三節 四 中沢玉隆の作品
  • 第八章 第三節 四 長野市若穂保科廣徳寺の天井画
  • 引用・参考文献
  • 臼田町誌刊行会委員名簿
  • 臼田町誌近世編編纂委員・執筆者名簿
  • 写真、資料等協力者名簿
  • 臼田町誌編纂事務局
  • あとがき 尾崎行也
  • 付図 文久二年一一月一七日 佐久郡田野口村略絵図

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで