サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

電機メーカーの研究開発投資動向調査 : 連結売上高上位100社の研究開発投資状況分析と優良企業事例研究 2008

名古屋マーケティング本部 調査・編集

詳細情報

タイトル 電機メーカーの研究開発投資動向調査 : 連結売上高上位100社の研究開発投資状況分析と優良企業事例研究
著者 名古屋マーケティング本部 調査・編集
著者標目 富士経済
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社富士経済
出版年 2007
大きさ、容量等 284p ; 30cm
ISBN 9784834910308
価格 98000円
JP番号 21497264
巻次 2008
出版年月日等 2007.9
件名(キーワード) 電気機械・器具工業--日本
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DL471
NDC(9版) 542.09 : 電気機器
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 電機メーカーの研究開発投資動向調査 : 連結売上高上位100社の研究開発投資状況分析と優良企業事例研究. 2008
  • 目次(その1)
  • A. 総合分析編電機産業は2007年—2010年に質的・量的にどのように変化していくのか、優良企業20社の比較分析と連結売上高上位100社の研究開発投資状況について調査・分析する。 (1)
  • A. 1. 電機産業の2007年—2010年の方向性 (3)
  • A. 2. 優良企業20社の比較分析 (4)
  • A. 2. 1) 研究開発体制のパターンと特色 (4)
  • A. 2. 2) 研究開発投資状況の傾向 (12)
  • A. 2. 2) (1) 研究開発費・R&D人員推移 (12)
  • A. 2. 2) (2) 公開特許件数推移 (16)
  • A. 2. 2) (3) 大卒者採用人員推移 (17)
  • A. 2. 3) 研究開発テーマのトレンド (18)
  • A. 2. 4) 産学連携活動状況一覧 (20)
  • A. 2. 5) 研究開発部門の課題と対応策 (23)
  • A. 3. 連結売上高上位100社の研究開発投資状況分析 (30)
  • A. 3. 1) 研究開発費ランキング (30)
  • A. 3. 1) (1) ベーシックデータ (30)
  • A. 3. 1) (2) セグメント別研究開発費 (35)
  • A. 3. 1) (3) 研究開発費順 (43)
  • A. 3. 1) (4) 研究開発費伸び率順 (44)
  • A. 3. 1) (5) 売上高に占める研究開発費比率順 (45)
  • A. 3. 2) 平均年収ランキング (46)
  • A. 3. 3) 大卒技術者採用人員推移 (48)
  • A. 3. 4) 公開特許件数ランキング (50)
  • A. 3. 5) 公開特許分野別出願件数一覧上位10テーマ (52)
  • A. 3. 6) 連結売上高上位100社のポジショニング (69)
  • 目次(その2)
  • B. 優良企業事例研究編2006年度1人当たりの営業利益300万円以上の企業20社を中心に、中期経営計画の内容、研究開発体制、研究開発投資状況、最近の研究開発成果等について調査を実施する。 (71)
  • B. 連結売上高1兆円以上企業 (73)
  • B. 1. 研究機能を本社に集約し、次世代ディスプレイやバイオ等の研究を推進する キヤノン(株) (75)
  • B. 2. 「東大シャープラボ」の設置等、オープンイノベーションを推進し、オンリーワン技術の研究開発に取り組む シャープ(株) (89)
  • B. 3. 経営戦略に基づき、事業戦略・開発戦略・知財戦略と融合した研究開発を推進する 三菱電機(株) (101)
  • B. 4. 5つの戦略事業にグループ内経営資源を活用して拡大を狙う 京セラ(株) (115)
  • B. 5. 2007年度から3年間で1兆8,000億円を投資して成長事業、先行重点テーマ、キーデバイス開発にリソースを集中する 松下電器産業(株) (124)
  • B. 連結売上高5,000億円〜1兆円未満企業 (137)
  • B. 6. R&D拠点を拡充し、国内外からの有望技術の発掘活動を推進する 東京エレクトロン(株) (139)
  • B. 7. 独自の研究開発システム(STEP/TRM/SMPD)が「技術の垂直統合と水平展開」を可能にしている (株)村田製作所 (149)
  • B. 8. 「小型・軽量・薄型・省電力」の明確な事業コンセプトが効率的なR&D投資を可能にしている カシオ計算機(株) (158)
  • B. 9. 国内外拠点における将来技術の確立と研究テーマのブラッシュアップに重点を置く オムロン(株) (167)
  • B. 10. '06〜'08年の3年間で研究開発に1,000億円を投資する 富士電機ホールディングス(株) (176)
  • B. 連結売上高3,000億円〜5,000億円未満企業 (189)
  • B. 11. 全社員の3分の1が研究開発に携わるR&D重視型企業 ファナック(株) (191)
  • B. 12. プロセス技術センターの新設など3ヶ年で約300円の設備投資をする 大日本スクリーン製造(株) (199)
  • B. 13. 長期研究テーマを探索する東京研究所を新設し新事業育成に乗り出す イビデン(株) (208)
  • B. 14. 2006年にシーズ探索拠点としてつくば研究所を再開した (株)安川電機 (217)
  • B. 15. 研究開発センターで創出した技術を新規事業に横展開する スタンレー電気(株) (226)
  • B. 連結売上高1,000億円〜3,000億円未満企業 (235)
  • B. 16. もののつくり方を変え、より付加価値の高い製品でFA業界をリードする (株)キーエンス (237)
  • B. 17. SoCテスターの標準化戦略を推進するため米国R&D拠点を強化した (株)アドバンテスト (246)
  • B. 18. 人材育成で今後の技術開発展開を見極める (株)メルコホールディングス (256)
  • B. 連結売上高1,000億円未満企業 (265)
  • B. 19. 2007年に25億円かけ研究開発棟を新設した (株)ナナオ (267)
  • B. 20. 新しい知識を生み出す人材に、充実した研究環境を作る 浜松ホトニクス(株) (276)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで