サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

葛城の行事と暮らし

葛城市民話編集委員会 編

詳細情報

タイトル 葛城の行事と暮らし
著者 葛城市民話編集委員会 編
著者標目 葛城市立図書館
出版地(国名コード) JP
出版地葛城
出版社葛城市立図書館
出版年 2008
大きさ、容量等 290p ; 30cm
注記 年表あり
注記 文献あり
ISBN 9784990387112
JP番号 21486689
出版年月日等 2008.2
件名(キーワード) 葛城市--風俗・習慣
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC176
NDC(9版) 382.165 : 風俗史.民俗誌.民族誌
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 葛城の行事と暮らし
  • 目次
  • ご挨拶 葛城市長 吉川義彦
  • 発刊にあたって 葛城市立新庄図書館長 池田雅直
  • 凡例
  • 「I」 葛城市の変遷
  • 「I」 私たちのまち、葛城市ができるまで 2
  • 「I」 新庄町の歩み
  • 「I」 當麻町の歩み
  • 「I」 葛城市の誕生
  • 「I」 葛城市の変遷
  • 「II」 葛城の年中行事
  • 「II」 年中行事カレンダー 6
  • 「II」 正月の行事 8
  • 「II」 初詣
  • 「II」 初日の出
  • 「II」 元旦のごちそう
  • 「II」 甘酒の行事
  • 「II」 小正月
  • 「II」 葛城市内のトンドいろいろ
  • 「II」 葛木坐火雷神社(笛吹神社)の初詣奉納演奏
  • 「II」 新町のトンド
  • 「II」 二月の行事 12
  • 「II」 節分
  • 「II」 新暦と旧暦
  • 「II」 初午
  • 「II」 初午祭り
  • 「II」 寒(施)行
  • 「II」 稲荷下げ
  • 「II」 厄除けの餅つき
  • 「II」 孝女伊麻追善法要 16
  • 「II」 孝女伊麻
  • 「II」 孝女伊麻追善法要
  • 「II」 伊麻と芭蕉
  • 「II」 おんだ祭 18
  • 「II」 諸鍬神社
  • 「II」 葛木坐火雷神社(笛吹神社)
  • 「II」 長尾神社
  • 「II」 調田坐一事尼古神社
  • 「II」 葛木倭文坐天羽雷命神社
  • 「II」 當麻山口神社
  • 「II」 神事の農具
  • 「II」 春の行事 22
  • 「II」 岳のぼり
  • 「II」 新町の金毘羅さん
  • 「II」 兵家の金毘羅さん
  • 「II」 金毘羅さん
  • 「II」 影現寺・柿本神社のチンポンカンポン祭
  • 「II」 人麻呂塚と真済の塚
  • 「II」 置恩寺の薬師お会式
  • 「II」 高雄寺の薬師会
  • 「II」 行者さん 26
  • 「II」 行者祭り
  • 「II」 行者さん
  • 「II」 行者さんの祭り
  • 「II」 葛城と役行者
  • 「II」 當麻寺練供養—レンゾ— 28
  • 「II」 當麻寺練供養
  • 「II」 練り初め
  • 「II」 練供養の準備—護念院—
  • 「II」 農家の休息
  • 「II」 参道沿いのにぎわい
  • 「II」 牡丹の造花
  • 「II」 練供養会式の流れ
  • 「II」 練供養会式(往路)(復路)
  • 「II」 海積神社のボロソと伝説 34
  • 「II」 ボロソ
  • 「II」 農業の行事 35
  • 「II」 さなぶり
  • 「II」 雨喜び・毛がけ喜び
  • 「II」 半夏生と小麦餅
  • 「II」 八朔
  • 「II」 宮ごもり
  • 「II」 七夕祭り 38
  • 「II」 棚機神社の七夕祭り
  • 「II」 太神宮さんのお祭り 40
  • 「II」 太神宮
  • 「II」 太神宮さんのお祭り
  • 「II」 街道と太神宮
  • 「II」 葛城の夏祭り 42
  • 「II」 夏祭り
  • 「II」 葛城市納涼花火大会
  • 「II」 四天王寺さん
  • 「II」 葛木坐火雷神社(笛吹神社)の夏越祭
  • 「II」 天道御供 45
  • 「II」 八幡神社の天道御供
  • 「II」 春日神社の天道御供
  • 「II」 甘酒供養
  • 「II」 蹶速法要 47
  • 「II」 追善法要
  • 「II」 わんぱく相撲大会
  • 「II」 蹶速塚のいわれ
  • 「II」 葛城市出身の力士たち
  • 「II」 地蔵祭・地蔵盆 50
  • 「II」 地蔵祭・地蔵盆
  • 「II」 北花内の地蔵祭
  • 「II」 閻魔堂の地蔵盆
  • 「II」 いろいろなお地蔵さん
  • 「II」 天神講(當麻六十人講) 57
  • 「II」 講
  • 「II」 葛城の講
  • 「II」 ドウロクさん 62
  • 「II」 道陸神・道祖神
  • 「II」 大日如来祭 63
  • 「II」 傘堂のセガキ 64
  • 「II」 絵馬講 66
  • 「II」 三十六歌仙図絵馬
  • 「II」 葛城に残る絵馬
  • 「II」 秋祭り 69
  • 「II」 忍海の秋祭り(角刺神社例祭)
  • 「II」 飯豊女王
  • 「II」 お渡り
  • 「II」 長尾の秋祭り(厳島神社秋祭り)
  • 「II」 お神楽
  • 「II」 だんじりの話
  • 「II」 綿弓芭蕉忌法要 74
  • 「II」 竹内と芭蕉
  • 「II」 苗村千里
  • 「II」 綿弓
  • 「II」 冬の行事 76
  • 「II」 葛木坐火雷神社(笛吹神社)の鎮火祭
  • 「II」 「石川五右衛門」の札はり
  • 「II」 おハットさん
  • 「II」 大晦日
  • 「III」 村のくらし
  • 「III」 葛城の生業(なりわい) 80
  • 「III」 葛城地域の概観
  • 「III」 農業中心の暮らし
  • 「III」 土地制度の変遷
  • 「III」 地租改正
  • 「III」 地方制度の整備
  • 「III」 地主と小作…米騒動、小作争議
  • 「III」 農地解放
  • 「III」 戦後農業の変化と近郊農業の課題
  • 「III」 人口、就業構造の変化
  • 「III」 宅地開発と工場誘致
  • 「III」 生業の多様化と地域の暮らし
  • 「III」 「水」はすべての源—ため池、水利慣行にみる村のしきたり 93
  • 「III」 気候風土
  • 「III」 地理的条件
  • 「III」 歴史の中であみだされた水利慣行—ため池と川水
  • 「III」 兄川
  • 「III」 寺口の水利慣行
  • 「III」 太田川と岩谷川の水利
  • 「III」 大畑周辺の水利慣行
  • 「III」 村々の取決め
  • 「III」 水をめぐる争いと努力
  • 「III」 傘堂と大池
  • 「III」 水争いと日焼け—竹内、當麻、長尾、八川など
  • 「III」 弁之庄と北道穂「一滴分水」
  • 「III」 水車(すいしゃ)
  • 「III」 少ない水を生かす農業—田畑輪換農法
  • 「III」 稲作の一年
  • 「III」 吉野川分水
  • 「III」 水と稲と私たちの暮らし
  • 「III」 暮らしをささえた産業
  • 「III」 大和もめん 112
  • 「III」 大和もめん、綿花栽培(綿作)
  • 「III」 手仕事時代の綿織物業
  • 「III」 大和絣
  • 「III」 綿紡績からメリヤス・靴下産業へ
  • 「III」 養蚕 115
  • 「III」 養蚕の歴史
  • 「III」 蚕の一生
  • 「III」 奈良県の養蚕
  • 「III」 大和スイカ、ショウガ 117
  • 「III」 大和スイカの誕生
  • 「III」 戦後の状況
  • 「III」 ショウガ
  • 「III」 菊 119
  • 「III」 菊の栽培
  • 「III」 菊栽培技術の進化
  • 「III」 出荷体制
  • 「III」 二輪菊
  • 「III」 酪農 122
  • 「III」 葛城市の酪農
  • 「III」 酪農家の生活
  • 「III」 消えてしまった地場産業—金剛砂採掘・人造真珠— 124
  • 「III」 金剛砂採掘
  • 「III」 人造真珠の製造
  • 「III」 古くから伝わる産業
  • 「III」 牡丹・陀羅尼助 126
  • 「III」 牡丹
  • 「III」 石光寺の寒牡丹
  • 「III」 陀羅尼助
  • 「III」 當麻寺中之坊の製法
  • 「III」 配置売薬 132
  • 「III」 大和売薬
  • 「III」 配置薬販売員(売薬を行う人)
  • 「III」 葛城市における配置薬販売員の推移
  • 「III」 醸造 135
  • 「III」 酒造りは水と米と蔵人から
  • 「III」 酒造りをめぐる制度
  • 「III」 酒造りのメカニズムと醸造技術の活用
  • 「III」 昔も今も酒造りはリサイクル
  • 「III」 地方の気候・風土・歴史・文化を地酒に詰め込んで
  • 「III」 街道 140
  • 「III」 竹内街道
  • 「III」 宿場町としての竹内
  • 「III」 竹内の宿場図
  • 「III」 竹内のみそぎ観音
  • 「III」 竹内街道と道標
  • 「III」 當麻寺門前
  • 「III」 長尾街道・下市街道(高野街道)
  • 「III」 新庄かいわい
  • 「III」 下街道
  • 「III」 下市街道(高野街道)と道標
  • 「III」 交通の歴史 145
  • 「III」 人力車・乗合馬車
  • 「III」 鉄道
  • 「III」 バス路線
  • 「III」 通信—郵便と電話—の歴史 148
  • 「III」 ちょっと昔の人々の暮らし 150
  • 「III」 広い敷地に平屋建て
  • 「III」 大和棟の民家
  • 「III」 家の中の特徴
  • 「III」 家の掃除
  • 「III」 洗濯
  • 「III」 風呂
  • 「III」 井戸水の利用
  • 「III」 かまど
  • 「III」 柴・焚き木
  • 「III」 暖房
  • 「III」 冷房
  • 「III」 照明
  • 「III」 トイレ
  • 「III」 寝具と手入れ
  • 「III」 昔の服装
  • 「III」 戦時中の服装
  • 「III」 終戦後の服装
  • 「III」 変化した服装
  • 「III」 農作業や山仕事の服装
  • 「III」 着物の仕立てと手入れ
  • 「III」 歴史を感じる葛城市の街並 161
  • 「III」 歴史に彩られた竹内街道と竹内の集落
  • 「III」 當麻寺と門前の街並
  • 「III」 近世の陣屋町が残る新庄の街並
  • 「III」 環濠集落が明らかになった笛堂地区
  • 「III」 葛城地方の郷土食・行事食 172
  • 「III」 葛城地方の郷土食(春・夏・秋・冬・山野草など)
  • 「III」 昔の人々の知恵とぬくもりが伝わるおやつ
  • 「III」 伝えていこう〜ふるさと葛城の行事食〜
  • 「III」 幻となった郷土食〜街道筋の名物〜
  • 「III」 昔は食べた池や川・田んぼや野の生物
  • 「III」 収穫した農産物と交換したり、加工してもらった食材および乾物等
  • 「III」 餅はおもしろい
  • 「III」 郷土食まとめ
  • 「III」 人生儀礼—産育、婚姻、弔い 180
  • 「III」 産育の習俗—出産と子どもの成長
  • 「III」 婚姻の習俗
  • 「III」 お見合いと結納の習俗‥扇子と盃の作法
  • 「III」 お見合い・結納・婚礼荷物の習俗
  • 「III」 嫁入りの荷物
  • 「III」 花がえり
  • 「III」 一夜帰り
  • 「III」 よびぞめ(馳び初め)
  • 「III」 弔いの習俗
  • 「III」 葬儀の習俗
  • 「III」 人生儀礼の変化と私たち
  • 「III」 村の診療所 195
  • 「III」 人生五〇年の時代
  • 「III」 保健医療のあけぼの
  • 「III」 戦中から戦後復興期にかけて
  • 「III」 村に診療所ができた
  • 「III」 當麻村診療所の思い出
  • 「III」 長寿の時代へ
  • 「III」 「農村保健の変貌」—磐城村診療所の活動から
  • 「III」 村の青年たち—青年団活動から生涯学習の時代へ 199
  • 「III」 若者組の消滅と青年団のはじまり
  • 「III」 大正から昭和初期にかけて
  • 「III」 戦争へと向かう青年団・女子青年団
  • 「III」 農業学校、裁縫学校
  • 「III」 戦後の青年団活動
  • 「III」 生涯学習の時代へ
  • 「III」 なつかしい村の娯楽 203
  • 「III」 祭りや縁日は楽しみの日
  • 「III」 伊勢太神楽
  • 「III」 のぞきからくり(覗き絵)
  • 「III」 なつかしい芝居小屋、映画会、盆踊り
  • 「III」 無声映画
  • 「III」 相撲の風景
  • 「III」 力石で力比べ
  • 「IV」 子どもの生活誌
  • 「IV」 学校教育 210
  • 「IV」 明治の教育
  • 「IV」 大正の教育
  • 「IV」 昭和の教育
  • 「IV」 戦後教育と葛城市内の学校 215
  • 「IV」 学習指導要領に見る戦後教育の流れ
  • 「IV」 葛城市内の学校
  • 「IV」 新庄小学校
  • 「IV」 忍海小学校
  • 「IV」 新庄北小学校
  • 「IV」 磐城小学校
  • 「IV」 當麻小学校
  • 「IV」 新庄中学校
  • 「IV」 白鳳中学校
  • 「IV」 保育所(園)・幼稚園について 230
  • 「IV」 保育所(園)・幼稚園の始まり
  • 「IV」 葛城市の保育所(園)・幼稚園の成り立ち
  • 「IV」 昭和二〇年〜昭和三〇年代の公立・私立保育所(園)の様子
  • 「IV」 保育所(園)の変化と市立幼稚園の成り立ち
  • 「IV」 保育に対する温かなまなざし
  • 「IV」 葛城市の保育所(園)・幼稚園の変遷
  • 「IV」 遊びと手伝い 236
  • 「IV」 昭和の初めごろ
  • 「IV」 昭和一〇年〜昭和二〇年代
  • 「IV」 昭和三〇年〜昭和四〇年代
  • 「IV」 正月の遊び
  • 「IV」 わらべうた 241
  • 「IV」 おいっこ(お手玉・おじゃみ・てんちゃん)のうた
  • 「IV」 まりつきうた
  • 「IV」 ことば遊びうた
  • 「IV」 手遊びうた
  • 「IV」 なわとびうた
  • 「IV」 鬼決めうた
  • 「IV」 鬼遊びうた
  • 「IV」 ジャンケンうた
  • 「V」 戦争・災害・郷土の人々
  • 「V」 戦争体験 248
  • 「V」 銃後のくらし
  • 「V」 空襲
  • 「V」 学徒動員
  • 「V」 学童疎開
  • 「V」 戦地
  • 「V」 災害 254
  • 「V」 二上山地震
  • 「V」 二上山の山火事
  • 「V」 台風
  • 「V」 郷土の人々 259
  • 「V」 柿本人麻呂
  • 「V」 大伯皇女と大津皇子
  • 「V」 源信(恵心僧都)
  • 「V」 司馬遼太郎
  • 「V」 前川佐美雄
  • 「V」 熨斗久兵衛
  • 「V」 堤九平
  • 「V」 前川佐美雄
  • 「V」 歌碑マップ
  • 「V」 『中将姫一代記』に見る姫の生涯
  • 「V」 大字名の由来 267
  • 「V」 旧新庄町の大字
  • 「V」 旧當麻町の大字
  • 「V」 現代も使われる地域名
  • 「V」 葛城市の大字地図
  • 葛城市の人口・木・花・鳥・市章 277
  • 聞き書き協力者 278
  • 取材協力者 279
  • 協力機関 279
  • 執筆担当者一覧 280
  • 参考資料一覧 281
  • 解説 288

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで