サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

食糧危機対策:マーケティング調査資料 : 新しい価値観による商品開発・事業展開のマーケティング・チャンス!

ナビリー株式会社 企画・調査・編集

詳細情報

タイトル 食糧危機対策:マーケティング調査資料 : 新しい価値観による商品開発・事業展開のマーケティング・チャンス!
著者 ナビリー株式会社 企画・調査・編集
著者標目 ナビリー株式会社
シリーズ名 Nabiry-report
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社ナビリー
出版年 2008
大きさ、容量等 116枚 ; 30cm
価格 80000円
JP番号 21496396
出版年月日等 2008.9
件名(キーワード) 食品工業--日本
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 農業経済
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 食生活--日本
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) マーケティング
NDLC DL681
NDC(9版) 588.09 : 食品工業
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 食糧危機対策:マーケティング調査資料 : 新しい価値観による商品開発・事業展開のマーケティング・チャンス!
  • 『NABIRY-Report』食糧危機対策:マーケティング調査資料新しい価値観による商品開発・事業展開のマーケティング・チャンス!目次
  • はじめに 4
  • 調査の目的と調査方法・調査期間 5
  • 第I章. 食糧危機の実態 7
  • 第I章. 1. 世界の人口増加と工業的産業構造が食糧危機を助長 8
  • 第I章. 1. ・世界では、食糧不足暴動が起こり、飢餓難民が続出している
  • 第I章. 2. 日本の食糧自給率低下は、食糧危機に招く 9
  • 第I章. 2. ・現在の食糧自給率40%は、やがて食糧危機が訪れる
  • 第I章. 3. 食品に関する産地偽装・賞味期限改変・食品添加物不正使用・品質表示不備などの実態 14
  • 第I章. 3. ・発生の実態と原因を明らかにする
  • 第I章. 4. 日本の食文化は、グローバル化している 15
  • 第I章. 4. ・日本の食文化は、若い世代ほどグローバル化している。
  • 第I章. 5. 各分野の主要企業の実態:調査…既に始まっている食糧危機対策の取り組み実態 16
  • 第I章. 5. ・主力商社の実態…精力的に取り組んでいる
  • 第I章. 5. ・主要食品企業の実態…各社各様の食糧危機対策を進めている
  • 第I章. 5. ・主な小売販売会社の実態…自ら農産物などの生産への取り組みを始めている
  • 第I章. 5. ・農業生産者の取り組み実態…食糧危機へ取り組み派と事業悪化から撤退派に分かれる
  • 第I章. 5. ・漁業企業の実態…自社船舶による捕獲を積極化して、水産物の確保を進めている
  • 第I章. 6. 世界の食糧事情:世界食糧計画(WFP)は、食糧危機は“音のない津波”と警告している 23
  • 第I章. 6. ・人口増加は続いており、地球温暖化も進み、食糧危機は除々に進行している
  • 第I章. 7. 世界の国々が抱えている水源確保、大気汚染などの環境、原油高騰、などの問題と課題 25
  • 第I章. 7. ・この食糧危機は一過性ではなく、その解決への取り組みの岐路にある
  • 第II章. 人々の健康意識と健康な身体の仕組み 26
  • 第II章. 1. 人々の健康への意識:調査(109名/2008年5月) 26
  • 第II章. 1. ・消費者の欲しい商品は、健康飲料・湧き水・健康食品・健康増進食品・等である
  • 第II章. 2. 1980年代より健康にかかわる商品開発が多くなっている 29
  • 第II章. 2. ・この時期より生活が向上して肥満が増大し、健康指向が高まった
  • 第II章. 3. 今後は、健康な身体の仕組みを促す商品開発が主流になる 31
  • 第II章. 3. ・正常な細胞活動になる商品開発と事業展開が求められている
  • 第II章. 参考資料 32
  • 第III章. 食品素材の成分と機能 35
  • 第III章. 1. 栄養素の特性と価値 35
  • 第III章. 1. ・人間に必要な栄養素は、自然物をバランスよい摂初である
  • 第III章. 2. 野菜・果物・魚類・肉類に含めれる成分と作用効能を把握する 37
  • 第III章. 2. ・農産物や海産物には摂取が必要なアミノ酸やミネラルが含めれている
  • 第III章. 3. 人間の生息と健康には必要な仕組みがある 40
  • 第III章. 3. ・人間に必要な栄養成分は、自然からすべてが供給される仕組みになっている
  • 第III章. 参考資料 41
  • 第IV章. 農産物のマーケティング実態 43
  • 第IV章. 1. 農産物への消費者の期待:調査(108名/2008年6月) 43
  • 第IV章. 1. ・消費者は、日本の農産物を信頼しているが、問題が出た農産物は購入を控える
  • 第IV章. 2. 農産物(野菜と果実)の摂取量と調理実態および販売ルート実態 46
  • 第IV章. 2. ・販売ルートは、生産者から消費者への直接ルートが多くなっている
  • 第IV章. 3. 農産物の新しい方策を探訪 51
  • 第IV章. 3. ・日本は、有機肥料と無農薬栽培が広まる
  • 第IV章. 4. 農業変遷の検証と未来仮説、および実行プログラム 56
  • 第IV章. 4. ・日本は、林業・農業・漁業を基幹とする産業構造への転換が必要である
  • 第IV章. 参考資料 59
  • 第V章. 食品のマーケティング実態 61
  • 第V章. 1. 食品への消費者の嗜好:調査(113名/2008年7月) 61
  • 第V章. 1. ・消費者の食事は栄養バランス重視型、20代・30代は洋食、50代は和食が多い
  • 第V章. 2. 食品の機能と役割りは、栄養指向から健康指向に変わってきた 65
  • 第V章. 2. ・食品への期待は、食品療法・健康増進・植物由来の治療などの志向が強まっている
  • 第V章. 3. 売れる商品づくりの仮説と検証 67
  • 第V章. 3. ・人間の生命と身体に適合して健康になる商品づくりが主流になる
  • 第V章. 参考資料 73
  • 第VI章. 飲料のマーケティング実態 80
  • 第VI章. 1. 消費者が求める飲料:調査(118名/2008年8月) 80
  • 第VI章. 1. ・消費者は、体にいい飲料は牛乳・茶系飲料・ミネラルウォーターと認識している
  • 第VI章. 2. 水と命…飲料の歴史と価値、および市場動向と最近の商品開発実態 85
  • 第VI章. 2. ・1980年代より機能訴求飲料の販売が多くなった
  • 第VI章. 3. これらから期待される新しい飲料の創造と、その商品仮説 88
  • 第VI章. 3. ・今後は、健康の維持や増進に寄与する飲料が売れる
  • 第VII章. 管理プログラム 91
  • 第VII章. 1. 生産者、販売者、消費者の意識や価値観の相違 92
  • 第VII章. 1. ・生産地域の産物を同地域で消費者に販売する地産地消へ進んでいる
  • 第VII章. 2. 自然環境へ配慮した省資源化への取り組み状況 94
  • 第VII章. 2. ・自然環境条件に応じた適所適作に進む
  • 第VII章. 3. 原材料・包装資材・デザイン・ブランド政策・差別化戦略への取り組み 95
  • 第VII章. 3. ・安全安心を実現する環境への適合が進んでいる
  • 第VII章. 4. 農業ビジネスにおける社会的な価値基準へ適合した社内基準の仕組みづくり 97
  • 第VII章. 4. ・グローバルな視野からの安全安心安定な経営に向けたプログラムになる
  • 第VII章. 参考資料 98
  • 第VIII章. 成功するビジネスモデル 99
  • 第VIII章. 1. 広い視野と超長期視点からの未来志向の取り組み 99
  • 第VIII章. 1. ・企業活動は、グローバルな視野と超長期計画が不可欠である
  • 第VIII章. 2. 農業に付加価値を付けたビジネス成功モデル 102
  • 第VIII章. 2. ・農業を含めた産業整備が、新たな息吹を与える
  • 第VIII章. 3. 食品や飲料の新しい基準からの商品開発と事業活動の仮説 103
  • 第VIII章. 3. ・新しい価値観の商品開発と事業展開のマーケィング・チャンスにある
  • 第VIII章. 4. 協業と連携による連鎖のビジネスが大きな力を育む 108
  • 第VIII章. 4. ・企業活動は協業と連携から問題解決と成果が生まれる
  • 第VIII章. 5. これから成功する新たなビジネスへの旅立ち 110
  • 第VIII章. 5. ・食糧自給対策と新エネルギー開発を進め、自然と共生する仕組みにする
  • 第VIII章. 参考資料 114
  • むすび 116

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで