サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

JAERI-M : 公開 82-132~156

日本原子力研究所

詳細情報

タイトル JAERI-M : 公開
著者標目 日本原子力研究所
出版地(国名コード) JP
出版地東海村 (茨城県)
出版社日本原子力研究所
出版年 1982
大きさ、容量等 25冊 ; 30cm
JP番号 77050800
巻次 82-132~156
部分タイトル 82-132 日本における原子力発電プラントに関するデータリスト(1981年版)(泉文男,中村仁一) 82-133 Annual report of the Division of High Temperature Engineering(April 1,1981-March 31,1982)(日本原子力研究所東海研究所高温工学部) 82-134 キャプセル照射による高温ガス炉用燃料棒の伝熱物性の測定 1(菊池輝男[ほか]) 82-135 Production and benchmark tests of fast reactor group constant set JFS-3-J2(高野秀機,石黒幸雄) 82-136 酸化リチウム高照射試験 1 計画と安全評価(渡辺斉[ほか])
部分タイトル 82-137 反応度事故条件下の燃料挙動に及ぼす冷却材流動の影響 2(NSRRインパイル水ループ実験結果)(岩田耕司[ほか]) 82-138 Transient analysis of blowdown thrust force under PWR LOCA(矢野歳和[ほか]) 82-139 ヘリカルコイル形熱交換器の支持プレートと伝熱管の熱膨張差に起因する伝熱管応力の解析(谷田部広志,鈴木一彦) 82-140 JT-60中性粒子入射装置の磁気遮蔽-設計と試験結果(田中茂[ほか]) 82-141 反応度事故条件下における高発熱量照射時の燃料微粒子化の形態-微粒化燃料の粒度分布測定および粒子の観察(床井博見[ほか])
部分タイトル 82-142 高崎研2号加速器(3MeV,25mA電子加速器)の概要と電子線出力特性(須永博美[ほか]) 82-143 環境シミュレーション試験施設の概要(山本忠利[ほか]) 82-144 群分離法の開発:無機イオン交換体カラム法による90Sr及び137Csを含む廃液の処理法の開発(久保田益充[ほか]) 82-145 Progress report on safety research of high-level waste management for the period April,1981 to May,1982(田代晋吾編) 82-146 Li2O,Li2SiO3およびLiAIO2中におけるリチウムの動きとトリチウム(水素)挙動との関連(大野英雄[ほか])
部分タイトル 82-147 Thermal instability analysis in a D-T tokamak reactor with density dynamics(畑山明聖[ほか]) 82-148 制動X線検出型トリチウムモニタの開発 1 サンプリング容器形状と感度との関係、トリチウム濃度モニタリング範囲(備後一義[ほか]) 82-149 電位差法によるき裂伝播の自動計測化(中島伸也[ほか]) 82-150 ヘリウム雰囲気中材料試験技術(菊山紀彦[ほか]) 82-151 Evaluation of neutron cross sections for vanadium(田中茂也) 82-152 PyCの蒸着及び組織(小川清行,井川勝市)
部分タイトル 82-153 Verification of core-fuel inventory of a fast critical facility by monitoring reactor physics parameters(大部誠[ほか]) 82-154 Annual report of the Fusion Research and Development Center for the period of April 1,1981 to March 31,1982(日本原子力研究所東海研究所核融合研究開発推進センター) 82-155 ジルカロイー2被覆管の繰り返し応力による疲労破損に関する解析-ハルデン炉(HBWR)におけるPCMI照射実験成果(柳沢和章[ほか]) 82-156 Surface materialsconsiderations for fusion reactors(曽根和穂[ほか])
出版年月日等 1982.10-11
NDLC NG31
NDC 539
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで