サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

放射線影響研究所業績報告書 1976-0~10

放射線影響研究所 [編]

詳細情報

タイトル 放射線影響研究所業績報告書
著者 放射線影響研究所 [編]
著者標目 放射線影響研究所
出版地(国名コード) JP
出版地[広島]
出版社放射線影響研究所
出版年 1978
大きさ、容量等 11冊 ; 26cm
JP番号 77052344
巻次 1976-0~10
部分タイトル 0 放射線影響研究所発表論文目録 1976年 1 日本,HawaiiおよびCaliforniaに居住する日本人男子における冠状動脈性心臓疾患および脳卒中に関する疫学的調査 日本とHawaiiにおける冠状動脈性心臓疾患の危険因子(Thomas L.Robertson[ほか]) 2 日本,Hawaii,およびCaliforniaに居住する日本人男子における冠動脈性心臓疾患および脳卒中に関する疫学的調査 心筋梗塞症の発生率および冠動脈性心臓疾患による死亡率(Thomas L.Robertson[ほか]) 3 日本人における22種の蛋白質の遺伝的変異体とその頻度 1.Albumin,Ceruloplasmin,Haptoglobin,and Transferrin(Robert E.Ferrell[ほか])
部分タイトル 4 日本人における22種の蛋白質の遺伝的変異体とその頻度(上田尚紀[ほか]) 5 日本人における22種の蛋白質の遺伝的変異体とその頻度 3.Phosphoglucomutase-1,Phosphoglucomutase-2,6-Phosphogluconate Dehydrogenase,Adenylate Kinase,and Adenosine Deaminase(佐藤千代子[ほか]) 6 日本人における22種の蛋白質の遺伝的変異体とその頻度 4.Acid Phosphatase,NADP-Isocitrate Dehydrogenase,Peptidase A,Peptidase B,and Phosphohexose Isomerase(Robert J.Tanis[ほか])
部分タイトル 7 日本人における22種類の蛋白質の遺伝的変異体の頻度(James V.Neel[ほか]) 8 日本人における動脈血圧に関する縦断的研究 1958-72年(Donald S.Dock,福島和子) 9 日本人におけるPhosphoglucomutase-1の表現型について 1.いわゆる"遅い"変異型の比較研究(佐藤千代子[ほか]) 10 原爆被爆者における白血病の発生率,広島・長崎1950-71年-線量,被爆後経過年数,年齢および病型別(市丸道人[ほか])
出版年月日等 1977.4-1978.8
NDLC SC781
NDC 493.19
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで