サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

原爆傷害調査委員会業績報告書 1971-12~22

原爆傷害調査委員会 [編]

詳細情報

タイトル 原爆傷害調査委員会業績報告書
著者 原爆傷害調査委員会 [編]
著者標目 原爆傷害調査委員会
出版地(国名コード) JP
出版地[広島]
出版社原爆傷害調査委員会
出版年 1971
大きさ、容量等 11冊 ; 27cm
JP番号 77052333
巻次 1971-12~22
部分タイトル 12 日本,HawaiiおよびCaliforniaに居住する日本人男子における冠動脈性心臓疾患および脳卒中に関する疫学的調査 研究計画書(編集 Joseph L.Belsky,Abraham Kagan,S.Leonard Syme) 13 自己記入病歴質問票による疫病検出(Keewhan Choi,Joseph L.Belskey,若林俊郎) 14 肘関節部皮膚の孤立性黒色分芽菌症症例報告(Jack D.Kirshbaum) 15 原爆被爆者における唾液腺腫瘍,広島・長崎,1957-70年(Joseph L.Belsky[etc.]) 16 固定人口集団における胃癌の2種の主要組織型について,広島・長崎(山本務,加藤寛夫)
部分タイトル 17 調教授の1945年長崎調査群における死亡率の追跡調査,1945-66年(立川清) 18 放射線被曝および遮蔽に関するABCC資料と調教授の調査資料との比較(立川清) 19 胃癌予知法としての血清ペプシン定量と無胃管胃液酸度検査 10年の追跡調査,広島(John O.Pastore,加藤寛夫,Joseph L.Belsky) 20 Hemoglobin Hiroshimaとアルカリ性Bohr効果の機序(Max F.Perutz[etc.]) 21 骨髄性白血病患者における顆粒球性肉腫(緑色腫)に関する剖検調査,広島・長崎,1948-69年(Paul I.Liu[etc.]) 22 広島および長崎の原爆被爆者における毛細管間糸球体硬化症の研究(Paul H.Guttman,山本務,Bobert J.Connor)
出版年月日等 1971
NDLC SC781
NDC 491.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで