サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

原爆傷害調査委員会業績報告書 1968-17~27

原爆傷害調査委員会 [編]

詳細情報

タイトル 原爆傷害調査委員会業績報告書
著者 原爆傷害調査委員会 [編]
著者標目 原爆傷害調査委員会
出版地(国名コード) JP
出版地[広島]
出版社原爆傷害調査委員会
出版年 1968
大きさ、容量等 11冊 ; 27cm
JP番号 77052326
巻次 1968-17~27
部分タイトル 17 Down症候群におけるX線学的異常所見について(樋口武彦[等]) 18 遺伝性エナメル質減形成症,フェニルケトン尿症,手指奇形および精神障害を有する一家系の調査成績(錬石昇太郎) 19 原爆被爆者における肺癌,広島・長崎,1950-64年(G.Phillip Mansur[etc.]) 20 リウマチ様関節炎および痛風に関する計画調査,広島・長崎(加藤寛夫[等]) 21 上部胃腸管のフィルム撮影だけによる検査その評価(樋口武彦[等]) 22 小度数の分割表に対する検定の改良に関する数値的比較(杉浦成昭,大竹正徳) 23 予研-ABCC調査対象者標本における死亡予測(大竹正徳)
部分タイトル 24 原爆被爆生存者における癌発生(槙弘[等]) 25 剖検例における甲状腺癌の有病率 広島1957-68年,長崎1951-67年(Richard J.Sampson[etc.]) 26 原爆被爆者にみられた骨腫瘍,1950-65年広島・長崎(山本務,若林俊郎) 27 症例報告-1968年 外傷後の脊椎分離症 徐脈性結節性調律に伴う心拍出量低下に対する心臓ペースメーカー療法 非腫瘍性の甲状腺組織が頚部リンパ節内に認められた例 原爆被爆者にみられた妊娠と胃癌の一合併例
出版年月日等 1968
NDLC SC781
NDC 491.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで