サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

原爆傷害調査委員会業績報告書 1966-21~30

原爆傷害調査委員会 [編]

詳細情報

タイトル 原爆傷害調査委員会業績報告書
著者 原爆傷害調査委員会 [編]
著者標目 原爆傷害調査委員会
出版地(国名コード) JP
出版地[広島]
出版社原爆傷害調査委員会
出版年 1966
大きさ、容量等 10冊 ; 27cm
JP番号 77052322
巻次 1966-21~30
部分タイトル 21 7日間培養におけるヒト白血球の乳酸脱水素酵素活性と代謝(Arthur D.Bloom,和嶋毅,士岡正法) 22 広島・長崎原爆被爆生存者の蛋白尿(Lawrence R.Freedman[etc.]) 23 広島における脳血管疾患-6年間の調査報告,1958-64年(Kenneth G.Johnson,矢野勝彦,加藤寛夫) 24 広島における冠状動脈性心臓疾患-6年間の調査報告,1958-64年(Kenneth G.Johnson,矢野勝彦,加藤寛夫) 25 1947-59年にABCCが行なった血液学的研究の総括(Richard K.Blaisdell,天本吉郎)
部分タイトル 26 原爆被爆者における水晶体の変化原爆傷害調査委員会が行なった主要眼科学的調査の総括,1949-62年(Robert J.Miller,藤野貞,M.Dean Nefzger) 27 心弾動図と加齢との関係(Roland H.Ingram Jr.,Daniel Seigel) 28 日本における白血病の統計学的研究(朝長正允) 29 ABCCにおける医療用放射線量測定用の設備と方法(吉永春馬[等]) 30 症例報告-1966年 二酸化トリウム注入による血管造影術実施23年後に発生した胆管癌の1例 末期に骨髄の線維化を伴う急性骨髄性白血病像を呈した真性多血症の1例 成人に認められたPneumocystis carinii肺炎2症例の報告
出版年月日等 1966
NDLC SC781
NDC 491.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで