サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

原爆傷害調査委員会業績報告書 1964-22~31

原爆傷害調査委員会 [編]

詳細情報

タイトル 原爆傷害調査委員会業績報告書
著者 原爆傷害調査委員会 [編]
著者標目 原爆傷害調査委員会
出版地(国名コード) JP
出版地[広島]
出版社原爆傷害調査委員会
出版年 1964
大きさ、容量等 10冊 ; 27cm
JP番号 77052317
巻次 1964-22~31
部分タイトル 22 正常日本人のトルコ鞍の大きさと非病的頭蓋内石灰化の出現率-L線学的研究(服部文夫[等]) 23 胎内被爆児の眼科調査-長崎(河本定久,藤野貞,藤沢秀雄) 24 X線精嚢造影検査に使用された二酸化トリウム造影剤の滞留-経過観察調査と線量推定(Walter J.Russell[etc.]) 25 原爆被爆生存者における出生率 広島-長崎(Daniel G.Seigel) 26 原爆被爆生存者の観察人年数の推定 広島・長崎(Zdenek Hrubec) 27 広島の調査対象者における各種加齢検査間の相関「生理学的年齢」の定義確立の試み(James W.Hollingsworth,橋爪浅治,Seymour Jablon)
部分タイトル 28 赤色髄分布の測定法(Walter J.Russell[etc.]) 29 症例報告 1964年-放射線肝臓および脾臓のトリウム沈着による照射後の変化および線量決定(渡辺哲敏[等]) 食道粘膜の脱出または遊出(Walter J.Russell,木暮喬) 30 症例報告1964年-臨床 同胞4名における小児肥大性幽門狭窄症(Ronald E,Burmeister,Howard B.Hamilton) クロロキンによる網膜症および角膜症(Robert J.Miller,John P.Phair,笠原政幸) 日本人家系に見いだされたわが国最初のヘモグロビンE(柴田進,井内岩夫,Howard B.Hamilton) 31 症例報告 1964年-病理 腎ヒストプラスマ症(Drake W.Will[etc.]) 亜急性壊死性脳脊髄疾患(並木秀男)
出版年月日等 1964
NDLC SC781
NDC 491.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで