サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

原爆傷害調査委員会業績報告書 1963-0~10

原爆傷害調査委員会 [編]

詳細情報

タイトル 原爆傷害調査委員会業績報告書
著者 原爆傷害調査委員会 [編]
著者標目 原爆傷害調査委員会
出版地(国名コード) JP
出版地[広島]
出版社原爆傷害調査委員会
出版年 1963
大きさ、容量等 11冊 ; 27cm
JP番号 77052312
巻次 1963-0~10
部分タイトル 0 ABCC発表論文目録(1963) 1 予研-ABCC寿命調査 第2報 第1次第2次抽出サンプルにおける死亡率の研究 1950年10月-1959年9月(Seymour,Jablon[ほか]) 2 罹病と原爆被爆-三菱長崎造船所従業員の欠勤率に関する研究(小松省三ほか) 3 白血球の減少 1947-59年広島-長崎(市丸道人[ほか]) 4 糖尿病患者におけるノルエピネフリン誘発性遊離脂肪酸増加に対する血中ケトン体反応(William G.Blackard,大森義昭) 5 ABCC-予研成人健康調査 広島血清リゾチーム値の測定 1961年4月-6月(Stuart C.Finch[ほか])
部分タイトル 6 某病院外来で観察した日本人糖尿病患者の臨床的特徴について(和田直ほか) 7 遺伝学的にみた人間の無カタウーゼ症の異質性(Howard B.Hamilton,James V.Neel) 8 予研-ABCCが共同で実施する原爆被爆者子孫の寿命調査 第1報 関連する変数の死亡率比較におよぼす影響(加藤寛夫,上田尚一) 9 ABCC-予研成人健康調査 広島,長崎1962年7月-11月 診断用X線照射対象者の調査(Walter J.Russell[ほか]) 10 骨髄様化生を伴なう骨髄線維症広島(Robert E.Anderson[ほか])
出版年月日等 1963
NDLC SC781
NDC 491.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで