サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

原爆傷害調査委員会業績報告書 1961-11~22

原爆傷害調査委員会 [編]

詳細情報

タイトル 原爆傷害調査委員会業績報告書
著者 原爆傷害調査委員会 [編]
著者標目 原爆傷害調査委員会
出版地(国名コード) JP
出版地[広島]
出版社原爆傷害調査委員会
出版年 1961
大きさ、容量等 12冊 ; 27cm
JP番号 77052308
巻次 1961-11~22
部分タイトル 11 広島における成人健康調査予報(1958-59年)(James W.Hollingsworth,Paul S.Anderson) 12 ABCCにおける眼科学的研究企画簡単な業績回顧と暫定調査計画(Stuart C.Finch,Seymour Jablon) 13 広島の成人健康調査における受診状態の解析 1958年7月-1960年12月(Paul S.Anderson) 14 体外培養における無カタラーゼ細胞の特質(Robert S.Krooth[ほか]) 15 三菱長崎造船所従業員の原爆被爆状態と結核とに関する研究(小松貞三,大西繁幸) 16 広島における真性糖尿病の集団臨床調査(Paul A.Rudnick,Paul S.Anderson)
部分タイトル 17 広島および長崎における胎内被爆の影響を究明する臨床研究の背景と現況(Gerard N.Burrow[ほか]) 18 広島管理局管内国鉄職員の罹病調査 1.罹病率調査 2.欠勤率調査(加藤寛夫,吉富正一) 19 成人白血病および悪性リンパ腫における巨大細胞性封入体症-感染を合併した2症例の報告(Robert M.Nakamura[ほか]) 20 広島原爆直後の死亡率の検討(石田保広,松林[イク]三) 21 胎内で被爆した長崎の思春期児童における血清ブタノール可抽出性沃度値(Gerard N.Burrow,Howard B.Hamilton,Evelyn B.Man) 22 多変数解析とIBM704計算機広島の被爆生存児の成長に関するABCCの資料への応用(John V.Nehemias)
出版年月日等 1961
NDLC SC781
NDC 491.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで