サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

原爆傷害調査委員会業績報告書 1959-31~41

原爆傷害調査委員会 [編]

詳細情報

タイトル 原爆傷害調査委員会業績報告書
著者 原爆傷害調査委員会 [編]
著者標目 原爆傷害調査委員会
出版地(国名コード) JP
出版地[広島]
出版社原爆傷害調査委員会
出版年 1959
大きさ、容量等 10冊 ; 27cm
注記 欠号: 1959-33
JP番号 77052303
巻次 1959-31~41
部分タイトル 31 長崎における胎内被爆児の研究 骨格系のレントゲン撮影による調査(Wataru W.Sutow,Emory West) 降下物から有意の放射線量を偶然に受けた人々における反応(Eugene P.Cronkiteほか) 32 原爆被爆後の最初の10年間に広島の若年層被爆者に認められた遅発性影響(Robert W.Miller) 34 原爆被爆生存婦人の性機能,1949-57年広島(沢田尚雄) 35 単一放射線照射の日本人心臓組織内リポフスチン(老化色素)蓄積に及ぼす影響(Bernard L.Strehler[etc]) 36 ヒトにおける連鎖,Pelger核異常,味覚および血液型(N.E.Morton,W.C.Moloney,藤井崇) 白血球の家族性Pelger-Huёt異常(山岨好道,藤井崇,土取カツミ)
部分タイトル 37 楕円赤血球症と血液型との連関についての資料(藤井崇,W.C.Moloney,N.E.Morton) 日本人における血液検査値に関する観察(F.M.Snell) 38 広島市の原爆被爆者における白血病(Niel Wald) Myleranによる真性多血球血症の治療(Niel Wald,星野孝,Mary E.Sears) 39 新生児黄疸と核黄疸(B.Black,Sch-affer[etc]) 40 日本人新生児における核黄疸 1.25症例から得た臨床的ならびに血清学的データ(Wataru W.Sutow,William C.Moloney,Clara Margoles) 41 原子爆弾による医学的後遺症(George V.Leroy) 原子爆弾被爆者の血液所見(George V.Leroy)
出版年月日等 1959
NDLC SC781
NDC 491.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで