サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

原爆傷害調査委員会業績報告書 1959-21~30

原爆傷害調査委員会 [編]

詳細情報

タイトル 原爆傷害調査委員会業績報告書
著者 原爆傷害調査委員会 [編]
著者標目 原爆傷害調査委員会
出版地(国名コード) JP
出版地[広島]
出版社原爆傷害調査委員会
出版年 1959
大きさ、容量等 10冊 ; 27cm
JP番号 77052302
巻次 1959-21~30
部分タイトル 21 広島および長崎の原爆被爆者の子供における被爆の影響(予報)(J.V.Neelほか) 原爆によって起り得ると思われる遺伝的影響に関する研究(James V.Neel,William J.Schull) 放射能と人間における性比(William J.Schull,James V.Neel) 22 原爆被爆生存者に残存する瘢痕4年間の経過観察(Werner Wells,Neal Tsukifuji) 広島,長崎の原爆放射線による水晶体混濁の状態 1951-1953年に亘る調査(Robert M.Sinsker) 23 広島における原爆被爆生存者の血液学的研究(山岨好道) 長崎における原子爆弾被爆生存者に発生した抗療性貧血(Robert D.Langeほか)
部分タイトル 24 長崎における原爆被爆女性の妊娠結果(James N.Yamazaki[ほか]) 原爆被爆と血族関係のある両親における妊娠-人間における電離放射線の遺伝的影響に関して将来へ向って行なう研究(William J.Schull,James V.Neel) 25 原爆被爆生存者における白血病-一般的観察(Robert D.Lange[ほか]) 原爆被爆生存者における白血病(William C.Moloney) 原爆被爆者における白血病初期の顆粒球に関する細胞学および生化学的研究(William C.Moloney,Robert D.Lange) 広島市の原爆被爆生存者における電離放射線の白血病発生効果(William C.Moloney,Marvin A.Kastenbaum)
部分タイトル 26 広島および長崎の原子爆弾被爆地域における残留放射能の強さの測定(N.Pace,R.E.Smith) 核兵器放射線の透過性:広島-長崎調査への応用(R.H.Ritchie,G.S.Hurst) 27 原爆2年後の広島および対照都市における血液学的研究(Fred M.Snell[ほか]) 広島・長崎両市の原爆被爆生存者における血液学的所見:10年間の観察(Niel Waldほか) 28 1949年に日本において行なわれた原爆被爆生存者の眼科的調査(David G.Coganほか) 原爆放射線性白内障症例報告とその組織病理学的検索(Samuel J.Kimura,生井浩) 放射線性白内障を有する広島被爆者の診察(Paul G.Fillmore)
部分タイトル 29 原爆傷害:特に放射線について(Charles L.Dunhamほか) 広島および長崎における原子爆弾の遺伝学的影響(米国学術会議[ほか]) 広島市における胎内被爆児童に発現した異常(George Plummer) 30 広島,長崎両市の原爆生存者における白血病の発生率(Jarrett H.Folley[ほか]) 原爆被爆者における白血病初期白血病症状の観察(William C.Moloney,Robert D.Lange)
出版年月日等 1959
NDLC SC781
NDC 491.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで