サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

アミノサン協会技術部会報 no.125~143

アミノサン協会 [編]

詳細情報

タイトル アミノサン協会技術部会報
著者 アミノサン協会 [編]
著者標目 アミノサン協会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社アミノサン協会
出版年 1975
大きさ、容量等 11冊 ; 25cm
注記 欠: no.131, 132, 134, 137, 138, 140~142
JP番号 77052262
巻次 no.125~143
部分タイトル 125 ペプチドの味とその利用(渡辺泰男,片岡二郎) 126 アメリカに於ける微生物利用技術について(山口和夫) 127 最近のアミノ酸液について(斎藤善太郎) 128 蛋白質利用研究の現状(渡辺篤二) 129 食糧資源タンパク質の酵素修飾について(藤巻正生) 130 漬物のミクロフローラについて(小崎道雄) 133 大豆発酵食品の窒素化合物(平宏和) 135 鶏卵等の遊離のアミノ酸について(矢野信礼) 136 欧米における微生物たんぱくの現況について(山口和夫) 139 アミノカルボニル反応による香気成分の生成(加藤博通) 143 藻類蛋白質とSCP(中山大樹)
出版年月日等 1971-1975
NDLC PC25
NDC 588.7
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで