サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

JAERI-M 5410~5426

日本原子力研究所 [編]

詳細情報

タイトル JAERI-M
著者 日本原子力研究所 [編]
著者標目 日本原子力研究所
出版地(国名コード) JP
出版地東海村 (茨城県那珂郡)
出版社日本原子力研究所
出版年 1973
大きさ、容量等 10冊 ; 30cm
注記 書名: 一部『JAERI-memo』とあり 欠号: 5411, 5412, 5417, 5419, 5420, 5424, 5425
JP番号 77052075
巻次 5410~5426
部分タイトル 5410. JMTRC実験による燃料試料発熱量(QCF)推定技術の分析(#3~#14サイクル) 付QCF,Qcal,QGen比較一覧表(材料試験炉部計画課)
部分タイトル 5413. 製造技術開発研究の進歩 no.5(昭和46年度)(アイソトープ事業部製造部)
部分タイトル 5414. 5414 Training of Operators and Maintenance Personnel in the Division of Research Reactor Operation,Japan Atomic Energy Research Institute(Minoru Takada[etc.]) 史)
部分タイトル 5415. Operation and Maintenance Experiences with Research Reactors,Japan Atomic Energy Research Institute(Minoru Takada[etc.])
部分タイトル 5416. Improvements of Reactor Neutron Flux Utilization(Minoru Takada[etc.])
部分タイトル 5418. Neutron Scattering from [207]Pb(Yoshiaki Tomita,Shigeya Tanaka,Michio Maruyama)
部分タイトル 5421. 低温化学照射装置(LTFL)の運転報告 4 昭和47年度運転(佐藤章一[等])
部分タイトル 5422. テトラフルオルエチレンープロピレン・エラストマーの化学レオロジー(岡本次郎[等])
部分タイトル 5423. 燃料設計のためのジルカロイ腐食図表(藤田操[等])
部分タイトル 5426. 5426 吸光光度法によるトリウムークロロホスホナゾ3錯体の組成決定(山本忠史)
出版年月日等 1973.10
NDLC NG31
NDC 539
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで