サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

電力中央研究所報告 : [電力技術研究所]研究報告 177016~177030

電力中央研究所電力技術研究所 編

詳細情報

タイトル 電力中央研究所報告 : [電力技術研究所]研究報告
著者 電力中央研究所電力技術研究所 編
著者標目 電力中央研究所電力技術研究所
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社電力中央研究所
出版年 1978
大きさ、容量等 14冊 ; 26cm
注記 副書名が『調査報告』のものもあり
注記 欠: 177025
JP番号 77051686
巻次 177016~177030
部分タイトル 177016 送電損失を考慮した有効電力推定法 177017 高電圧進行波伝搬特性の数値解析 177018 SF6ガス放電における電極表面粗さの定量的評価-第二の極限電界の提案 177019 標準球ギャップにおける大地,支持棒の電界におよぼす影響-一般三次元場の電界計算 177020 ミニコンピュータを用いた新しい放電々荷計測・解析システムの開発 177021 架橋ポリエチレン電力ケーブルの絶縁特性に与える含有水分の影響 177022 パイプ形エレメントによる高速大容量限流ヒューズの開発 その2 最小溶断電流通電時における温度特性 177023 配電系統監視・制御に関する諸外国の動向 177024 配電用絶縁雷線の雷インパルス絶縁特性 その4 絶縁破壊試験法による破壊電圧の差異について
部分タイトル 177026 高圧配電線断線検出継電装置の開発-パルス伝送方式とコンデンサ投入方式 177027 IREQの設備によるUHVがいし連の汚損開閉インパルス試験結果 177028 直流±500kV OFケーブルの絶縁性能 2 長尺試験線による長期課電通電実験結果に対する考察 177029 人工汚損がいしの直流耐電圧に及ぼす電源容量の影響-武山500kVプロトタイプ変圧器を用いた場合の耐電圧特性 177030 球一球ならびに球一平面ギャップのフラッシオーバ電圧の算定法-正負極性インパルス臨界フラッシオーバ電圧
出版年月日等 1977.10-1978.1
NDLC ND131
NDC 540.76
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで