サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

電力中央研究所報告 : [電力技術研究所]研究報告 177001~177015

電力中央研究所電力技術研究所 編

詳細情報

タイトル 電力中央研究所報告 : [電力技術研究所]研究報告
著者 電力中央研究所電力技術研究所 編
著者標目 電力中央研究所電力技術研究所
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社電力中央研究所
出版年 1977
大きさ、容量等 15冊 ; 26cm
注記 副書名が『調査報告』のものもあり
JP番号 77051685
巻次 177001~177015
部分タイトル 177001 交直連系々統の電圧安定性-静的電圧安定度と向上対策 177002 UHV直流双極2回線送電線の雷事故率の予測-導体直撃事故率の新らしい予測手法の開発とその適用 177003 短時間領域のフラッシオーバ電圧-時間特性とインパルス発生器容量および気象条件の影響 177004 500kV送電線路の気中コロナ放電によって発生するオゾン濃度の推定 177005 長がいし連ならびにがいし装置のインパルスフラッシオーバ電圧の決定法に関する検討 177006 電極効果を考慮した直流高気圧ガス絶縁特性の解析 その2 電極表面粗さと暗電流および破壊電圧特性 177007 統計確率的手法による絶縁設計 その3 気中大ギャップの正極性開閉サージ耐電圧に対する一検討 177008 超高圧外輪系統の直流分割による短絡容量の軽減効果と過渡安定度への影響
部分タイトル 177009 架空送電線のロケータパルス伝送特性-多分岐送電線の故障点標定可能限界と結合方式 177010 直流250kV CVケーブルの絶縁性能 177011 絶縁電線配電線における雷サージ閃絡頻度の低減 177012 架橋ポリエチレン電力ケーブルにおけるボウタイ状水トリーの問題点 177013 能登一の宮課電暴露実験場における冬期季節風によるがいしの汚損せん絡特性-冬期連続課電暴露試験結果 177014 直流多端子系統の集中制御方式に関する研究 第4報 潮流反転論理の開発と実証 177015 IREQにおける長連汚損がいしの交流霧中耐電圧試験 その2 高強度がいしの耐電圧特性
出版年月日等 1977.6-9
NDLC ND131
NDC 540.76
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで