サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

航空宇宙技術研究所報告 : TR 216~230

航空宇宙技術研究所 [編]

詳細情報

タイトル 航空宇宙技術研究所報告 : TR
著者 航空宇宙技術研究所 [編]
著者標目 科学技術庁航空宇宙技術研究所
出版地(国名コード) JP
出版地調布
出版社航空宇宙技術研究所
出版年 1971
大きさ、容量等 15冊 ; 26cm
JP番号 77051531
巻次 216~230
部分タイトル TR-216 横風中の3次元乱流ジェットの湾曲と発達(遠藤浩,中村正義) TR-217 人工粘性付Lax-Wendroffおよびその変形差分法に関する数値実験(安喜隆幸) TR-218 軸流回転機の翼の振動について 2 翼根部による振動減衰(宮地敏雄[等]) TR-219 二次元非圧縮性乱流境界層の近似について(尾形吉和) TR-220T Application of Dorodnitsyn's Technique to Compressible Two-Dimensional Airfoil Theories at Transonic Speeds(Junzo Sato) TR-221 先端の鈍いフレヤつき物体の空力特性(谷喬[等])
部分タイトル TR-222 東北地方大平洋沿岸航空路上における乱気流観測(竹内和之[等]) TR-223 球の仮想質量の円筒境界干渉(河野長正) TR-224 吹出しをともなう鈍頭物体の衝撃波離脱距離(吉永崇) TR-225 NAL-35DT型ロケットの構造試験(ロケット構造研究グループ) TR-226 薄い片持後退翼角の遷音速フラッタ特性におよぼす集中質量の位置の影響について(中井暎一,森田甫之,高木俊朗) TR-227 高負荷燃焼器の空気孔からの流れについて 2 二孔の実験および簡単な解析方法(相波哲朗,井上真幸) TR-228 自由飛行模型FFM-10の運動特性と飛しょう試験におけるデータ処理法(高島一明) TR-229 単発STOL実験機(FA-200XS)について(飛行実験部) TR-230 アナログトルク平衡方式による浮動振子型加速度計の研究(大月正男,鈴木孝雄,円居繁治)
出版年月日等 1970.9-1971.1
NDLC NC111
NDC 538
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで