サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

CRL-Report 53~60

[東京大学宇宙線研究所 編]

詳細情報

タイトル CRL-Report
著者 [東京大学宇宙線研究所 編]
著者標目 東京大学宇宙線研究所
出版地(国名コード) JP
出版地Tanashi
出版社Cosmic Ray Laboratory, University of Tokyo
出版年 1978
大きさ、容量等 8冊 ; 26cm
注記 以後『ICR-Report』と改題
JP番号 77051364
巻次 53~60
部分タイトル 53. On multi-hadron Production in the wide energy range from accelerator(10 10~10 12 eV)to cosmic ray(10 13~10 18eV)-Study of average feature(Toru Shibata)
部分タイトル 54. On the f'-Spectrum of High Energy Gamma Ray Families(M.Akashi[ほか])
部分タイトル 55. Calculations of the Three Kinds of Energy Weighted Lateral Distribution for High Energy Hadrons or γ rays in Air Showers(H.Munakata[ほか])
部分タイトル 56. Investigation of Multiparticle Production above 10 14 eV through an Analysis of Gamma-Ray Families by the Monte-Carlo Method(S.Torii)
部分タイトル 57. Quark Shell Model of Baryonium and Dibaryon(H.Nakamura[ほか])
部分タイトル 58. A Generalization of the Diffusion Equation for Cosmic-Rays in the Atmosphere 1 A Treatment of the Scaling Breakdown Together with the Rising Cross-Section(Yoshiyuki Takahashi)
部分タイトル 59. Future Colliding Baem Experiments expected from A Cosmic Ray Physicist(Y.Muraki)
部分タイトル 60. Production of 59 Ni from Alpha Bombardment of Iron(Shohei Yanagita[ほか])
出版年月日等 1977.11-1978.1
NDLC MC271
NDC 429.7
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで