サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

INS-Report 266~275

[東京大学原子核研究所] [編]

詳細情報

タイトル INS-Report
著者 [東京大学原子核研究所] [編]
著者標目 東京大学原子核研究所
出版地(国名コード) JP
出版地Tanashi
出版社Institute for Nuclear Study University of Tokyo
出版年 1976
大きさ、容量等 10冊 ; 21×30cm
JP番号 77051331
巻次 266~275
部分タイトル 266 Overlap Fuctions in the Multiperipheral Model(Hisakazu Minakata) 267 Coupled channel analysis of elastic and inelastic scattering of 12C on 12C by folding model(O.Tanimura) 268 A New Method for Microscopic Description of the So-Called"Many-Phonon"States in Spherical Even-Even Nuclei 1(Saburo Iwasaki[ほか])
部分タイトル 269 Deeply-bound hole states and isobaric analog states observed by neutron pickup reactions on even tin isotopes(M.Sekiguchi[ほか]) 270 Are Violations of Feynman and Bjorken Scaling Mutualy Connected?(Hisakazu Minakata) 271 (p,d)Reactions at 52 MeV.3.28Si(p,d)and 18O(p,d)(Hijime Ohnuma[ほか]) 272 Two nucleon pick-up reactions on 10B induced by 52-MeV protons(H.Yokomizo[ほか])
部分タイトル 273 Analysis of energy-dependent isospin violation in inelastic scattering of deuterons from 14N and 10B(Toshiaki Izumoto) 274 Unified Model of the Nambu-Jona-Lasinio Type for All Elementary-Particle Forces(H.Terazawa[ほか]) 275 A Microscopic Theory of Large Amplitude Nuclear Collective Motion(Toshio Marumori)
出版年月日等 1976.7-9
NDLC MC261
NDC 429.5
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで