サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

Technical report : IPPJ-T 1~12

[名古屋大学プラズマ研究所] [編]

詳細情報

タイトル Technical report : IPPJ-T
著者 [名古屋大学プラズマ研究所] [編]
著者標目 名古屋大学プラズマ研究所
出版地(国名コード) JP
出版地Nagoya
出版社Institute of Plasma Physics Nagoya University
出版年 1972
大きさ、容量等 12冊 ; 30cm
JP番号 77051275
巻次 1~12
部分タイトル 1 Engineering Developments in the QP Experiments(Kiyokata Matsuura[ほか]) 2 Feedback Control of the PIG Discharge of the QP Machine(Kiyokata Matsuura[ほか]) 3 Diffusion of Multipole Magnetic Fields through a Conductive Wall of a Plasma Container(Sunao Kawasaki) 4 Use of Comformal Mapping to Improve Uniformity of Electric Field(Sunao Kawasaki)
部分タイトル 5 Quadrupole Mass Filter and its Application to the Study of Plasma(Yukio Okamoto[ほか]) 6 Construction of l=2 Torsatron without Use of Toroidial Coils(SPAC-1)(S.Fujiwara[ほか]) 7 Construction of a Data Acquisition System(Atsushi Ogata[ほか]) 8 Some Engineering Aspect of JIPP Stellarator(Kenro Miyamoto[ほか])
部分タイトル 9 Multi-Channel Delay System for CRT Display of Fast Simultaneous Signals(Atsushi Ogata,Gen'ichi Horikoshi) 10 Graphical Display of Data on Magnetic Tape Computed by HITAC 8500 Computer,Using FACOM 230-35 Computer and FACOM 6232A Graphic Display(H.Toyama[ほか]) 11 Status Report on ERA Research in Japan(Akira Miyahara[ほか]) 12 On-line correlation measurement in a plasma(Atushi Ogata,Kiyokata Matsuura)
出版年月日等 1969.10-1972.12
NDLC MC241
NDC 427.5
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで