サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

名古屋大学プラズマ研究所資料・技術報告 : IPPJ-DT 21~40

名古屋大学プラズマ研究所 [編]

詳細情報

タイトル 名古屋大学プラズマ研究所資料・技術報告 : IPPJ-DT
著者 名古屋大学プラズマ研究所 [編]
著者標目 名古屋大学プラズマ研究所
出版地(国名コード) JP
出版地[名古屋]
出版社名古屋大学プラズマ研究所
出版年 1973
大きさ、容量等 18冊 ; 30cm
注記 欠: 25, 38
JP番号 77051237
巻次 21~40
部分タイトル 21 相関の測定法(小方厚) 22 静電型エネルギー分析器および飛行時間型質量分析器による高電離定常プラズマの測定(石丸筆) 23 テータ・ピンチにおけるプラズマの径方向の運動-電子計算機によるシュミレーション・プログラム(川上一郎) 24 衝撃大電流の発生・制御に関する技術研究会報告 2 26 高感度レーザー干渉計によるプラズマの計測(安田明生,武田進) 27 ヘリウム・スペクトル線図表(弘田公) 28 Schulz型電離真空計の試作とその特性(大槻祐夫,赤石憲也) 29 プラズマおよび制御熱核融合に関する技術研究会報告 3 30 レーザ トリガ スパークギャップ(LTSG)とポッケルセルによるレーザパルスの整形について(吉田国雄[ほか])
部分タイトル 31 工作技術に関する研究 1972(技術サービス委員会編) 32 データ ショリ ノ タメノ ミニ コンピュータ ノ プログラム(オガタ アツシ[ほか]) 33 ミニ コンピュータ HITAC10 オ オンライン デ ツカウ タメノ マニュアル(オガタ アツシ) 34 γ-Θプローブ駆動機構(藤若節也) 35 QP装置におけるプローブ測定系(黒田勉[ほか]) 36 プラズマおよび制御熱核融合に関する技術研究会報告 4 37 Space-Plasma Problems Lectures by Dr.H.L.Jordan from April 21 to 23 and May 26 to 28,1971(Notes by Altaf Hussain) 39 ヘリカリコイル(l=2+1=3)の製作(藤若節也[ほか]) 40 プラズマ研究所の電子計算機(HITAC-8500)による図形処理のためのプログラムシステム(渡辺令子,津川和子)
出版年月日等 1970.11-1973.11
NDLC MC241
NDC 427.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで