サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本エネルギー経済研究所研究報告 no.21~36

日本エネルギー経済研究所 [編]

詳細情報

タイトル 日本エネルギー経済研究所研究報告
著者 日本エネルギー経済研究所 [編]
著者標目 日本エネルギー経済研究所
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本エネルギー経済研究所
出版年 1977
大きさ、容量等 14冊 ; 25cm
注記 欠: no.30, 31
JP番号 77050910
巻次 no.21~36
部分タイトル no.21 製鉄工程への核エネルギーの利用-原子力製鉄の経済評価 no.22 省エネルギー化と産業構造の変化-IO-LPモデルによる分析 no.23 石油安定供給論-安定供給の概念と備蓄を中心として 上編・下編 no.24 低硫黄燃料供給と石油精製構造 no.25 今後の地域間エネルギー・フローとその変動要因 no.26 欧米主要国のエネルギー政策はどこへ向っているか no.27 高価格時代における日本のエネルギー需給 no.28 原油価格水準と世界経済モデルの構想-国際経済の均衡回復と経済成長 no.29 原子力発電はどこまで寄与しうるか no.32 わが国のエネルギー消費構造と「石油危機」 その1-省エネルギー効果の分析 no.33石油製品価格の国際比較-日・米・英・仏・独・伊の比較からみた日本の特色 no.34 国際石油産業の現状-石油危機との関連で no.35 ウラン資源確保問題の視点 no.36 変貌するわが国のエネルギー消費構造-省エネルギー型産業構造へ
出版年月日等 1972.3-1977.5
NDLC DL65
NDC 509.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで