サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本エネルギー経済研究所研究報告 no.1~20

日本エネルギー経済研究所 [編]

詳細情報

タイトル 日本エネルギー経済研究所研究報告
著者 日本エネルギー経済研究所 [編]
著者標目 日本エネルギー経済研究所
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本エネルギー経済研究所
出版年 1972
大きさ、容量等 21冊 ; 25cm
JP番号 77050909
巻次 no.1~20
部分タイトル no.1. 日本における輸入原油価格の動向-1956年から1965年を中心に
部分タイトル no.2. 日本における製油所立地の動向エネルギー産業の流通、立地問題の研究 1 付:表・図集共2冊
部分タイトル no.3. 西欧における石油製品貿易と製油所分布
部分タイトル no.4. 日本における原子力発電の経済性と核燃料サイクルの諸量-1990年にいたる試算
部分タイトル no.5. エネルギー間競合モデル
部分タイトル no.6. 超長期核燃料サイクルの計算モデルー計算モデルの概念と計算結果の検討
部分タイトル no.7. アーデルマンの石油経済論-いわゆる1ドル原油価格の構想
部分タイトル no.8. 石油採掘権に関する契約の変遷-アラムコ協定を中心として
部分タイトル no.9. 戦後わが国石油市場における石油製品価格の変動と市場秩序の変貌
部分タイトル no.10. 石炭市場の変化と炭田-石炭産業合理化分析 1
部分タイトル no.11. 総エネルギー需要長期予測とその問題点
部分タイトル no.12. エネルギー間競合モデル 2
部分タイトル no.13. 石油の税制と価格
部分タイトル no.14. 戦後わが国石油産業における設備投資と企業収益
部分タイトル no.15. 原子力発電の開発規模とその経済評価
部分タイトル no.16. 世界石油産業における競争的生産構造と企業行動-石油開発コストの推計を中心として
部分タイトル no.17. エネルギー価格の国民経済に及ぼす影響の調査研究
部分タイトル no.17-付録. 札幌における家庭エネルギー消費実態調査 付・調査に示されたエネルギー選択に対する意見
部分タイトル no.18. 技術変化の測定-エネルギー投入函数の研究
部分タイトル no.19. 原油の新公示価格決定のシステムとその歴史的背景
部分タイトル no.20. 産油国国営石油会社論-その機能についての理論的分析とパーティシペイション後の企業動向についての検討
出版年月日等 1967.6-1972.3
NDLC DL65
NDC 509.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで