サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

JAERI-M : 公開 84-120~133

日本原子力研究所

詳細情報

タイトル JAERI-M : 公開
著者標目 日本原子力研究所
出版地(国名コード) JP
出版地東海村 (茨城県)
出版社日本原子力研究所
出版年 1984
大きさ、容量等 14冊 ; 30cm
JP番号 77050819
巻次 84-120~133
部分タイトル 84-120. 非干渉制御法を用いたJT-60プラズマの平衡配位制御(臨界プラズマ試験装置設計報告 136)(芳野隆治[ほか])
部分タイトル 84-121. 液体四塩化炭素についての飛行時間法中性子回折(坂本正誠)
部分タイトル 84-122. き裂伝播基準による疲労寿命簡易評価法の研究(柴田勝之)
部分タイトル 84-123. 群分離法の有効性評価 II 高レベル廃棄物の地層処分における環境影響-共同研究成果報告(中野国孝[ほか])
部分タイトル 84-124. 14mm径球形NE213スペクトロメータの製作と応用(大山幸夫[ほか])
部分タイトル 84-125. 地中シミュレーション装置の製作(山本忠利[ほか])
部分タイトル 84-126. MORSE-DD,a Monte Carlo code using multi-group double differential form cross sections(Masayuki Nakagawa and Takamasa Mori)
部分タイトル 84-127. 最小2乗法に基づくARモデル・フィッティング・アルゴリズムの評価(林光二)
部分タイトル 84-128. 黒鉛ブロック接触面における漏れ流れ特性(蕪木英雄[ほか])
部分タイトル 84-129. JAERI tandem-annual report 1983(April 1,1983-March 31,1984)(Department of Physics)
部分タイトル 84-130. Bowing test of HTGR graphite sleeve-out of pile heat-up experiment and bending test(Motokuni Eto and others)
部分タイトル 84-131. Report on reflood experiment of grid spacer effect(Jun Sugimoto and Yoshio Murao)
部分タイトル 84-132. A through calculation of 1,100 MWe PWR large break LOCA by THYDE-P1 EM model(Masayuki Kanazawa and others)
部分タイトル 84-133. Progress report on safety research of high-level waste management for the period April 1983 to March 1984(Eds.Haruto Nakamura and Shingo Tashiro)
出版年月日等 1984.6-7
NDLC NG31
NDC 539
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで