サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

航空宇宙技術研究所報告 : TR 598T~618

科学技術庁航空宇宙技術研究所

詳細情報

タイトル 航空宇宙技術研究所報告 : TR
著者標目 科学技術庁航空宇宙技術研究所
出版地(国名コード) JP
出版地調布
出版社航空宇宙技術研究所
出版年 1980
大きさ、容量等 22冊 ; 26cm
JP番号 77050742
巻次 598T~618
部分タイトル TR-598T A visual observation of cavitating inducer instability(Kenjiro Kamijo[ほか]) TR-599 回転翼の安定に及ぼす大気乱流の影響 1 フラッピングとフラッピング一捩れの連成振動(藤森義典) TR-600 バイアスエラーを考慮した3次元ベクトル量計測における最適観測軸配置について(木村武雄) TR-601 振動の監視による転がり軸受の故障の早期発見に関する研究(第1報40番モータ油潤滑玉軸受)(西尾健二[ほか]) TR-602 任意翼型の一部を変更した衝撃波を伴わない翼型を求める解法(中村正義) TR-602T A method for obtaining shockless transonic flows past airfoils,partially modified from a given arbitrary airfoil(Masayoshi Nakamura)
部分タイトル TR-603 傾斜型熱線流速計による軸流圧縮機内部の3次元計測(熊谷隆王[ほか]) TR-604 波板の圧縮座屈特性の解析(三本木茂夫) TR-605T A formulation of the three-dimensional potential flow field around a lifting wing by use of the surface velocity components(Masao Ebihara) TR-606 二次元風胴構成要素の研究 4 消音装置の設計と性能試験(榊原盛三[ほか]) TR607T Nonautonomous differential equations in Banach spaces(Tadayasu Takahashi) TR-608 統合航空計器の研究試作(岡部正典[ほか]) TR-609 レーザホログラフィ干渉計によるルートビーク管内の気流の可視化(高島一明[ほか])
部分タイトル TR-610 高・低亜音速流における乱流境界層の構造の研究(穂積弘一[ほか]) TR-611T A statistical consideration of miner s rule(Toshiyuki Shimokawa & Sakae Tanaka) TR-612 貯気槽-有孔板法によるルートビーク管の持続時間の延長-理論解析と数値実験(青木竹夫,高島一明) TR-613 人間パイロットモデルを利用した手動制御系の一評価法(田中敬司) TR-614 前方向散乱光強度パターンの測定による噴霧粒径分布の決定(林茂[ほか]) TR-615 狭帯域不規測信号用3値相関型中心周波数測定系の解析(松田幸雄,小林彬) TR-616 モアレ法による航空機用耐熱構造材料の高温強度特性の測定(青木由雄,多田保夫) TR-617T Numerical study of Transonic flutter of a two-dimensional airfoil(Koji Isogai) TR-618 ファン中空翼の強度に関する実験的研究(祖父江靖[ほか])
出版年月日等 1980.2-8
NDLC NC111
NDC 538
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで